目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27

Old Testament「Book of Leviticus」
旧約聖書:レビ記

第23章(CHAPTER 23)

  1. ヱホバ、モーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  2. イスラエルの子孫(ひとびと)につげて之(これ)に言へ汝らが宣告(ふれ)て聖會(せいくわい)となすべきヱホバの節期(せつき)は是(かく)のごとし我(わ)が節期(せつき)はすなはち是(これ)なり
  3. 六日の間(あひだ)業務(わざ)をなすべし第七日(なぬかめ)は休むべき安息日(あんそくにち)にして聖會(せいくわい)なり汝ら何の業(わざ)をもなすべからず是(これ)は汝らがその一切(すべて)の住所(すみか)において守るべきヱホバの安息日(あんそくにち)なり
  4.  その期々(ときどき)に汝らが宣告(ふれ)べきヱホバの節期(せつき)たる聖會(せいくわい)は是(これ)なり
  5. すなはち正月の十四日の晩(ばん)はヱホバの逾越節(すぎこしのいはひ)なり
  6. またその月の十五日はヱホバの酵(たね)いれぬパンの節(いはひ)なり七日の間(あいだ)汝等(なんぢら)酵(たね)いれぬパンを食(くら)ふべし
  7. その首(はじめ)の日には汝ら聖會(せいくわい)をなすべし何の職業をも爲(な)すべからず
  8. 汝ら七日のあひだヱホバに火祭(くわさい)を献(さゝ)ぐべし第七日(なぬかめ)にはまた聖會をなし何の職業をもなすべからず
  9.  ヱホバまたモーセにつげて言(いひ)たまはく
  10. イスラエルの子孫(ひとびと)につげて之(これ)に言へ汝らわが汝らにたまふところの地に至るにおよびて汝らの穀物(こくもつ)を穫(かる)ときは先(まづ)なんぢらの穀物の初穂(はつほ)一束(ひとたば)を祭司にもちきたるべし
  11. 彼その束(たば)の受(うけ)いれらるゝやうに之(これ)をヱホバの前に搖(ふる)べし即(すなは)ちその安息日(あんそくにち)の翌日に祭司これを搖(ふる)べし
  12. また汝らその束(たば)を搖(ふ)る日に當歳(たうさい)の牡羔(をひつじ)の全(まつた)き者を燔祭(はんさい)となしてヱホバに献(さゝ)ぐべし
  13. その素祭(そさい)には油を和(まぜ)たる麥粉(むぎこ)十分の二をもちひ之(これ)をヱホバに献(さゝ)げて火祭(くわさい)となし馨(かうば)しき香(にほひ)たらしむべしまたその灌祭(くわんさい)には酒一ヒンの四分の一をもちふべし
  14. 汝らはその神ヱホバに禮物(そなへもの)をたづさへ來(きた)るその日まではパンをも[やき]麥をも穂(あをほ)をも食(くら)ふべからず是(これ)は汝らがその一切(すべて)の住居(すみか)において代々(よゝ)永く守るべき例(のり)なり
  15.  汝ら安息日(あんそくにち)の翌日より即(すなは)ち汝らが搖祭(えうさい)の束(たば)を携(たづさ)へきたりし日より數へて安息日(あんそくにち)七(なゝつ)をもてその數を盈(みた)すべし
  16. すなはち第七の安息日の翌日までに日數(ひかず)五十を數(かぞ)へをはり新素祭(しんそさい)をヱホバに献(さゝ)ぐべし
  17. また汝らの居所(すみか)より十分の二をもてつくりたるパン二箇を携(たづさ)へきたりて搖(ふる)べし是(これ)は麥粉(むぎこ)にてつくり酵(たね)をいれて燒(やく)べし是(これ)初穂(はつほ)をヱホバにさゝぐる者なり
  18. 汝らまた當歳(たうさい)の全(まつた)き羔羊(こひつじ)七匹と少(わか)き牡牛(をうし)一匹と牡山羊(をやぎ)二匹を其(その)パンとともに献(さゝ)ぐべしすなはち是等(これら)をその素祭(そさい)およびその灌祭(くわんさい)とともにヱホバにたてまつりて燔祭(はんさい)となすべし是(これ)は火祭(くわさい)にしてヱホバに馨(かうば)しき香(にほひ)となる者なり
  19. 斯(かく)てまた牡山羊(をやぎ)一匹を罪祭(ざいさい)にさゝげ當歳(たうさい)の羔羊(こひつじ)二匹を酬恩祭(しうおんさい)の犠牲(いけにへ)にさゝぐべし
  20. 而(しか)して祭司その初穂(はつほ)のパンとともにこの二匹(ふたつ)の羔羊(こひつじ)をヱホバの前に搖(ふり)て搖祭(えうさい)となすべし是等(これら)はヱホバにたてまつる聖物(きよきもの)にして祭司に歸(き)すべし
  21. 汝らその日に汝らの中(うち)に聖會(せいくわい)を宣告(ふれ)いだすべし何の職業をも爲(なす)べからず是(これ)は汝らがその一切(すべて)の住所(すみか)において永く守るべき條例(のり)なり
  22.  汝らの地の穀物を穫(かる)ときは汝その穫(か)るにのぞみて汝の田野(たはた)の隅々(すみずみ)までをことごとく穫(かり)つくすべからず又汝の穀物の遺穂(おちぼ)を拾(ひろ)ふべからずこれを貧(まづし)き者と客旅(たびゞと)とに遺(のこ)しおくべし我は汝らの神ヱホバなり
  23.  ヱホバまたモーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  24. イスラエルの子孫(ひとびと)に告(つげ)て言へ七月においては汝らその月の一日をもて安息(あんそく)の日となすべし是(これ)は喇叭(らつぱ)を吹(ふき)て記念するの日にして即(すなは)ち聖會(せいくわい)たり
  25. 汝ら何の職業をもなすべからず惟(たゞ)ヱホバに火祭(くわさい)を献(さゝ)ぐべし
  26.  ヱホバまたモーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  27. 殊(こと)にまたその七月の十日は贖罪(あがなひ)の日にして汝らにおいて聖會(せいくわい)たり汝等身をなやましまた火祭(くわさい)をヱホバに献(さゝ)ぐべし
  28. その日には汝ら何の工(わざ)をもなすべからず其(それ)は汝らのために汝らの神ヱホバの前に贖罪(あがなひ)をなすべき贖罪(あがなひ)の日なればなり
  29. 凡(すべ)てその日に身をなやますことをせざる者はその民の中(うち)より絶(たゝ)れん
  30. またその日に何の工(わざ)にても爲(なす)ものあれば我その人をその民の中(うち)より滅(ほろぼ)しさらん
  31. 汝等(なんぢら)何の工(わざ)をもなすべからず是(これ)は汝らがその一切(すべて)の住所(すみか)において代々(よゝ)永く守るべき條例(のり)なり
  32. 是(これ)は汝らの休むべき安息日(あんそくにち)なり汝らその身をなやますべしまたその月の九日の晩(ばん)すなはちその晩より翌晩(よくばん)まで汝等その安息(あんそく)をまもるべし
  33.  ヱホバまたモーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  34. イスラエルの子孫(ひとびと)に告(つげ)て言へその七月の十五日は結茅節(かりほずまひのいはひ)なり七日のあひだヱホバの前にこれを守るべし
  35. 首(はじめ)の日には聖會(せいくわい)を開くべし何の職業をもなすべからず
  36. 汝等また七日のあひだ火祭(くわさい)をヱホバに献(さゝ)ぐべし而(しか)して第八日(やうかめ)に汝等の中(うち)に聖會を開きまた火祭(くわさい)をヱホバに献(さゝ)ぐべし是(これ)は會(くわい)の終結(をはり)なり汝ら何の職業をもなすべからず
  37.  偖(さて)是等(これら)はヱホバの節期(せつき)にして汝らが宣告(ふれ)て聖會(せいくわい)となし火祭(くわさい)をヱホバに献(さゝ)ぐべき者なり即(すなは)ち燔祭(はんさい)素祭(そさい)犠牲(いけにへ)および灌祭(くわんさい)等をその献(さゝ)ぐべき日にしたがひて献(さゝ)ぐべし
  38. この外(ほか)にヱホバの諸(しよ)安息日(あんそくにち)ありまた外(ほか)に汝らの献物(さゝげもの)ありまた外(ほか)に汝らの諸(もろもろ)の願還(ぐわんはたし)の禮物(そなへもの)ありまた外(ほか)に汝らの自意(こゝろより)の禮物(そなへもの)あり是(これ)みな汝らがヱホバに献(さゝぐ)る者なり
  39.  汝らその地の作物を斂(あつ)めし時は七月の十五日よりして七日の間ヱホバの節筵(いはひ)をまもるべし即(すなは)ち初(はじめ)の日にも安息(あんそく)をなし第八日(やうかめ)にも安息(あんそく)をなすべし
  40. その首(はじめ)の日には汝等(なんぢら)佳樹(よきゝ)の枝(えだ)を取(とる)べしすなはち棕櫚(しゆろ)の枝(えだ)と茂(しげ)れる樹の條(えだ)と水楊(かはやなぎ)の枝(えだ)とを取りて七日の間(あひだ)汝らの神ヱホバの前に樂(たのし)むべし
  41. 汝ら歳(とし)に七日ヱホバに此(この)節筵(いはひ)をまもるべし汝ら代々(よゝ)ながくこの條例(のり)を守り七月にこれを祝(いは)ふべし
  42. 汝ら七日のあひだ茅廬(かりほ)に居(を)りイスラエルに生れたる人はみな茅廬(かりほ)に居(をる)べし
  43. 斯(かく)するは我(わ)がイスラエルの子孫(ひとびと)をエジプトの地より導(みちび)き出(いだ)せし時にこれを茅廬(かりほ)に住(すま)しめし事を汝らの代々(よゝ)の子孫に知(しら)しめんためなり我は汝らの神ヱホバなり
  44. モーセすなはちヱホバの節期(せつき)をイスラエルの子孫(ひとびと)に告(つげ)たり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):レビ記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章
15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書