目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27

Old Testament「Book of Leviticus」
旧約聖書:レビ記

第16章(CHAPTER 16)

  1. アロンの子等(こども)二人がヱホバの前に献(さゝ)ぐることを爲(なし)て死(しに)たる後にヱホバ、モーセに斯(かく)告(つげ)たまへり
  2. 即(すなは)ちヱホバ、モーセに言(いひ)たまひけるは汝の兄弟アロンに告(つげ)よ時をわかたずして障蔽(へだて)の幕の内なる聖所(きよきところ)にいり櫃(はこ)の上なる贖罪所(しよくざいしょ)の前にいたるべからず是(これ)死(しぬ)ることなからんためなり其(そ)は我(われ)雲のうちにありて贖罪所の上にあらはるべければなり
  3. アロン聖所(きよきところ)にいるには斯(かく)すべしすなはち犢(こうし)の牡(をす)を罪祭(ざいさい)のために取り牡羊(をひつじ)を燔祭(はんさい)のために取り
  4. 聖(きよ)き麻(あさ)の裏衣(したぎ)を着(き)麻(あさ)の褌(もゝひき)をその肉にまとひ麻(あさ)の帶(おび)をもて身に帶(おび)し麻(あさ)の頭帽(かしらづゝみ)を冠(かむ)るべし是(これ)は聖衣(きよきころも)なりその身を水にあらひてこれを着(きる)べし
  5. またイスラエルの子孫(ひとびと)の會衆(くわいしう)の中(うち)より牡山羊(をやぎ)二匹(ふたつ)を罪祭(ざいさい)のために取り牡羊(をひつじ)一匹(ひとつ)を燔祭(はんさい)のために取(とる)べし
  6.  アロンは自己(おのれ)のためなるその罪祭(ざいさい)の牡牛(をうし)を牽(ひき)きたりて自己(おのれ)とその家族のために贖罪(あがなひ)をなすべし
  7. アロンまたその兩隻(ふたつ)の山羊(やぎ)を取り集會の幕屋の門(かど)にてヱホバの前にこれを置き
  8. その兩隻(ふたつ)の山羊(やぎ)のために籤(くじ)を掣(ひく)べし即(すなは)ち一(ひとつ)の籤(くじ)をヱホバのためにし一(ひとつ)の籤(くじ)をアザゼルのためにすべし
  9. 而(しか)してアロンそのヱホバの籤(くじ)にあたりし山羊(やぎ)を献(さゝ)げて罪祭(ざいさい)となすべし
  10. 又アザゼルの籤(くじ)にあたりし山羊(やぎ)はこれをヱホバの前に生(いか)しおきこれをもて贖罪(あがなひ)をなしこれを野におくりてアザゼルにいたらすべし
  11.  即(すなは)ちアロン己(おのれ)のためなるその罪祭(ざいさい)の牡牛(をうし)を牽(ひき)きたりて自己(おのれ)とその家族のために贖罪(あがなひ)をなし自己(おのれ)のためなる其(その)罪祭(ざいさい)の牡牛を(をうし)宰(ほふ)り
  12. 而(しか)して火鼎(ひざら)をとりヱホバの前の壇(だん)よりして熱(おこ)れる火を之(これ)に盈(み)てまた兩手(もろて)に細末(さいまつ)の馨(かうば)しき香(かう)を盈(み)て之(これ)を障蔽(へだて)の幕の中(うち)に携(たづさ)へいり
  13. ヱホバの前に於(おい)て香(かう)をその火に放(く)べ香(かう)の煙(けむり)の雲をして律法(おきて)の上なる贖罪所(しよくざいしょ)を蓋(おほ)はしむべし然(しか)せば彼死(しぬ)ることあらじ
  14. 彼またその牡牛(をうし)の血をとり指をもて之(これ)を贖罪所の東面に灑(そゝ)ぎまた指をもてその血を贖罪所の前に七回(なゝたび)灑(そゝ)ぐべし
  15.  斯(かく)してまた民のためなるその罪祭(ざいさい)の山羊(やぎ)を宰(ほふ)りその血を障蔽(へだて)の幕の内に携(たづさ)へいりかの牡牛(をうし)の血をもて爲(なせ)しごとくその血をもて爲(な)しこれを贖罪所(しよくざいしょ)の上と贖罪所の前に灑(そゝ)ぎ
  16. イスラエルの子孫(ひとびと)の汚穢(けがれ)とその諸(もろもろ)の悸(もと)れる罪とに縁(より)て聖所(きよきところ)のために贖罪(あがなひ)を爲(なす)べし即(すなは)ち彼等の汚穢(けがれ)の中間(うち)にある集會の幕屋のために斯(かく)なすべきなり
  17. 彼が聖所(きよきところ)において贖罪(あがなひ)をなさんとて入(いり)たる時はその自己(おのれ)と己(おのれ)の家族とイスラエルの全會衆のために贖罪(あがなひ)をなして出(いづ)るまでは何人(たれ)も集會の幕屋の内に居(をる)べからず
  18. 斯(かく)て彼ヱホバの前の壇(だん)に出(いで)きたり之(これ)がために贖罪(あがなひ)をなすべし即(すなは)ちその牡牛(をうし)の血と山羊(やぎ)の血を取(とり)て壇(だん)の四周(まはり)の角(つの)につけ
  19. また指をもて七回(なゝたび)その血を其(そ)の上に灑(そゝ)ぎイスラエルの子孫(ひとびと)の汚穢(けがれ)をのぞきて其(それ)を潔(いさぎ)ようし且(かつ)聖別(きよむ)べし
  20.  斯(かく)かれ聖所(きよきところ)と集會の幕屋と壇(だん)のために贖罪(あがなひ)をなしてかの生(いけ)る山羊(やぎ)を牽(ひき)きたるべし
  21. 然(しか)る時アロンその生(いけ)る山羊(やぎ)の頭(かしら)に兩手(もろて)を按(お)きイスラエルの子孫(ひとびと)の諸(もろもろ)の惡事とその諸(もろもろ)の悸反(もとれ)る罪をことごとくその上に承認(いひあら)はしてこれを山羊(やぎ)の頭(かしら)に載(の)せ選びおける人の手をもてこれを野に遣(おく)るべし
  22. その山羊(やぎ)彼等の諸惡(しよあく)を人なき地に任(おひ)ゆくべきなり即(すなは)ちその山羊(やぎ)を野に遣(おく)るべし
  23.  斯(かく)してアロン集會の幕屋にいりその聖所(きよきところ)にいりし時に穿(つけ)たる麻(あさ)の衣(ころも)を脱(ぬぎ)て其處(そこ)に置き
  24. 聖所(きよきところ)においてその身を水にそゝぎ衣服(ころも)をつけて出(い)で自己(おのれ)の燔祭(はんさい)と民の燔祭(はんさい)とを献(さゝ)げて自己(おのれ)と民とのために贖罪(あがなひ)をなすべし
  25. また罪祭(ざいさい)の牲(もの)の脂(あぶら)を壇(だん)の上に焚(やく)べきなり
  26. かの山羊(やぎ)をアザゼルに遣(おく)りし者は衣服(ころも)を濯(あら)ひ水に身を滌(そゝ)ぎて然(しか)る後(のち)營(えい)にいるべし
  27. 聖所(きよきところ)において贖罪(あがなひ)をなさんために其(その)血を携(たづさ)へ入(いり)たる罪祭(ざいさい)の牡牛(をうし)と罪祭(ざいさい)の山羊(やぎ)とは之(これ)を營(えい)の外に携(たづさ)へいだしその皮と肉と糞(ふん)を火に燒(やく)べし
  28. 之(これ)を燒(やき)たる者は衣服(ころも)を濯(あら)ひ水に身を滌(そゝ)ぎて然(しか)る後(のち)營(えい)にいるべし
  29.  汝等(なんぢら)永(なが)く此(この)例(のり)を守るべし即(すなは)ち七月にいたらばその月の十日に汝等その身をなやまし何の工(わざ)をも爲(なす)べからず自己(おのれ)の國の人もまた汝等の中(うち)に寄寓(やどれ)る外國(よそぐに)の人も共に然(しか)すべし
  30. 其(そ)はこの日に祭司汝らのために贖罪(あがなひ)をなして汝らを淨(きよ)むればなり是(これ)汝らがヱホバの前にその諸(もろもろ)の罪を清(きよ)められんためになす者なり
  31. 是(これ)は汝らの大安息日(だいあんそくにち)なり汝ら身をなやますべし是(これ)永(なが)く守るべき例(のり)なり
  32. 膏(あぶら)をそゝがれて任(にん)ぜられその父に代(かは)りて祭司(さいし)の職(つとめ)をなすところの祭司贖罪(あがなひ)をなすべし彼は麻(あさ)の衣(ころも)すなはち聖衣(きよきころも)を衣(きる)べし
  33. 彼すなはち至(いと)聖所(きよきところ)のために贖罪(あがなひ)をなしまた集會の幕屋のためと壇(だん)のために贖罪(あがなひ)をなしまた祭司等のためと民の會衆のために贖罪(あがなひ)をなすべし
  34. 是(これ)汝等が永(なが)く守るべき例(のり)にしてイスラエルの子孫(ひとびと)の諸(もろもろ)の罪のために年に一度(ひとたび)贖罪(あがなひ)をなす者なり彼すなはちヱホバのモーセに命じたまひしごとく爲(なし)ぬ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):レビ記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章
15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書