目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

Old Testament「Book of Job」
旧約聖書:ヨブ記

第13章(CHAPTER 13)

  1. 視(み)よわが目これを盡(ことごと)く觀(み)わが耳これを聞(きゝ)て通逹(さと)れり
  2. 汝らが知るところは我もこれを知る我は汝らに劣(おと)らず
  3. 然(しか)りと雖(いへ)ども我は全能者(ぜんのうしゃ)に物言(ものいは)ん我は神と論(ろん)ぜんことをのぞむ
  4. 汝らは只(たゞ)[いつはり]を造り設(もう)くる者 汝らは皆(みな)無用の醫師(くすし)なり
  5. 願(ねがは)くは汝ら全(まつた)く默(もく)せよ然(しか)するは汝らの智慧(ちゑ)なるべし
  6. 請(こ)ふわが論(ろん)ずる所を聽き我が唇(くちびる)にて辨爭(いひあらそ)ふ所を善(よ)く聽(き)け
  7. 神のために汝ら惡(あし)き事を言(いふ)や又かれのために虚僞(いつはり)を述(のぶ)るや
  8. 汝ら神のために偏(かたよ)るや またかれのために爭(あらそ)はんとするや
  9. 神もし汝らを鑒察(しらべ)たまはゞ豈(あに)善(よか)らんや汝等(なんぢら)人を欺(あざ)むくごとくに彼を欺(あざ)むき得(え)んや
  10. 汝等もし密(ひそか)に私(わたく)しするあらば彼かならず汝らを責(せめ)ん
  11. その威光(ゐくわう)なんぢらを懼(おそ)れしめざらんや彼を懼(おそ)るゝ畏懼(おそれ)なんぢらに臨(のぞ)まざらんや
  12. なんぢらの諭言(さとし)は灰(はひ)に譬(たと)ふべし なんぢらの城(しろ)は土の城となる
  13. 默して我にかゝはらざれ我(われ)言語(ものいは)んとす何事にもあれ我に來(きた)らば來(きた)れ
  14. 我なんぞ我(わが)肉をわが齒の間(あひだ)に置き わが生命(いのち)をわが手に置かんや
  15. 彼われを殺すとも我は彼に依ョ(よりたの)まん惟(たゞ)われは吾道(わがみち)を彼の前に明(あきら)かにせんとす
  16. 彼また終(つひ)に我(わが)拯救(すくひ)とならん邪曲(よこしま)なる者は彼の前にいたること能(あた)はざればなり
  17. なんぢら聽(きけ)よ我言(わがことば)を聽(き)け我が述(のぶ)る所をなんぢらの耳に入(いら)しめよ
  18. 視(み)よ我すでに吾事(わがこと)を言並(いひなら)べたり必ず義(たゞ)しとせられんと自(みづか)ら知る
  19. 誰か能(よく)われと辨論(いひあらそ)ふ者あらん若(もし)あらば我は口を緘(とぢ)て死(しな)ん
  20. 惟(たゞ)われに二(ふたつ)の事を爲(なし)たまはざれ然(さら)ば我なんぢの面(かほ)をさけて隱(かく)れじ
  21. なんぢの手を我より離したまへ汝の威嚴(ゐげん)をもて我を懼(おそ)れしめたまはざれ
  22. 而(しか)して汝われを召(めし)たまへ我こたへん又われにも言(ものい)はしめて汝われに答へたまへ
  23. 我の愆(とが)われの罪(つみ)いくばくなるや我の背反(そむき)と罪とを我に知(しら)しめたまへ
  24. 何とて御面(みかほ)を隱(かく)し我をもて汝の敵となしたまふや
  25. なんぢは吹廻(ふきまは)さるゝ木の葉を威(おど)し干(ひ)あがりたる籾殼(もみがら)を追(おひ)たまふや
  26. 汝は我につきて苦(にが)き事等(ことども)を書(かき)しるし我をして我が幼稚時(いとけなきとき)の罪を身に負(おは)しめ
  27. わが足を足械(あしかせ)にはめ我(わが)すべての道を伺(うかゞ)ひ我足(わがあし)の周圍(まはり)に限界(かぎり)をつけたまふ
  28. 我は腐(くさ)れたる者のごとくに朽(くち)ゆき蠹(むし)に食(くは)るゝ衣服(ころも)に等(ひと)し

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ヨブ記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書