目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

Old Testament「Book of Job」
旧約聖書:ヨブ記

第14章(CHAPTER 14)

  1. 婦(をんな)の産む人はその日少なくして艱難(なやみ)多し
  2. その來(きた)ること花のごとくにして散り其(その)馳(はす)ること影のごとくにして止(とゞ)まらず
  3. なんぢ是(かく)のごとき者に汝の目を啓(ひら)きたまふや汝われを汝の前にひきて審判(さばき)したまふや
  4. 誰か清(きよ)き物を汚(けが)れたる物の中(うち)より出(いだ)し得(う)る者あらん 一人も無し
  5. その日(ひ)既(すで)に定まり その月の數(かず)なんぢに由(よ)り汝これが區域(さかひ)を立(たて)て越(こえ)ざらしめたまふなれば
  6. 是(これ)に目を離して安息(やすみ)を得させ之(これ)をして傭人(やとひびと)のその日を樂しむがごとくならしめたまへ
  7. それ木には望(のぞみ)あり假令(たとひ)[きら]るゝとも復(また)芽を出(いだ)してその枝(えだ)絶(たえ)ず
  8. たとひ其根(そのね)地の中に老(お)い幹(みき)土に枯(かる)るとも
  9. 水の潤霑(うるほし)にあへば即(すなは)ち芽をふき枝を出して若樹に異(こと)ならず
  10. 然(され)ど人は死(しぬ)れば消(きえ)うす人(ひと)氣(いき)絶(たえ)なば安(いづく)に在(あら)んや
  11. 水は海に竭(つ)き河は涸(かれ)てかわく
  12. 是(かく)のごとく人も寢臥(いねふし)てまた興(おき)ず天(てん)の盡(つく)るまで目(め)覺(さめ)ず睡眠(ねむり)を醒(さま)さゞるなり
  13. 願はくは汝われを陰府(よみ)に藏(かく)し汝の震怒(いかり)の息(や)むまで我を掩(おほ)ひ我(わが)ために期(とき)を定め而(しか)して我を念(おも)ひたまへ
  14. 人もし死(しな)ばまた生(いき)んや我はわが征戰(いくさ)の諸日(しょにち)の間(あひだ)望みをりて我が變更(かはり)の來(きた)るを待(また)ん
  15. なんぢ我を呼(よび)たまはん而(しか)して我こたへん汝かならず汝の手の作(わざ)を顧(かへり)みたまはん
  16. 今なんぢは我の歩履(あゆみ)を數(かぞ)へたまふ我罪(わがつみ)を汝うかゞひたまはざらんや
  17. わが愆(とが)は凡(すべ)て嚢(ふくろ)の中に封じてあり汝わが罪を縫(ぬひ)こめたまふ
  18. それ山も倒(たふ)れて終(つひ)に崩(くづ)れ巖石(いはほ)も移りてその處(ところ)を離(はな)る
  19. 水は石を鑿(うが)ち浪(なみ)は地の塵(ちり)を押流(おしなが)す汝は人の望(のぞみ)を斷(たち)たまふ
  20. なんぢは彼を永く攻(せめ)なやまして去(さり)ゆかしめ彼の面容(かほかたち)を變(かは)らせて逐(おひ)やりたまふ
  21. その子(こ)尊貴(たふとく)なるも彼はこれを知(しら)ず卑賤(いやしく)なるもまた之(これ)を曉(さと)らざるなり
  22. 只(たゞ)己(おのれ)みづからその肉に痛苦(いたみ)を覺(おぼ)え己(おのれ)みづからその心に哀(なげ)く而已(のみ)

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ヨブ記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書