目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27

Old Testament「Book of Leviticus」
旧約聖書:レビ記

第25章(CHAPTER 25)

  1. ヱホバ、シナイ山にてモーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  2. イスラエルの子孫(ひとびと)につげて之(これ)に言ふべし我(わ)が汝(なんぢ)らに與(あた)ふる地に汝ら至(いた)らん時はその地にもヱホバにむかひて安息(あんそく)を守らしむべし
  3. 六年のあひだ汝その田野(はたけ)に種(たね)播(ま)きまた六年のあひだ汝その菓園(くだものばたけ)の物を剪伐(かりこみ)てその果(み)を斂(あつ)むべし
  4. 然(され)ど第七年には地に安息(あんそく)をなさしむべし是(これ)ヱホバにむかひてする安息(あんそく)なり汝その田野(たはた)に種(たね)播(まく)べからずまたその菓園(くだものばたけ)の物を剪伐(かりこむ)べからず
  5. 汝の穀物(こくもつ)の自然(おのづから)生(はえ)たる者は穫(かる)べからずまた汝の葡萄樹(ぶだうづる)の修理(ていれ)なしに結(むす)べる葡萄(ぶだう)は斂(あつ)むべからず是(これ)地の安息(あんそく)の年なればなり
  6. 安息(あんそく)の年の産物は汝らの食となるべしすなはち汝と汝の僕(しもべ)と汝の婢(しもめ)と汝の傭人(やとひゞと)と汝の所に寄寓(やどれ)る他國(よそぐに)の人
  7. ならびに汝の家畜と汝の國の中(うち)の獣(けもの)みなその産物をもて食(しよく)となすべし
  8.  汝(なんぢ)安息(あんそく)の年を七次(なゝつ)かぞふべし是(これ)すなはち七年を七回(なゝたび)かぞふるなり安息(あんそく)の年七次(なゝつ)の間はすなはち四十九年なり
  9. 七月の十日になんぢ喇叭(らつぱ)の聲(おと)を鳴(なり)わたらしむべし即(すなは)ち贖罪(あがなひ)の日になんぢら國(くに)の中(うち)にあまねく喇叭(らつぱ)を吹(ふき)ならさしめ
  10. かくしてその第五十年を聖(きよ)め國中(こくちう)の一切(すべて)の人民(たみ)に自由を宣(ふれ)しめすべしこの年はなんぢらにはヨベルの年なりなんぢらおのおのその産業に歸(かへ)りおのおのその家にかへるべし
  11. その五十年はなんぢらにはヨベルなりなんぢら種播(たねまく)べからずまた自然(おのづから)生(はえ)たる物を穫(かる)べからず修理(ていれ)なしになりたる葡萄(ぶだう)を斂(あつ)むべからず
  12. この年はヨベルにしてなんぢらに聖(きよ)ければなりなんぢらは田野(たはた)の産物をくらふべし
  13.  このヨベルの年にはなんぢらおのおのその産業にかへるべし
  14. なんぢの鄰(となり)に物を賣(う)りまたは汝の鄰(となり)の手より物を買ふ時はなんぢらたがひに相(あひ)欺(あざ)むくべからず
  15. ヨベルの後(のち)の年の數(かず)にしたがひてなんぢその鄰(となり)より買(かふ)ことをなすべし彼もまたその果を得(う)べき年の數(かず)にしたがひてなんぢに賣(うる)ことをなすべきなり
  16. 年の數(かず)多(おほき)ときはなんぢその値(あたひ)を増し年の數(かず)少なきときはなんぢその値(あたひ)を減(へら)すべし即(すなは)ち彼その果(み)の多少にしたがひてこれを汝に賣(う)るべきなり
  17. 汝らたがひに相(あひ)欺(あざ)むくべからず汝の神を畏(おそ)るべし我は汝らの神ヱホバなり
  18.  汝等わが法度(のり)を行(おこな)ひまたわが律法(おきて)を守りてこれを行(おこな)ふべし然(しか)せば汝ら安泰(やすらか)にその地に住(すむ)ことを得(え)ん
  19. 地はその産物を出(いだ)さん汝等は飽(あく)までに食(くら)ひて安泰(やすらか)に其處(そこ)に住(すむ)ことを得(う)べし
  20. 汝等は我等もし第七年に種(たね)をまかずまたその産物を斂(あつ)めずば何を食(くら)はんやと言(いふ)か
  21. 我(われ)命じて第六年に恩澤(めぐみ)を汝等に降(くだ)し三年だけの果(み)を結(むす)ばしむべし
  22. 汝等(なんぢら)第八年には種(たね)を播(まか)ん然(され)ど第九年までその舊(ふる)き果(み)を食(くら)ふことを得(え)んすなはちその果(み)のいできたるまで汝ら舊(ふる)き者を食(くら)ふことを得(う)べし
  23.  地を賣(うる)には限りなく賣(うる)べからず地は我(われ)の有(もの)なればなり汝らは客旅(たびゞと)また寄寓者(やどれるもの)にして我とともに在(あ)るなり
  24. 汝らの産業の地に於(おい)ては凡(すべ)てその地を贖(あがな)ふことを許(ゆる)すべし
  25. 汝の兄弟もし零落(おちぶれ)てその産業を賣(うり)しことあらばその贖業人(あがなひゞと)たる親戚(しんせき)きたりてその兄弟の賣(うり)たる者を贖(あがな)ふべし
  26. 若(もし)また人の之(これ)を贖(あがな)ふ者あらずして己(おのれ)みづから之(これ)を贖(あがな)ふことを得(うる)にいたらば
  27. その賣(うり)てよりの年を數(かぞ)へて之(これ)が餘(あまり)の分をその買主に償(つくの)ふべし然(しか)せばその産業にかへることを得(え)ん
  28. 然(され)ど若(もし)これをその人に償(つくな)ふことを得(え)ずばその賣(うり)たる者は買主の手にヨベルの年まで在(あり)てヨベルに及びてもどさるべし彼すなはちその産業にかへることを得(え)ん
  29.  人(ひと)石垣ある城邑(まち)の内の住宅を賣(うる)ことあらんに賣(うり)てより全(まる)一年の間はこれを贖(あがな)ふことを得(う)べし即(すなは)ち期定(さだめ)の日の内にその贖(あがなひ)をなすべきなり
  30. もし全(まる)一年の内に贖(あがな)ふことなくばその石垣ある城邑(まち)の内の家は買主の者に確定(さだま)りて代々(よゝ)ながくこれに屬(ぞく)しヨベルにももどされざるべし
  31. 然(され)ど周圍(まはり)に石垣あらざる村落(むらむら)の家はその國(くに)の田畝(たはた)の附屬物(つきもの)と見做(みなす)べし是(これ)は贖(あがな)はるべくまたヨベルにいたりてもどさるべきなり
  32. レビ人(びと)の邑々(まちまち)すなはちレビ人(びと)の産業の邑々(まちまち)の家はレビ人(びと)何時(いつ)にても贖(あがな)ふことを得(う)べし
  33. 人もしレビ人(びと)の産業の邑(まち)においてレビ人(びと)より家を買(かふ)ことあらば彼の賣(うり)たる家はヨベルにおよびて返(もど)さるべし其(そ)はレビ人(びと)の邑々(まちまち)の家はイスラエルの子孫の中(うち)に是(これ)がもてる産業なればなり
  34. 但(たゞ)しその邑々(まちまち)の郊地(かうち)の田畝(たはた)は賣(うる)べからず是(これ)その永久の産業なればなり
  35.  汝の兄弟零落(おちぶれ)かつ手(て)慄(ふる)ひて汝の傍(かたはら)にあらば之(これ)を扶助(たす)け之(これ)をして客旅(たびゞと)または寄寓者(やどれるもの)のごとくに汝とともにありて生命(いのち)を保(たも)たしむべし
  36. 汝の兄弟より利(り)をも息(そく)をも取(とる)べからず神を畏(おそ)るべしまた汝の兄弟をして汝とともにありて生命(いのち)を保(たも)たしむべし
  37. 汝かれに利(り)をとりて金(かね)を貸(かす)べからずまた益(えき)を得(え)んとて食物を貸(かす)べからず
  38. 我は汝等の神ヱホバにしてカナンの地を汝らに與(あた)へ且(かつ)なんぢらの神とならんとて汝らをエジプトの國(くに)より導(みちび)きいだせし者なり
  39.  汝の兄弟零落(おちぶれ)て汝に身を賣(うる)ことあらば汝これを奴隸(どれい)のごとくに使役(つかふ)べからず
  40. 彼をして傭人(やとひゞと)または寄寓者(やどれるもの)のごとくにして汝とともに在(あら)しめヨベルの年まで汝に仕(つか)へしむべし
  41. 其時(そのとき)には彼その子女(こども)とともに汝の所より出去(いでさ)りその一族にかへりその父祖等の産業に歸(かへ)るべし
  42. 彼らはエジプトの國(くに)より我(わ)が導(みちび)き出(いだ)せし我の僕(しもべ)なれば身を賣(うり)て奴隸(どれい)となる可(べか)らず
  43. 汝(なんぢ)嚴(きびし)く彼を使ふべからず汝の神を畏(おそ)るべし
  44. 汝の有(も)つ奴隸(どれい)は男女ともに汝の四周(まはり)の異邦人の中(うち)より取(とる)べし男女の奴隸(どれい)は是(かゝ)る者の中(うち)より買(かふ)べきなり
  45. また汝らの中(うち)に寄寓(やどれ)る異邦人の子女(こども)の中(うち)よりも汝ら買(かふ)ことを得(う)また彼等の中(うち)汝らの國に生(うま)れて汝らと偕(とも)に居(を)る人々の家よりも然(しか)り彼等は汝らの所有(もちもの)となるべし
  46. 汝ら彼らを獲(え)て汝らの後(のち)の子孫の所有(もちもの)に遺(のこ)し之(これ)に彼等を有(たも)ちてその所有(もちもの)となさしむることを得(う)べし彼等は永く汝らの奴隸(どれい)とならん然(され)ど汝らの兄弟なるイスラエルの子孫をば汝等たがひに嚴(きび)しく相(あひ)使ふべからす
  47.  汝(なんぢ)の中(うち)なる客旅(たびゞと)又は寄寓者(やどれるもの)にして富(とみ)を致(いた)しその傍(かたはら)に住(すめ)る汝の兄弟零落(おちぶれ)て汝の中(うち)なるその客旅(たびゞと)あるひは寄寓者(やどれるもの)あるひは客旅(たびゞと)の家の分支(わかれ)などに身を賣(う)ることあらば
  48. その身を賣(うり)たる後(のち)に贖(あがな)はるゝことを得(う)その兄弟の一人これを贖(あがな)ふべし
  49. その伯叔(をぢ)または伯叔(をぢ)の子これを贖(あがな)ふべくその家の骨肉(こつにく)の親(しん)たる者これを贖(あがな)ふべしまた若(もし)能(よく)せば自(みづか)ら贖(あがな)ふべし
  50. 然(しか)る時は彼(かれ)己(おのれ)が身を賣(うり)たる年よりヨベルの年までをその買主とともに數(かぞ)へその年の數(かず)にしたがひてその身の代(しろ)の金(かね)を定(さだ)むべしまたその人に仕(つか)へし日は人を傭(やと)ひし日のごとくに數(かぞ)ふべきなり
  51. 若(もし)なほ遺(のこ)れる年多(おほ)からばその數(かず)にしたがひまたその買(かは)れし金(かね)に照(てら)して贖(あがなひ)の金(かね)をその人に償(はら)ふべし
  52. 若(もし)またヨベルの年までに遺(のこ)れる年(とし)少(すくな)からばその人とともに計算をなしその年數にてらして贖(あがなひ)の金を之(これ)に償(はら)ふべし
  53. 彼のその人に仕(つか)ふる事は歳雇(としやとひ)の傭人(やとひゞと)のごとくなるべし汝の目の前において彼を嚴(きびし)く使(つか)はしむべからず
  54. 彼もし斯(か)く贖(あがな)はれずばヨベルの年にいたりてその子女(こども)とともに出(いづ)べし
  55. 是(これ)イスラエルの子孫(ひとびと)は我の僕(しもべ)なるに因(よ)る彼等はわが僕(しもべ)にして我(わ)がエジプトの地より導(みちび)き出(いだ)せし者なり我は汝らの神ヱホバなり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):レビ記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章
15章 16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書