目次 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

Old Testament「Book of Job」
旧約聖書:ヨブ記

第42章(CHAPTER 42)

  1. ヨブ是(こゝ)に於(おい)てヱホバに答へて曰(いは)く
  2. 我(われ)知る汝(なんぢ)は一切(すべて)の事をなすを得(え)たまふ また如何(いか)なる意志(おぼしめし)にても成(なす)あたはざる無(な)し
  3. 無知(むち)をもて道を蔽(おほ)ふ者は誰ぞや斯(かく)われは自(みづか)ら了解(さとら)ざる事を言ひ自(みづか)ら知(しら)ざる測(はか)り難(がた)き事を述(のべ)たり
  4. 請(こ)ふ聽(きゝ)たまへ我(われ)言ふところあらん我なんぢに問(とひ)まつらん我に答へたまへ
  5. われ汝の事を耳にて聞(きゝ)ゐたりしが今は目をもて汝を見たてまつる
  6. 是(こゝ)をもて我みづから恨(うら)み塵灰(ちりはひ)の中にて悔(く)ゆ
  7.  ヱホバ是等(これら)の言語(ことば)をヨブに語りたまひて後ヱホバ、テマン人(びと)エリパズに言(いひ)たまひけるは我なんぢと汝の二人の友を怒(いか)る其(そ)はなんぢらが我に關(つき)て言述(いひの)べたるところは わが僕(しもべ)ヨブの言(いひ)たることのごとく正當(たゞし)からざればなり
  8. 然(され)ば汝ら牡牛(をうし)七頭(なゝつ) 牡羊(をひつじ)七頭(なゝつ)を取(とり)てわが僕(しもべ)ヨブに至り汝らの身のために燔祭(はんさい)を獻(さゝ)げよ わが僕(しもべ)ヨブなんぢらのために祈(いの)らん われかれを嘉納(うけいる)べければ 之(これ)によりて汝らの愚(ぐ)を罰(ばつ)せざらん汝らの我(われ)について言述(いひのべ)たるところは我(わが)僕(しもべ)ヨブの言(いひ)たることのごとく正當(たゞし)からざればなり
  9. 是(こゝ)においてテマン人(びと)エリパズ、シユヒ人(びと)ビルダデ、ナアマ人(びと)ゾパル往(ゆき)てヱホバの自己(おのれ)に宣(のた)まひしごとく爲(なし)ければヱホバすなはちヨブを嘉納(うけいれ)たまへり
  10.  ヨブその友のために祈れる時ヱホバ、ヨブの艱難(なやみ)をときて舊(もと)に復(かへ)し しかしてヱホバつひにヨブの所有物(もちもの)を二倍に増(まし)たまへり
  11. 是(こゝ)において彼の諸(すべて)の兄弟(きょうだい)諸(すべて)の姉妹およびその舊(もと)相識(あひしれ)る者等ことごとく來(きた)りて彼とともにその家にて飮食(のみくひ)を爲(な)し かつヱホバの彼に降(くだ)したまひし一切(すべて)の災難(わざはひ)につきて彼をいたはり慰(なぐ)さめ また各(おのおの)金(きん)一ケセタと金の環(わ)一箇(ひとつ)を之(これ)に贈(おく)れり
  12. ヱホバかくのごとくヨブをめぐみて その終(をはり)を初(はじめ)よりも善(よく)したまへり即(すなは)ち彼は綿羊(ひつじ)一萬四千匹 駱駝(らくだ)六千匹 牛(うし)一千[くびき] 牝驢馬(めろば)一千匹を有(もて)り
  13. また男子七人 女子三人ありき
  14. かれその第一の女(むすめ)をエミマと名(なづ)け第二をケジアと名(なづ)け第三をケレンハツプクと名(なづ)けたり
  15. 全國(ぜんこく)の中(うち)にてヨブの女子等(むすめら)ほど美しき婦人(をんな)は見えざりき その父(ちゝ)之(これ)にその兄弟等とおなじく産業(さんげふ)をあたへたり
  16. この後(のち)ヨブは百四十年いきながらへてその子その孫と四代までを見たり
  17. かくヨブは年老(としお)い日(ひ)滿(みち)て死(しに)たりき

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ヨブ記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書