目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27

Old Testament「Book of Leviticus」
旧約聖書:レビ記

第15章(CHAPTER 15)

  1. ヱホバ、モーセとアロンに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  2. イスラエルの子孫(ひとびと)に告(つげ)て言へ凡(およ)そ人その肉に流出(りうしゅつ)あらばその流出のために汚(けが)るべし
  3. その流出に由(より)て汚(けが)るゝこと是(かく)のごとし即(すなは)ちその肉の流出したたるもその肉の流出滞(とゞこ)ほるも共にその汚穢(けがれ)となるなり
  4. 流出ある者の臥(ふし)たる床は凡(すべ)て汚(けが)るまたその人の坐(ざ)したる物は凡(すべ)て汚(けが)るべし
  5. その床(とこ)に觸(ふる)る人は衣服(ころも)をあらひ水に身を滌(そゝ)ぐべしその身は晩(くれ)まで汚(けが)るゝなり
  6. 流出ある人の坐(ざ)したる物の上に坐(ざ)する人は衣服(ころも)を洗(あら)ひ水に身をそゝぐべしその身は晩(くれ)まで汚(けが)るゝなり
  7. 流出ある者の身に觸(ふる)る人は衣服(ころも)を洗(あら)ひ水に身を滌(そゝ)ぐべしその身は晩(くれ)まで汚(けが)るゝなり
  8. もし流出ある者の唾(つばき)潔(きよ)き者にかゝらばその人衣服(ころも)を洗(あら)ひ水に身を滌(そゝ)ぐべしその身は晩(くれ)まで汚(けが)るゝなり
  9. 流出ある者の乗(のり)たる物は凡(すべ)て汚(けが)るべし
  10. またその下になりし物に觸(ふる)る人は皆晩(くれ)まで汚(けが)るまた其等(それら)の物を携(たづさ)ふる者は衣服(ころも)を洗(あら)ひ水に身をそゝぐべしその身は晩(くれ)まで汚(けが)るゝなり
  11. 流出ある者手を水に洗(あら)はずして人にさはらばその人は衣服(ころも)を洗(あら)ひ水に身を滌(そゝ)ぐべしその身は晩(くれ)まで汚(けが)るゝなり
  12. 流出ある者の捫(さは)りし瓦(やきもの)の器(うつは)は凡(すべ)て碎(くだ)くべし木の器(うつは)は凡(すべ)て水に洗(あら)ふべし
  13.  流出ある者その流出やみて潔(きよ)くならば己(おのれ)の成潔(きよめ)のために七日を數(かぞ)へその衣服(ころも)を洗(あら)ひ活(いけ)る水にその體(からだ)を滌(そゝ)ぐべし然(しか)せば潔(きよ)くなるべし
  14. 而(しか)して第八日(やうかめ)に[やま]鳩(ばと)二羽または雛(わか)き鴿(いへばと)二羽を自己(おのれ)のために取り集會の幕屋の門(かど)にきたりてヱホバの前にゆき之(これ)を祭司に付(わた)すべし
  15. 祭司はその一(ひとつ)を罪祭(ざいさい)に一(ひとつ)を燔祭(はんさい)に献(さゝ)げ而(しか)して祭司その人の流出のためにヱホバの前に贖罪(あがなひ)をなすべし
  16.  人もし精(せい)の洩(もる)ることあらばその全身を水にあらふべしその身は晩(くれ)まで汚(けが)るゝなり
  17. 凡(すべ)て精(せい)の粘着(つき)たる衣服(ころも)皮革(かは)などは皆(みな)水に洗(あら)ふべし是(これ)は晩(くれ)まで汚(けが)るゝなり
  18. 男もし女と寝(いね)て精(せい)を洩(もら)さば二人ともに水に身を滌(そゝ)ぐべしその身は晩(くれ)まで汚(けが)るゝなり
  19.  また婦女(をんな)流出あらんにその肉の流出もし血ならば七日の間不潔なり凡(すべ)て彼に捫(さは)る者は晩(くれ)まで汚(けが)るべし
  20. その不潔の間(あひだ)に彼が臥(ふし)たるところの物は凡(すべ)て汚(けが)るべし又彼がその上に坐(すわ)れる物も皆汚(けが)れん
  21. その床(とこ)に捫(さは)る者は皆衣服(ころも)を洗(あら)ひ水に身を滌(そゝ)ぐべしその身は晩(くれ)まで汚(けが)るゝなり
  22. 彼が凡(すべ)て坐(すわ)りし物に捫(さは)る者は皆衣服(ころも)を洗(あら)ひ水に身を滌(そゝ)ぐべしその身は晩(くれ)まで汚(けが)るゝなり
  23. 彼の床(とこ)の上またはその凡(すべ)て坐(すわ)りし物の上にある血に捫(さは)らばその人は晩(くれ)まで汚(けが)るゝなり
  24. 人もし婦女(をんな)と寝(いね)てその不潔を身に得(え)ば七日汚(けが)るべしその人の臥(ふし)たる床(とこ)は凡(すべ)て汚(けが)れん
  25.  婦女(をんな)もしその血の流出不潔の期(とき)の外(ほか)にありて多くの日に渉(わた)ることあり又その流出する事不潔の期(とき)に逾(こゆ)るあらばその汚穢(けがれ)の流出する日の間は凡(すべ)てその不潔の時の如(ごと)くにしてその身汚(けが)る
  26. 凡(すべ)てその流出ある日の間彼が臥(ふす)ところの床(とこ)は彼におけること不潔の床(とこ)のごとし凡(およ)そ彼が坐(すわ)れる物はその汚(けが)るゝこと不潔の汚穢(けがれ)のごとし
  27. 是等(これら)の物に捫(さは)る人は凡(すべ)て汚(けが)るその衣服(ころも)を洗(あら)ひ水に身を滌(そゝ)ぐべしその身は晩(くれ)まで汚(けが)るゝなり
  28. 彼もしその流出やみて淨(きよ)まらば七日を算(かぞ)ふべし而(しか)して後(のち)潔(きよ)くならん
  29. 彼(かれ)第八日(やうかめ)に[やま]鳩(ばと)二羽または雛(わか)き鴿(いへばと)二羽を自己(おのれ)のために取りこれを祭司に携(たづさ)へ來(きた)り集會の幕屋の門(かど)にいたるべし
  30. 祭司その一(ひとつ)を罪祭(ざいさい)に一(ひとつ)を燔祭(はんさい)に献(さゝ)げ而(しか)して祭司かれが汚穢(けがれ)の流出のためにヱホバの前に贖(あがなひ)を爲(なす)べし
  31.  斯(かく)汝等イスラエルの子孫(ひとびと)をその汚穢(けがれ)に離(はな)れしむべし是(こ)は彼等その中間(うち)にある吾(わ)が幕屋(まくや)を汚(けが)してその汚穢(けがれ)に死(しぬ)ることなからん爲(ため)なり
  32.  是(これ)すなはち流出(りうしゅつ)ある者その精(せい)を洩(もら)してこれに身を汚(けが)せし者
  33. その不潔を患(わづら)ふ婦女(をんな)或(あるひ)は男あるひは女の流出ある者汚(けがれ)たる婦女(をんな)と寝(いね)たる者等(ものなど)に關(かゝは)るところの條例(のり)なり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):レビ記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章
15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書