目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27

Old Testament「Book of Leviticus」
旧約聖書:レビ記

第7章(CHAPTER 7)

  1. また愆祭(けんさい)の例(のり)は是(かく)のごとし是(これ)は至聖者(いときよきもの)なり
  2. 燔祭(はんさい)を宰(ほふ)る場にて愆祭(けんさい)を宰(ほふ)るべし而(しか)して祭司その血を壇(だん)の四周(まはり)にそゝぎ
  3. その脂(あぶら)をことごとく献(さゝ)ぐべし即(すなは)ちその脂(あぶら)の尾その臓腑(ざうふ)を裹(つゝ)むところの諸(すべて)の脂(あぶら)
  4. 兩個(ふたつ)の腎(じん)とその上の脂(あぶら)の腰(こし)の兩傍(りやうはう)にある者および肝(かん)の上の網膜(まうまく)の腎(じん)の上におよべる者を取り
  5. 祭司これを壇(だん)の上に焚(やき)てヱホバに火祭(くわさい)とすべし之(これ)を愆祭(けんさい)となす
  6. 祭司等の中(うち)の男たる者はみな之(これ)を食(くら)ふことを得(う)是(これ)は聖所(きよきところ)に食(くら)ふべし至聖者(いときよきもの)なり
  7. 罪祭(ざいさい)も愆祭(けんさい)もその例(のり)は一(ひとつ)にして異(ことな)らずこれは贖罪(あがなひ)をなすところの祭司(さいし)に歸(き)すべし
  8. 人の燔祭(はんさい)をさゝぐるところの祭司その祭司はその献(さゝ)ぐる燔祭(はんさい)の物の皮を自己(おのれ)に得(う)べし
  9. 凡(すべ)て爐(ろ)に燒(やき)たる素祭(そさい)の物および凡(すべ)て釜と鍋にて製(こしら)へたる者はこれを献(さゝ)ぐるところの祭司に歸(き)すべし
  10. 凡(およ)そ素祭(そさい)は油を和(まぜ)たる者も乾(かわき)たる者もみなアロンの諸(すべて)の子等に均(ひとし)く歸(き)すべし
  11.  ヱホバに献(さゝ)ぐべき酬恩祭(しうおんさい)の犠牲(いけにへ)の例(のり)は是(かく)のごとし
  12. 若(もし)これを感謝のために献(さゝ)ぐるならば油を和(まぜ)たる無酵(たねいれぬ)菓子と油をぬりたる無酵(たねいれぬ)煎餅(せんべい)および麥粉(むぎこ)に油をまぜて燒(やき)たる菓子をその感謝の犠牲(いけにへ)にあはせて献(さゝ)ぐべし
  13. その菓子の外(ほか)にまた有酵(たねいれし)パンを酬恩祭(しうおんさい)なる感謝の犠牲(いけにへ)にあはせてその禮物(そなへもの)に供(そな)ふべし
  14. 即(すなは)ちこの全體(すべて)の禮物(そなへもの)の中(うち)より一箇宛(ひとつづゝ)を取りヱホバにさゝげて擧祭(きよさい)となすべし是(これ)は酬恩祭(しうおんさい)の血を灑(そゝ)ぐところの祭司に歸(き)すべきなり
  15.  感謝のために献(さゝ)ぐる酬恩祭(しうおんさい)の犠牲(いけにへ)の肉はこれを献(さゝ)げしその日の中(うち)に食(くら)ふべし少(すこし)にても翌朝(あくるあさ)まで存(のこ)しおくまじきなり
  16. その犠牲(いけにへ)の禮物(そなへもの)もし願還(ぐわんはたし)かまたは自意(こゝろより)の禮物(そなへもの)ならばその犠牲(いけにへ)をさゝげし日にこれを食(くら)ふべしその殘餘(のこり)はまた明日(あくるひ)これを食(くら)ふことを得(う)るなり
  17. 但(たゞ)しその犠牲(いけにへ)の肉の殘餘(のこり)は第三日(みつかめ)にいたらば火に焚(やく)べし
  18. 若(もし)その酬恩祭(しうおんさい)の犠牲(いけにへ)の肉を第三日(みつかめ)に少(すこし)にても食(くら)ふことをなさば其(それ)は受納(うけいれ)られずまた禮物(そなへもの)と算(かぞへ)らるゝことなくして反(かへつ)て憎(にく)むべき者とならん是を(これ)食(くら)ふ者その罪を任(おふ)べし
  19.  その肉もし汚穢(けがれ)たる物にふるゝ事あらば食(くら)ふべからず火に焚(やく)べしその肉は淨(きよ)き者みなこれを食(くら)ふことを得(う)るなり
  20. 若(もし)その身に汚穢(けがれ)ある人ヱホバに屬する酬恩祭(しうおんさい)の犠牲(いけにへ)の肉を食(くら)はゞその人はその民の中(うち)より絶(たゝ)るべし
  21. また人もし人の汚穢(けがれ)あるひは汚(けがれ)たる獣畜(けもの)あるひは忌(いまは)しき汚(けがれ)たる物等都(すべ)て汚穢(けがれ)に觸(ふる)ることありながらヱホバに屬する酬恩祭(しうおんさい)の犠牲(いけにへ)の肉を食(くら)はゞその人はその民の中(うち)より絶(たゝ)るべし
  22.  ヱホバまたモーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  23. イスラエルの子孫(ひとびと)に告(つげ)て言(いふ)べし牛(うし)羊(ひつじ)山羊(やぎ)の脂(あぶら)は都(すべ)て汝等これを食(くら)ふべからず
  24. 自(みづか)ら死(しに)たる獣畜(けもの)の脂(あぶら)および裂(さき)ころされし獣畜(けもの)の脂(あぶら)は諸般(もろもろ)の事に用ふるを得(う)れどもこれを食(くら)ふことは絶(たえ)てなすべからず
  25. 人のヱホバに火祭(くわさい)として献(さゝ)ぐるところの牲畜(けもの)の脂(あぶら)は誰もこれを食(くら)ふべからず之(これ)を食(くら)ふ人はその民の中(うち)より絶(たゝ)るべし
  26. また汝等はその一切(すべて)の住處(すみか)において鳥(とり)獣(けもの)の血を決して食(くら)ふべからず
  27. 何の血によらずこれを食(くら)ふ人あればその人は皆(みな)民の中(うち)より絶(たゝ)るべし
  28.  ヱホバ、モーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  29. イスラエルの子孫(ひとびと)に告(つげ)て言(いふ)べし酬恩祭(しうおんさい)の犠牲(いけにへ)をヱホバに献(さゝ)ぐる者はその酬恩祭(しうおんさい)の犠牲(いけにへ)の中(うち)よりその禮物(そなへもの)を取(とり)てヱホバにたづさへ來(きた)るべし
  30. ヱホバの火祭(くわさい)はその人手づからこれを携(たづさ)へきたるべし即(すなは)ちその脂(あぶら)と胸(むね)とをたづさへ來(きた)りその胸をヱホバの前に搖(ふり)て搖祭(えうさい)となすべし
  31. 而(しか)して祭司その脂(あぶら)を壇(だん)の上に焚(やく)べしその胸(むね)はアロンとその子等(こら)に歸(き)すべし
  32. 汝等はその酬恩祭(しうおんさい)の犠牲(いけにへ)の右の腿(もゝ)を擧祭(きよさい)となして祭司(さいし)に與(あた)ふべし
  33. アロンの子等の中(うち)酬恩祭(しうおんさい)の血と脂(あぶら)とを献(さゝ)ぐる者その右の腿(もゝ)を得(え)て自己(おのれ)の分となすべし
  34. 我(われ)イスラエルの子孫(ひとびと)の酬恩祭(しうおんさい)の犠牲(いけにへ)の中(うち)よりその搖(ふれ)る胸(むね)と擧(あげ)たる腿(もゝ)をとりてこれを祭司アロンとその子等に與(あた)ふ是(これ)はイスラエルの子孫(ひとびと)の中(うち)に永(なが)く行(おこな)はるべき例典(のり)なり
  35.  是(これ)はヱホバの火祭(くわさい)の中(うち)よりアロンに歸(き)する分またその子等(こら)に歸(き)する分なり彼等を立(たて)てヱホバに祭司の職(つとめ)をなさしむる日に斯(かく)定(さだ)めらる
  36. すなはち是(これ)は彼等に膏(あぶら)をそゝぐ日にヱホバが命(めい)をくだしてイスラエルの子孫(ひとびと)の中(うち)より彼等に歸(き)せしめたまふ者にて代々(よゝ)永(なが)くまもるべき例典(のり)たるなり
  37.  是(これ)すなはち燔祭(はんさい)素祭(そさい)罪祭(ざいさい)愆祭(けんさい)任職祭(にんしょくさい)酬恩祭(しうおんさい)の犠牲(いけにへ)の法(おきて)なり
  38. ヱホバ、シナイの野においてイスラエルの子孫(ひとびと)にその禮物(そなへもの)をヱホバに供(そな)ふることを命じたまひし日に是(これ)をシナイ山にてモーセに命じたまひしなり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):レビ記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章
15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書