目次 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27

Old Testament「Book of Leviticus」
旧約聖書:レビ記

第1章(CHAPTER 1)

  1. ヱホバ集會(しふくわい)の幕屋よりモーセを呼びこれに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  2. イスラエルの子孫(ひとびと)に告(つげ)てこれに言へ汝等の中(うち)の人もし家畜の禮物(そなへもの)をヱホバに供(そなへ)んとせば牛あるひは羊(ひつじ)をとりてその禮物(そなへもの)となすべし
  3.  もし牛の燔祭(はんさい)をもてその禮物(そなへもの)になさんとせば全(まつた)き牡牛(をうし)を供(そな)ふべしすなはち集會の幕屋の門(かど)にてこれをヱホバの前にその受納(うけいれ)たまふやうに供(そな)ふべし
  4. 彼その燔祭(はんさい)とする者の首(かしら)に手を按(おく)べし然(され)ば受納(うけいれ)られて彼のために贖罪(あがなひ)とならん
  5. 彼ヱホバの前にその犢(こうし)を宰(ほふ)るべし又アロンの子等(こども)なる祭司等はその血を携(たづさ)へきたりて集會の幕屋の門(かど)なる壇(だん)の四圍(まはり)にその血を灑(そゝ)ぐべし
  6. 彼またその燔祭(はんさい)の牲(もの)の皮を剥(は)ぎこれを切(きり)わかつべし
  7. 祭司アロンの子等(こら)壇(だん)の上に火を置きその火の上に薪柴(たきゞ)を陳(なら)べ
  8. 而(しか)してアロンの子等なる祭司等その切(きり)わかてる者その首(かしら)およびその脂(あぶら)を壇(だん)の上なる火の上にある薪(たきゞ)の上に陳(なら)ぶべし
  9. その臓腑(ざうふ)と足はこれを水に洗ふべし斯(かく)て祭司は一切(すべて)を壇(だん)の上に燒(やき)て燔祭(はんさい)となすべし是(これ)すなはち火祭(くわさい)にしてヱホバに馨(かうば)しき香(にほひ)たるなり
  10.  またその禮物(そなへもの)もし群(むれ)の羊(ひつじ)あるひは山羊(やぎ)の燔祭(はんさい)たらば全(まつた)き牡(をす)を供(そな)ふべし
  11. 彼(かれ)壇(だん)の北の方においてヱホバの前にこれを宰(ほふ)るべしアロンの子等(こども)なる祭司等はその血を壇(だん)の四圍(まはり)に灑(そゝ)ぐべし
  12. 彼また之(これ)を切(きり)わかちその首(かしら)とその脂(あぶら)を截(きり)とるべし而(しか)して祭司これを皆壇の上なる火の上にある薪柴(たきゞ)の上に陳(なら)ぶべし
  13. またその臓腑(ざうふ)と足はこれを水に洗ひ祭司(さいし)一切(すべて)を携(たづさ)へきたりて壇(だん)の上に燒(やく)べし是(これ)を燔祭(はんさい)となす是(これ)即(すなは)ち火祭(くわさい)にしてヱホバに馨(かうば)しき香(にほひ)たるなり
  14.  若(もし)また禽(とり)を燔祭(はんさい)となしてヱホバに献(さゝぐ)るならば[やま]鳩(ばと)または雛(わか)き鴿(いへばと)を携(たづさ)へ來(きた)りて禮物(そなへもの)となすべし
  15. 祭司(さいし)はこれを壇(だん)にたづさへゆきてその首を切(きり)やぶりこれを壇(だん)の上に燒(やく)べしまたその血はこれをしぼりいだして壇(だん)の一方にぬるべし
  16. またその穀袋(えぶくろ)とその内の物はこれを除(のぞ)きて壇(だん)の東の方なる灰棄處(はひすてどころ)にこれを棄(すつ)べし
  17. またその翼(つばさ)は切(きり)はなすこと无(なし)にこれを割(さく)べし而(しか)して祭司これを壇(だん)の上にて火の上なる薪柴(たきゞ)の上に燒(やく)べし是(これ)を燔祭(はんさい)となす是(これ)すなはち火祭(くわさい)にしてヱホバに馨(かうば)しき香(にほひ)たるなり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):レビ記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章
15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書