目次 前へ 1 2 3 4

Old Testament「Book of Jonah」
旧約聖書:ヨナ書

第4章(CHAPTER 4)

  1. ヨナこの事を甚(はなは)だ惡(あし)しとして烈(はげし)く怒(いか)り
  2. ヱホバに祈(いの)りて曰(いひ)けるはヱホバよ我なほ本國(くに)にありし時(とき)斯(かく)あらんと曰(いひ)しに非(あら)ずやさればこそ前(さき)にタルシシへ逃(のが)れたるなれ其(そ)は我(われ)汝(なんぢ)は矜恤(めぐみ)ある神(かみ)憐憫(あはれみ)あり怒(いか)ること遲(おそ)く慈悲(じひ)深くして災禍(わざはひ)を悔(くい)たまふものなりと知(しれ)ばなり
  3. ヱホバよ願(ねがは)くは今わが命を取(とり)たまへ其(そ)は生(いく)ることよりも死(しぬ)るかた我(われ)に善(よけ)ればなり
  4. ヱホバ曰(いひ)たまひけるは汝(なんぢ)の怒(いか)る事いかで宜(よろ)しからんや
  5. ヨナは邑(まち)より出(いで)てその東の方に居(を)り己(おの)が爲(ため)に其處(そこ)に一(ひとつ)の小屋をしつらひその蔭(かげ)の下に坐(ざ)して府(まち)の如何(いか)に成行(なりゆ)くかを見る
  6.  ヱホバ神(かみ)瓢(ひさご)を備(そな)へこれをして發生(はえ)てヨナの上を覆(おほ)はしめたりこはヨナの首(かうべ)の爲(ため)に庇蔭(かげ)をまうけてその憂(うれひ)を慰(なぐさ)めんが爲(ため)なりきヨナはこの瓢(ひさご)の木によりて甚(はなは)だ喜べり
  7. されど神あくる日の夜明に虫をそなへて其(その)ひさごを噛(かま)せたまひければ瓢(ひさご)は枯(かれ)たり
  8. かくて日の出(いで)し時神(かみ)暑(あつ)き東風を備(そな)へ給(たま)ひ又(また)日(ひ)ヨナの首(かうべ)を照(てら)しければ彼よわりて心の中に死(しぬ)ることを願(ねが)ひて言ふ生(いく)ることよりも死(しぬ)るかた我に善(よ)し
  9. 神またヨナに曰(いひ)たまひけるは瓢(ひさご)の爲(ため)に汝(なんぢ)のいかる事いかで宜(よろ)しからんや彼(かれ)曰(いひ)けるはわれ怒(いか)りて死(しぬ)るともよろし
  10. ヱホバ曰(いひ)たまひけるは汝(なんぢ)は勞(らう)をくはへず生育(そだて)ざる此(こ)の一夜に生じて一夜に亡(ほろ)びし瓢(ひさご)を惜(をし)めり
  11. まして十二萬(まん)餘(あまり)の右左(みぎひだり)を辨(わきま)へざる者と許多(あまた)の家畜(けもの)とあるこの大(おほい)なる府(まち)ニネベをわれ惜(をし)まざらんや

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ヨナ書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書