目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

Old Testament「Book of Job」
旧約聖書:ヨブ記

第32章(CHAPTER 32)

  1. ヨブみづから見て己(おのれ)を正義(たゞし)とするに因(より)て此(この)三人の者之(これ)に答ふる事を止(や)む
  2. 時にラムの族(やから)ブジ人(びと)バラケルの子エリフ怒(いかり)を發(おこ)せりヨブ神よりも己(おのれ)を正しとするに因(より)て彼ヨブにむかひて怒(いかり)を發(おこ)せり
  3. またヨブの三人の友答ふるに詞(ことば)なくして猶(なほ)ヨブを罪ありとせしによりて彼らにむかひても怒(いかり)を發(おこ)せり
  4. エリフはヨブに言(ものい)ふことをひかへて俟(まち)をりぬ是(こ)は自己(おのれ)よりも彼等(かれら)年(とし)老(おい)たればなり
  5. 茲(こゝ)にエリフこの三人の口に答ふる詞(ことば)の有(あら)ざるを見て怒(いかり)を發(おこ)せり
  6. ブジ人(びと)バラケルの子エリフすなはち答へて曰(いは)く我は年少(としわか)く汝等は年(とし)老(おい)たり是(こゝ)をもて我(われ)はゞかりて我(わが)意見(おもひ)をなんぢらに陳(のぶ)ることを敢(あへ)てせざりき
  7. 我(われ)意(おも)へらく日を重(かさ)ねたる者宜(よろ)しく言(ことば)を出(いだ)すべし年(とし)を積(つみ)たる者宜(よろ)しく智慧(ちゑ)をヘ(をし)ふべしと
  8. 但(たゞ)し人の衷(うち)には靈(れい)あり全能者(ぜんのうしゃ)の氣息(いき)人に聰明(さとり)を與(あた)ふ
  9. 大(おほい)なる人すべて智慧(ちゑ)あるに非(あら)ず老(おい)たる者すべて道理(ことわり)に明白(あきらか)なるに非(あら)ず
  10. 然(され)ば我言ふ我に聽け我もわが意見(おもひ)を陳(のべ)ん
  11. 視(み)よ我は汝らの言語(ことば)を俟(ま)ち なんぢらの辯論(あげつらひ)を聽き なんぢらが言ふべき言語(ことば)を尋ね盡(つく)すを待(まて)り
  12. われ細(こまか)になんぢらに聽(きゝ)しが汝らの中(うち)にヨブを駁折(いひふす)る者一人も無く また彼の言語(ことば)に答ふる者も無し
  13. おそらくは汝等いはん我ら智慧(ちゑ)を見得(みえ)たり彼に勝つ者は唯(たゞ)神のみ人は能(あた)はずと
  14. 彼はその言語(ことば)を我に向(むけ)て發(おこ)さざりき我はまた汝らの言ふ所をもて彼に答へじ
  15. かれらは愕(おど)ろきて復(また)答ふる所なく言語(ことば)かれらの衷(うち)に浮(うか)ばず
  16. 彼等ものいはず立(たち)とゞまりて重(かさ)ねて答へざればとて我(われ)あに俟(まち)をるべけんや
  17. 我も自(みづか)らわが分(ぶん)を答へ わが意見(おもひ)を吐露(あらは)さん
  18. われには言(ことば)滿ち わが衷(うち)の心しきりに迫(せめ)る
  19. わが腹(はら)は口を啓(ひら)かざる酒のごとし新(あたら)しき皮嚢(かはぶくろ)のごとく今にも裂(さけ)んとす
  20. われ説(とき)いだして胸を安んぜんとす われ口を啓(ひら)きて答へん
  21. かならず我は人に偏(かたよ)らず人に諂(へつら)はじ
  22. 我は諂(へつ)らふことを知(しら)ず もし諂(へつ)らはゞ我の造化主(つくりぬし)たゞちに我を絶(たち)たまふべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ヨブ記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書