目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27

Old Testament「Book of Leviticus」
旧約聖書:レビ記

第20章(CHAPTER 20)

  1. ヱホバまたモーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  2. 汝(なんぢ)イスラエルの子孫(ひとびと)に言(いふ)べし凡(およ)そイスラエルの子孫(ひとびと)の中(うち)またはイスラエルに寄寓(やどれ)る他國(よそくに)の人の中(うち)その子をモロクに献(さゝ)ぐる者は必ず誅(ころ)さるべし國(くに)の民(たみ)石をもて之(これ)を撃(うつ)べし
  3. 我またわが面(かほ)をその人にむけて之(これ)を攻(せ)めこれをその民の中(うち)より絶(たゝ)ん其(そ)は彼その子をモロクに献(さゝ)げて吾(わ)が聖所(きよきところ)を汚(けが)しまたわが聖(きよき)名を褻(けが)せばなり
  4. その人がモロクにその子を献(さゝ)ぐる時に國(くに)の民もし目を掩(おほ)ひて見ざるがごとくし之(これ)を殺すことをせずば
  5. 我わが面(かほ)をその人とその家族にむけ彼および凡(すべ)て彼に傚(なら)ひてモロクと淫(いん)をおこなふところの者等をその民の中(うち)より絶(たゝ)ん
  6.  憑鬼者(くちよせ)または卜筮師(うらなひし)を恃(たの)みこれに從(した)がふ人あらば我わが面(かほ)をその人にむけ之(これ)をその民の中(うち)に絶(たつ)べし
  7. 然(され)ば汝等(なんぢら)宜(よろし)く自(みづか)ら聖潔(きよく)して聖(きよく)あるべし我は汝らの神ヱホバたるなり
  8. 汝等(なんぢら)わが條例(のり)を守りこれを行(おこな)ふべし我は汝らを聖別(きよむ)るヱホバなり
  9. 凡(すべ)てその父またはその母を詛(のろ)ふ者はかならず誅(ころ)さるべし彼その父またはその母を詛(のろ)ひたればその血は自身(おのれ)に歸(き)すべきなり
  10.  人の妻と姦淫(かんいん)する人すなはちその鄰(となり)の妻と姦淫(かんいん)する者あればその姦夫(かんぷ)淫婦(いんぷ)ともにかならず誅(ころ)さるべし
  11. その父の妻と寝(いぬ)る人は父を辱(はづか)しむるなり兩人(ふたり)ともにかならず誅(ころ)さるべしその血は自己(おのれ)に歸(き)せん
  12. 人もしその子の妻と寝(いぬ)る時は二人ともにかならず誅(ころ)さるべし是(これ)憎(にく)むべき事を行(おこな)へばなりその血は自己(おのれ)に歸(き)せん
  13. 人もし婦人(をんな)と寝(いぬ)るごとく男子(をとこ)と寝(いぬ)ることをせば是(これ)その二人憎(にく)むべき事をおこなふなり二人ともにかならず誅(ころ)さるべしその血は自己(おのれ)に歸(き)せん
  14. 人(ひと)妻を娶(めと)る時にそれの母をともに娶(めと)らば是(これ)惡(あし)き事なり彼も彼等もともに火に燒(やか)るべし是(これ)汝らの中(うち)に惡(あし)き事の無(なか)らんためなり
  15. 男子(をとこ)もし獣畜(けもの)と交合(かうがふ)しなばかならず誅(ころ)さるべし汝らまたその獣畜(けもの)を殺すべし
  16. 婦人(をんな)もし獣畜(けもの)に近づきこれと交(まじは)らばその婦人(をんな)と獣畜(けもの)を殺すべし是等(これら)はともに必ず誅(ころ)さるべしその血は自己(おのれ)に歸(き)せん
  17.  人もしその姉妹すなはちその父の女子(むすめ)あるひは母の女子(むすめ)を取りて此(これ)は彼の陰所(かくしどころ)を見彼は此(これ)の陰所(かくしどころ)を見なば是(これ)恥(はづ)べき事をなすなりその民(たみ)の子孫(ひとびと)の前にてその二人を絶(たつ)べし彼その姉妹と淫(いん)したればその罪を任(おふ)べきなり
  18. 人もし經水(めぐり)ある婦人(をんな)と寝(いね)て彼の陰所(かくしどころ)を露(あらは)すことあり即(すなは)ち男子(をとこ)その婦人(をんな)の源(みなもと)を露(あらは)し婦人(をんな)また己(おのれ)の血の源(みなもと)を露(あらは)すあらば二人ともにその民の中(うち)より絶(たゝ)るべし
  19. 汝の母の姉妹または汝の父の姉妹の陰所(かくしどころ)を露(あらは)すべからず斯(かく)する時はその骨肉(こつにく)の親(しん)たる者の陰所(かくしどころ)をあらはすなれば二人ともにその罪を任(おふ)べきなり
  20. 人もしその伯叔(をぢ)の妻と寝(いぬ)る時は是(これ)その伯叔(をぢ)の陰所(かくしどころ)を露(あらは)すなれば二人ともにその罪を任(お)ひ子なくして死(しな)ん
  21. 人もしその兄弟の妻を取(とら)ば是(これ)汚(けがら)はしき事なり彼その兄弟の陰所(かくしどころ)を露(あらは)したるなればその二人は子なかるべし
  22.  汝等(なんぢら)は我(わ)が一切(すべて)の條例(のり)と一切(すべて)の律法(おきて)を守りて之(これ)を行(おこな)ふべし然(しか)せば我(わ)が汝らを住(すま)せんとて導(みちび)き行(ゆく)ところの地汝らを吐(はき)いだすことを爲(せ)じ
  23. 汝らの前より我(わ)が逐(おひ)はらふところの國人(くにびと)の例(のり)に汝ら歩行(あゆむ)べからず彼等はこの諸(もろもろ)の事をなしたれば我かれらを惡(にく)むなり
  24. 我(われ)さきに汝等に言へり汝等その地を獲(え)ん我これを汝らに與(あた)へて獲(え)さすべし是(これ)は乳(ちゝ)と蜜(みつ)の流るゝ地なり我は汝らの神ヱホバにして汝らを他(ほか)の民より區別(わか)てり
  25. 汝等(なんぢら)は獣畜(けもの)の潔(きよき)と汚(けがれ)たると禽(とり)の潔(きよき)と汚(けがれ)たるとを區別(わかつ)べし汝等は我(わ)が汚(けがれ)たる者として汝らのために區別(わかち)たる獣畜(けもの)または禽(とり)または地に匍(は)ふ諸(もろもろ)の物をもて汝らの身を汚(けが)すべからず
  26. 汝等(なんぢら)は我の聖者(きよきもの)となるべし其(そ)は我ヱホバ聖(きよ)ければなり我また汝等をして我の所有(もの)とならしめんがために汝らを他(ほか)の民(たみ)より區別(わかち)たるなり
  27.  男または女の憑鬼者(くちよせ)をなし或(あるひ)は卜筮(うらなひ)をなす者はかならず誅(ころ)さるべし即(すなは)ち石をもてこれを撃(うつ)べし彼等の血は彼らに歸(き)せん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):レビ記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章
15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書