目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

Old Testament「Book of Job」
旧約聖書:ヨブ記

第37章(CHAPTER 37)

  1. 之(これ)がためにわが心わなゝき その處(ところ)を動き離(はな)る
  2. 神の聲(こゑ)の響(ひゞき)およびその口より出(いづ)る轟聲(とゞろき)を善(よ)く聽(き)け
  3. これを天(あめ)が下に放ち またその電光(いなびかり)を地の極(はて)にまで至らせたまふ
  4. その後(のち)聲(こゑ)ありて打響(うちひゞ)き彼(かれ)威光(ゐくわう)の聲(こゑ)を放ちて鳴(なり)わたりたまふ その御聲(みこゑ)を聞(きこ)えしむるに當(あた)りては電光(いなびかり)を押(おさ)へおきたまはず
  5. 神(かみ)奇(くす)しくも御聲(みこゑ)を放ちて鳴(なり)わたり我儕(われら)の知(しら)ざる大(おほい)なる事(わざ)を行(おこな)ひたまふ
  6. かれ雪にむかひて地に降(ふ)れと命じたまふ雨すなはちその權能(ちから)の大雨にも亦(また)しかり
  7. 斯(かく)かれ一切(すべて)の人の手を封じたまふ是(これ)すべての人にその御工作(みわざ)を知(しら)しめんがためなり
  8. また獸(けもの)は穴にいりてその洞(ほら)に居(を)る
  9. 南方(みなみ)の密室(みつしつ)より暴風(あらし)きたり北より寒氣(さむさ)きたる
  10. 神の氣吹(いぶき)によりて氷いできたり水の寛(はゞ)狹(せは)くせらる
  11. かれ水をもて雲に搭載(つみの)せ また電光(ひかり)の雲を遠く散(ちら)したまふ
  12. 是(これ)は彼の導引(みちびき)によりて週(めぐ)る是(こ)は彼の命ずるところを盡(ことごと)く世界の表面(おもて)に爲(なさ)んがためなり
  13. その之(これ)を來(きた)らせたまふは或(あるひ)は懲罰(こらしめ)のため あるひはその地のため或(あるひ)は恩惠(めぐみ)のためなり
  14. ヨブよ是(これ)を聽(き)け立ちて神の奇妙(くすし)き工作(わざ)を考がへよ
  15. 神いかに是等(これら)に命(めい)を傳(つた)へ その雲の光明(ひかり)をして輝やかせたまふか汝これを知るや
  16. なんぢ雲の平衡(つりあひ)知識の全(まつ)たき者の奇妙(くすし)き工作(わざ)を知るや
  17. 南風によりて地の穩(おだや)かになる時なんぢの衣服(ころも)は熱くなるなり
  18. なんぢ彼とともに彼(か)の堅(かた)くして鑄(い)たる鏡(かゞみ)のごとくなる蒼穹(そら)を張ることを能(よく)せんや
  19. われらが彼に言ふべき事を我らにヘ(をし)へよ我らは暗昧(くらく)して言詞(ことば)を列(つら)ぬること能(あた)はざるなり
  20. われ語(かた)ることありと彼に告ぐべけんや人あに滅(ほろ)ぼさるゝことを望まんや
  21. 人いまは雲霄(そら)にて輝やく光明(ひかり)を見ること能(あた)はず然(さ)れど風きたりて之(これ)を吹(ふき)清(きよ)む
  22. 北より黄金(こがね)いできたる神には畏(おそ)るべき威光(ゐくわう)あり
  23. 全能者(ぜんのうしゃ)はわれら測(はか)りきはむることを得(え)ず彼は能(ちから)おほいなる者にいまし審判(さばき)をも公義(こうぎ)をも抂(まげ)たまはざるなり
  24. この故(ゆゑ)に人々かれを畏(おそ)る彼はみづから心に有智(かしこし)とする者をかへりみたまはざるなり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ヨブ記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書