目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

Old Testament「Book of Job」
旧約聖書:ヨブ記

第11章(CHAPTER 11)

  1. 是(こゝ)においてナアマ人(びと)ゾパル答へて言(いひ)けるは
  2. 言語(ことば)多からば豈(あに)答へざるを得んや口おほき人あに義(たゞし)とせられんや
  3. 汝の空(むな)しき言(ことば)あに人をして口を閉(とぢ)しめんや汝嘲(あざ)けらば人なんぢをして羞(はぢ)しめざらんや
  4. 汝は言ふ我(わが)ヘ(をしへ)は正し我は汝の目の前に潔(きよ)しと
  5. 願(ねがは)くは神(かみ)言(ことば)を出(いだ)し汝にむかひて口を開き
  6. 智慧(ちゑ)の秘密をなんぢに示して その知識の相倍(あひばい)するを顯(あらは)したまはんことを汝しれ神はなんぢの罪よりも輕(かろ)くなんぢを處置(しょち)したまふなり
  7. なんぢ神の深事(ふかきこと)を窮(きは)むるを得(え)んや全能者(ぜんのうしゃ)を全(まつた)く窮(きは)むることを得(え)んや
  8. その高きことは天(てん)のごとし汝なにを爲(な)し得んや其(その)深きことは陰府(よみ)のごとし汝なにを知(しり)えんや
  9. その量(りやう)は地よりも長く海よりも濶(ひろ)し
  10. 彼もし行(ゆき)めぐりて人を執(とら)へて召集(めしあつ)めたまふ時は誰か能(よ)くこれを阻(はゞ)まんや
  11. 彼は僞(いつは)る人を善(よ)く知りたまふ又(また)惡事(あくじ)は顧(かへり)みること無(なく)して見知(みしり)たまふなり
  12. 虚(むな)しき人は悟性(さとり)なし その生るゝよりして野驢馬(のろば)の駒(こま)のごとし
  13. 汝もし彼にむかひて汝の心を定め汝の手を舒(の)べ
  14. 手に罪のあらんには これを遠く去れ惡(あく)をなんぢの幕屋(まくや)に留(とゞ)むる勿(なか)れ
  15. 然(さ)すれば汝(なんぢ)面(かほ)を擧(あげ)て[きず]なかるべく堅(かた)く 立(たち)て懼(おそ)るゝ事なかるべし
  16. すなはち汝(なんぢ)憂愁(うれひ)を忘れん汝のこれを憶(おぼ)ゆることは流れ去(さり)し水のごとくならん
  17. なんぢの生存(いきなが)らふる日は眞晝(まひる)よりも輝(かゞや)かん假令(たとひ)暗き事あるとも是(これ)は平旦(あした)のごとくならん
  18. なんぢは望(のぞみ)あるに因(より)て安んじ汝の周圍(まはり)を見めぐりて安然(やすらか)に寐(いぬ)るにいたらん
  19. なんぢは何にも懼(おそ)れさせらるゝこと無(なく)して偃(ふし)やすまん必ず衆多(おほく)の者なんぢを悦(よろ)こばせんと務(つと)むべし
  20. 然(され)ど惡(あし)き者は目(め)曚(くら)み逃遁處(のがれどころ)を失(うし)なはん其(その)望(のぞみ)は氣(いき)の斷(たゆ)ると等しかるべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ヨブ記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書