目次 次へ 1 2 3 4

Old Testament「Book of Jonah」
旧約聖書:ヨナ書

第1章(CHAPTER 1)

  1. ヱホバの言(ことば)アミタイの子ヨナに臨(のぞ)めりいはく
  2. 起(たち)てかの大(おほい)なる邑(まち)ニネベに往(ゆ)きこれを呼(よば)はり責(せ)めよ そは其(その)惡わが前に上(のぼ)り來(きた)ればなりと
  3. しかるにヨナはヱホバの面(かほ)をさけてタルシシへ逃(のが)れんと起(たち)てヨツパに下(くだ)り行(ゆき)けるが機(をり)しもタルシシへ往(ゆ)く舟に遇(あひ)ければその價値(あたひ)を給(あた)へヱホバの面(かほ)をさけて偕(とも)にタルシシへ行(ゆか)んとてその舟に乗れり
  4.  時にヱホバ大風(おほかぜ)を海の上に起したまひて烈(はげ)しき[はやて]海にありければ舟は幾(ほと)んど破れんとせり
  5. かゝりしかば船夫(ふなびと)恐れて各(おのおの)おのれの神を呼び又舟を輕くせんとてその中(うち)なる載荷(つみに)を海に投(なげ)すてたり然(しか)るにヨナは舟の奧に下(くだ)りゐて臥(ふし)て酣睡(うまい)せり
  6. 船長(ふなをさ)來(きた)りて彼に云(いひ)けるは汝(なんぢ)なんぞかく酣睡(うまい)するや起(おき)て汝の神を呼べあるひは彼われらを眷顧(かへりみ)て淪亡(ほろび)ざらしめんと
  7. かくて人衆(ひとびと)互(たがひ)に云(いひ)けるは此(この)災(わざはひ)の我儕(われら)にのぞめるは誰の故(ゆゑ)なるかを知(しら)んがため去來(いざ)鬮(くじ)を掣(ひか)んとやがて鬮(くじ)をひきしに鬮(くじ)ヨナに當(あた)りければ
  8. みな彼に云(いひ)けるはこの災禍(わざはひ)なにゆゑに我らにのぞめるか請(こ)ふ告げよ汝(なんぢ)の業(げふ)は何なるや何處(いづこ)より來(きた)れるや 汝の國(くに)は何處(いづこ)ぞや 何處(いづこ)の民なるや
  9. ヨナ彼等にいひけるは我はヘブル人(びと)にして海と陸(くが)とを造りたまひし天の神ヱホバを畏(おそ)るゝ者なり
  10. 是(こゝ)に於(おい)て船夫(ふなびと)甚(はなは)だしく懼(おそ)れて彼に云(いひ)けるは汝なんぞ其事(そのこと)をなせしやとその人々は彼がヱホバの面(かほ)をさけて逃(のが)れしなるを知れり其(そ)はさきにヨナ彼等に告(つげ)たればなり
  11.  遂(つひ)に船夫(ふなびと)彼にいひけるは我儕(われら)のために海を靜かにせんには汝(なんぢ)に如何(いか)がなすべきや其(そ)は海いよいよ甚(はなは)だしく狂蕩(あれ)たればなり
  12. ヨナ彼等に曰(いひ)けるはわれを取りて海に投(なげ)いれよさらば海は汝等の爲(ため)に靜かにならんそはこの大(おほい)なる[はやて]の汝等にのぞめるはわが故(ゆゑ)なるを知ればなり
  13. されど船夫(ふなびと)は陸(くが)に漕(こぎ)もどさんとつとめたりしが終(つひ)にあたはざりき其(そ)は海かれらにむかひていよいよ烈(はげ)しく蕩(あれ)たればなり
  14. こゝにおいて彼等ヱホバに呼(よば)はりて曰(いひ)けるはヱホバよこひねがはくは此人(このひと)の命の爲(ため)に我儕(われら)を滅亡(ほろぼ)したまふ勿(なか)れ又罪なきの血をわれらに歸(き)し給(たま)ふなかれそはヱホバよ汝(なんぢ)聖意(みこゝろ)にかなふところを爲(な)し給(たま)へるなればなりと
  15. すなはちヨナを取りて海に投入(なげいれ)たりしかして海のあるゝことやみぬ
  16. かゝりしかばその人々おほいにヱホバを畏(おそ)れヱホバに犧牲(いけにへ)を獻(さゝ)げ誓願(せいぐわん)を立(たて)たり
  17.  さてヱホバすでに大(おほい)なる魚を備(そな)へおきてヨナを呑(のま)しめたまへりヨナは三日(みつか)三夜(みよ)魚の腹(はら)の中にありき

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ヨナ書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書