目次 前へ 次へ 1 2 3 4

Old Testament「Book of Jonah」
旧約聖書:ヨナ書

第3章(CHAPTER 3)

  1. ヱホバの言(ことば)ふたゝびヨナに臨(のぞ)めり曰(いは)く
  2. 起(たち)てかの大(おほい)なる府(まち)ニネベに往(ゆ)きわが汝(なんぢ)に命ずるところを宣(のべ)よ
  3. ヨナすなはちヱホバの言(ことば)に循(したが)ひて起(たち)てニネベに往(ゆけ)りニネベは甚(はなは)だ大(おほい)なる邑(まち)にしてこれをめぐるに三日を歴(ふ)る程(ほど)なり
  4. ヨナその邑(まち)に入(いり)はじめ一日路(いちにちじ)を行(ゆき)つゝ呼(よば)はり曰(いひ)けるは四十日を歴(へ)ばニネベは滅亡(ほろぼ)さるべし
  5.  かゝりしかばニネベの人々神を信じ斷食(だんじき)を宣(ふ)れ大(おほい)なる者より小(ちひさ)き者に至るまでみな麻布(あさぬの)を衣(き)たり
  6. この言(こと)ニネベの王に聞(きこ)えければ彼(かれ)位(くらゐ)より起(た)ち朝服(てうふく)を脱(ぬ)ぎ麻布を身に纒(まと)ふて灰の中に坐(ざ)せり
  7. また王(わう)大臣とともに命(めい)をくだしてニネベ中に宣(ふれ)しめて曰(いは)く人も畜(けもの)も牛も羊(ひつじ)もともに何をも味(あぢは)ふべからず又(また)物をくらひ水を飮(のむ)べからず
  8. 人も畜(けもの)も麻布(あさぬの)をまとひ只管(ひたすら)神に呼(よば)はり且(かつ)おのおの其(その)惡(あし)き途(みち)および其手(そのて)に作(な)す邪惡(よこしま)を離(はな)るべし
  9. 或(あるひ)は神その聖旨(みこゝろ)をかへて悔(く)い其(その)烈(はげ)しき怒(いかり)を息(やめ)てわれらを滅亡(ほろぼ)さゞらん 誰かその然(しか)らざるを知(しら)んや
  10. 神かれらの爲(な)すところをかんがみ其(その)あしき途(みち)を離るゝを見そなはし彼等になさんと言(いひ)し所の災禍(わざはひ)を悔(くい)てこれをなしたまはざりき

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ヨナ書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書