目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27

Old Testament「Book of Leviticus」
旧約聖書:レビ記

第14章(CHAPTER 14)

  1. ヱホバ、モーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  2. 癩病人(らいびやうにん)の潔(きよ)めらるゝ日の定例(のり)は是(かく)のごとし即(すなは)ちその人を祭司の許(もと)に携(たづさ)へゆくべし
  3. 先(まづ)祭司(さいし)營(えい)より出(いで)ゆきて觀(み)祭司もし癩病人(らいびやうにん)の身にありし癩病(らいびやう)の患處(くわんしょ)の痊(いえ)たるを見ば
  4. 祭司その潔(きよ)めらるゝ者のために命じて生(いけ)る潔(きよ)き鳥二羽に香柏(かうはく)と紅(くれなゐ)の線(いと)と牛膝草(ヒソプ)を取(とり)きたらしめ
  5. 祭司また命じてその鳥一羽を瓦(やきもの)の器(うつは)の内にて活水(いけるみづ)の上に殺さしめ
  6. 而(しか)してその生(いけ)る鳥を取り香柏(かうはく)と紅(くれなゐ)の線(いと)と牛膝草(ヒソプ)をも取(とり)て之(これ)を夫(かの)活水(いけるみづ)の上に殺したる鳥の血の中にその生(いけ)る鳥とともに濡(ひた)し
  7. 癩病(らいびやう)より潔(きよ)められんとする者にこれを七回(なゝたび)灑(そゝ)ぎてこれを潔(きよ)き者となしその生(いけ)る鳥をば野に放つべし
  8. 潔(きよ)めらるゝ者はその衣服(ころも)を濯(あら)ひその毛髮(け)をことごとく剃(そり)おとし水に身を滌(そゝ)ぎて潔(きよ)くなり然(しか)る後(のち)に營(えい)に入(いり)きたるべし但(たゞ)し七日が間は自己(おのれ)の天幕の外に居(を)るべし
  9. 而(しか)して第七日(なぬかめ)にその身の毛髮(け)をことごとく剃(そる)べし即(すなは)ちその頭(かみ)の髮(け)と鬚(ひげ)と眉(まゆ)とをことごとく剃(そ)りまたその衣服(ころも)を濯(あら)ひ且(かつ)その身を水に滌(そゝ)ぎて潔(きよ)くなるべし
  10.  第八日(やうかめ)にいたりてその人二匹(ふたつ)の全(まつた)き羔羊(こひつじ)の牡(をす)と當歳(たうさい)なる一匹(ひとつ)の全(まつた)き羔羊(こひつじ)の牝(めす)を取りまた麥粉(むぎこ)十分の三に油を和(まじへ)たる素祭(そさい)と油一ログを取(とる)べし
  11. 潔禮(きよめごと)をなす所の祭司その潔(きよ)めらるべき人と是等(これら)の物とを集會の幕屋の門(かど)にてヱホバの前に置き
  12. 而(しか)して祭司かの羔羊(こひつじ)の牡(をす)一匹(ひとつ)を取り一ログの油とともに之(これ)を愆祭(けんさい)に献(さゝ)げまた之(これ)をヱホバの前に搖(ふり)て搖祭(えうさい)となすべし
  13. この羔羊(こひつじ)の牡(をす)は罪祭(ざいさい)燔祭(はんさい)の牲(もの)を宰(ほふ)る處(ところ)すなはち聖所(きよきところ)にてこれを宰(ほふ)るべし罪祭(ざいさい)の物の祭司に歸(き)するごとく愆祭(けんさい)の物も然(しか)るなり是(これ)は至聖物(いときよきもの)たり
  14. 而(しか)して祭司その愆祭(けんさい)の牲(もの)の血を取りその潔(きよ)めらるべき者の右の耳の端(はし)と右の手の大指(おやゆび)と右の足の拇指(おやゆび)に祭司これをつくべし
  15. 祭司またその一ログの油をとりて之(これ)を自身(おのれ)の左の手の掌(ひら)に傾(つ)ぎ
  16. 而(しか)して祭司その右の指を左の手の油にひたしその指をもて之(これ)を七回(なゝたび)ヱホバの前に灑(そゝ)ぐべし
  17. その手の殘餘(のこり)の油は祭司その潔(きよめ)らるべき者の右の耳の端(はし)と右の手の大指(おやゆび)と右の足の拇指(おやゆび)においてその愆祭(けんさい)の牲(もの)の血の上に之(これ)をつくべし
  18. 而(しか)して尚(なほ)その手に殘(のこ)れる油は祭司これをその潔(きよ)めらるべき者の首(かしら)につけヱホバの前にて祭司その人のために贖罪(あがなひ)をなすべし
  19. 斯(かく)してまた祭司(さいし)罪祭(ざいさい)を献(さゝ)げその汚穢(けがれ)を潔(きよ)めらるべき者のために贖罪(あがなひ)を爲(なし)て然(しか)る後に燔祭(はんさい)の牲(もの)を宰(ほふ)るべし
  20. 而(しか)して祭司(さいし)燔祭(はんさい)と素祭(そさい)を壇(だん)の上に献(さゝ)げその人のために祭司贖罪(あがなひ)を爲(なす)べし然(しか)せばその人は潔(きよ)くならん
  21.  その人もし貧(まづし)くして之(これ)にまで手の届かざる時は搖(ふり)て自己(おのれ)の贖罪(あがなひ)をなさしむべき愆祭(けんさい)のために羔羊(こひつじ)の牡(をす)一匹(ひとつ)をとり又素祭(そさい)のために麥粉(むぎこ)十分の一に油を和(まじへ)たるを取りまた油一ログを取り
  22. 且(かつ)その手のとゞくところに循(したが)ひて[やま]鳩(ばと)二羽かまたは雛(わか)き鴿(いへばと)二羽を取(とる)べし其一(そのひとつ)は罪祭(ざいさい)のための者一(ひとつ)は燔祭(はんさい)のための者なり
  23. 而(しか)してその潔禮(きよめごと)の第八日(やうかめ)に之(これ)を祭司に携(たづさ)へ集會の幕屋の門(かど)にきたりてヱホバの前にいたるべし
  24. かくて祭司はその愆祭(けんさい)の牡羊(をひつじ)と一ログの油を取り祭司これをヱホバの前に搖(ふり)て搖祭(えうさい)となすべし
  25. 而(しか)して愆祭(けんさい)の羔羊(こひつじ)を宰(ほふ)りて祭司その愆祭(けんさい)の牲(もの)の血を取りこれをその潔(きよ)めらるべき者の右の耳の端(はし)と右の手の大指(おやゆび)と右の足の拇指(おやゆび)につけ
  26. また祭司その油の中(うち)を己(おのれ)の左の手の掌(ひら)に傾(つ)ぎ
  27. 而(しか)して祭司その右の指をもて左の手の油を七回(なゝなび)ヱホバの前に灑(そゞ)ぎ
  28. 亦(また)祭司その潔(きよ)めらるべき者の右の耳と右の手の大指(おやゆび)と右の足の拇指(おやゆび)において愆祭(けんさい)の牲(もの)の血をつけし處(ところ)にその手の油をつくべし
  29. またその手に殘(のこ)れる油をば祭司その潔(きよ)めらるべき者の首(かしら)に之(これ)をつけヱホバの前にてその人のために贖罪(あがなひ)をなすべし
  30. その人はその手のおよぶところの[やま]鳩(ばと)または雛(わか)き鴿(いへばと)一羽を献(さゝ)ぐべし
  31. 即(すなは)ちその手のおよぶところの者一(ひとつ)を罪祭(ざいさい)に一(ひとつ)を燔祭(はんさい)に爲(なす)べし祭司はその潔(きよ)めらるべき者のためにヱホバの前に贖罪(あがなひ)をなすべし
  32. 癩病(らいびやう)の患處(くわんしょ)ありし人にてその潔禮(きよめごと)に用(もち)ふべき物に手の届(とゞか)ざる者は之(これ)をその條例(のり)とすべし
  33.  ヱホバ、モーセとアロンに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  34. 我(わ)が汝らの産業(もちもの)に與(あた)ふるカナンの地に汝等の至らん時に我(われ)汝らの産業(もちもの)の地の或家(あるいへ)に癩病(らいびやう)の患處(くわんしょ)を生(しやう)ぜしむること有(あら)ば
  35. その家の主(ぬし)來(きた)り祭司に告(つげ)て患處(くわんしょ)のごとき者家に現(あら)はると言(いふ)べし
  36. 然(しか)る時は祭司命じて祭司のその患處(くわんしょ)を視(み)に行く前にその家を空(あけ)しむべし是(こ)は家にある物の凡(すべ)て汚(けが)れざらんためなり而(しか)して後に祭司いりてその家を觀(みる)べし
  37. その患處(くわんしょ)を觀(みる)にもしその家の壁にくまたは赤き窪(くぼみ)の患處(くわんしょ)ありて壁よりも卑(ひく)く見えなば
  38. 祭司(さいし)その家を出(いで)て家の門(かど)にいたり七日の間(あひだ)家を閉(とぢ)おき
  39. 祭司第七日(なぬかめ)にまた來(きた)りて視(み)るべしその患處(くわんしょ)もし家の壁に蔓延(ひろがり)をらば
  40. 祭司命じてその患處(くわんしょ)ある石を取(とり)のぞきて邑(まち)の外の汚穢所(けがれどころ)にこれを棄(すて)しめ
  41. またその家の内の四周(まはり)を刮(けづ)らしむべしその刮(けづ)りし灰沙(しつくい)は之(これ)を邑(まち)の外の汚穢所(けがれどころ)に傾(あ)け
  42. 他(ほか)の石を取(とり)てその石の所に入(いれ)かふべし而(しか)して彼(かれ)他(ほか)の灰沙(しつくひ)をとりて家を塗(ぬる)べきなり
  43.  斯(かく)石を取(とり)のぞき家を刮(けづ)りてこれを塗(ぬり)かへし後(のち)にその患處(くわんしょ)もし再びおこりて家に發(はつ)しなば
  44. 祭司また來(きた)りて視(みる)べし患處(くわんしょ)もし家に蔓延(ひろがり)たらば是(これ)家にある惡(あし)き癩病(らいびやう)なれば其(それ)は汚(けが)るゝなり
  45. 彼その家を毀(こぼ)ちその石その木およびその家の灰沙(しつくい)をことごとく邑(まち)の外の汚穢所(けがれどころ)に搬(はこ)びいだすべし
  46. その家を閉(とぢ)おける日の間(うち)にこれに入る者は晩(くれ)まで汚(けが)るべし
  47. その家に臥(ふ)す者はその衣服(ころも)を洗(あら)ふべしその家に食する者もその衣服(ころも)を洗ふべし
  48.  然(され)ど祭司いりて視(みる)にその患處(くわんしょ)家を塗(ぬり)かへし後(のち)に家に蔓延(ひろがら)ずば是(これ)患處(くわんしょ)の痊(いえ)たる者なれば祭司その家を潔(きよ)き者となすべし
  49. 彼すなはちその家を潔(きよ)むるために鳥二羽に香柏(かうはく)と紅(くれなゐ)の線(いと)と牛膝草(ヒソプ)を取り
  50. その鳥一羽を瓦(やきもの)の器(うつは)の内にて活(いけ)る水の上に殺し
  51. 香柏(かうはく)と牛膝草(ヒソプ)と紅(くれなゐ)の線(いと)と生鳥(いけるとり)を取(とり)てこれをその殺せし鳥の血なる活(いけ)る水に浸(ひた)し七回(なゝたび)家に灑(そゝ)ぐべし
  52. 斯(かく)祭司鳥の血と活(いけ)る水と生(いけ)る鳥と香柏(かうはく)と牛膝草(ヒソプ)と紅(くれなゐ)の線(いと)をもて家を潔(きよ)め
  53. その生(いけ)る鳥を邑(まち)の外の野に縦(はな)ちその家のために贖罪(あがなひ)をなすべし然(しか)せば其(それ)は潔(きよ)くならん
  54.  是(これ)すなはち癩病(らいびやう)の諸(しょ)患處(くわんしょ)瘡(かさ)
  55. および衣服(ころも)と家屋(いへ)の癩病(らいびやう)
  56. ならびに腫(はれ)と癬(できもの)と光る處(ところ)とに關(かゝは)る條例(のり)にして
  57. 何(いづれ)の日(ひ)潔(きよ)きか何(いづれ)の日(ひ)汚(けがれ)たるかをヘ(をし)ふる者なり癩病(らいびやう)の條例(のり)は是(かく)のごとし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):レビ記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章
15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書