目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

Old Testament「Book of Numbers」
旧約聖書:民數紀略

第2章(CHAPTER 2)

  1. ヱホバ、モーセとアロンに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  2. イスラエルの子孫(ひとびと)は各々(おのおの)その隊の纛(はた)の下に營(えい)を張(はり)てその父祖の旗號(はたじるし)の下に居(を)るべくまた集會の幕屋の四圍(まはり)において之(これ)にむかひて營(えい)を張(はる)べし
  3. 即(すなは)ち日の出(いづ)る方東に於(おい)てはユダの營(えい)の纛(はた)の下につく者その軍旅にしたがひて營(えい)を張りアミナダブの子ナシヨン、ユダの子孫の牧伯(つかさ)となるべし
  4. その軍旅すなはちその核數(かぞへ)られし者は七萬四千六百人
  5. その傍(かたはら)に營(えい)を張る者はイッサカルの支派(わかれ)なるべし而(しか)してツアルの子ネタニエル、イッサカルの子孫の牧伯(つかさ)となるべし
  6. その軍旅すなはちその核數(かぞへ)られし者は五萬四千四百人
  7. またゼブルンの支派(わかれ)これと偕(とも)にありてヘロンの子エリアブ、ゼブルンの子孫の牧伯(つかさ)となるべし
  8. その軍旅すなはちその核數(かぞへ)られし者は五萬七千四百人
  9. ユダの營(えい)の軍旅すなはち核數(かぞへ)られし者は都合(あはせて)十八萬六千四百人是等(これら)の者(もの)首先(いやさき)に進むべし
  10.  また南の方に於(おい)てはルベンの營(えい)の纛(はた)の下につく者その軍旅にしたがひて居(を)りシデウルの子エリヅル、ルベンの子孫の牧伯(つかさ)となるべし
  11. その軍旅すなはちその核數(かぞへ)られし者は四萬六千五百人
  12. その傍(かたはら)に營(えい)を張る者はシメオンの支派(わかれ)なるべし而(しか)してツリシヤダイの子シルミエル、シメオンの子孫の牧伯(つかさ)となるべし
  13. その軍旅すなはちその核數(かぞへ)られし者は五萬九千三百人
  14. ガドの支派(わかれ)これに次ぎデウエルの子エリアサフ、ガドの子孫の牧伯(つかさ)となるべし
  15. その軍旅すなはちその核數(かぞへ)られし者は四萬五千六百五十人
  16. ルベンの營(えい)の軍旅すなはちその核數(かぞへ)られし者は都合(あはせて)十五萬一千四百五十人是等(これら)の者第二番に進むべし
  17.  その次に律法(おきて)の幕屋レビ人(びと)の營(えい)とともに諸營(しょえい)の眞中(まなか)にありて進むべし彼等はその營(えい)を張(はる)がごとくに各々(おのおの)その隊にしたがひその纛(はた)にしたがひて進むべきなり
  18.  また西の方においてはエフライムの營(えい)の纛(はた)の下につく者その軍旅にしたがひて居(を)りアミホデの子エリシヤマ、エフライムの子孫の牧伯(つかさ)となるべし
  19. その軍旅すなはちその核數(かぞへ)られし者は四萬五百人
  20. マナセの支派(わかれ)その傍(かたはら)にありてパダヅルの子ガマリエル、マナセの子孫の牧伯(つかさ)となるべし
  21. その軍旅すなはちその核數(かぞへ)られし者は三萬二千二百人
  22. ベニヤミンの支派(わかれ)これに次ぎギデオニの子アビダン、ベニヤミンの子孫の牧伯(つかさ)となるべし
  23. その軍旅すなはちその數(かぞ)へられし者は三萬五千四百人
  24. ヱフライムの營(えい)の軍旅すなはちその核數(かぞへ)られし者は都合(あはせて)十萬八千一百人是等(これら)の者第三番に進むべし
  25.  また北の方に於(おい)てはダンの營(えい)の纛(はた)の下につく者その軍旅に循(したが)ひて居(を)りアミシヤダイの子アヒエゼル、ダンの子孫の牧伯(つかさ)となるべし
  26. その軍旅すなはちその核數(かぞへ)られし者は六萬二千七百人
  27. その傍(かたはら)に營(えい)を張る者はアセルの支派(わかれ)なるべし而(しか)してオクランの子パギエル、アセルの子孫の牧伯(つかさ)となるべし
  28. その軍旅すなはちその核數(かぞへ)られし者は四萬一千五百人
  29. ナフタリの支派(わかれ)これに次ぎエナンの子アヒラ、ナフタリの子孫の牧伯(つかさ)となるべし
  30. その軍旅すなはちその核數(かぞへ)られし者は五萬三千四百人
  31. ダンの營(えい)の核數(かぞへ)られし者は都合(あはせて)十五萬七千六百人是等(これら)の者その旗號(はたじるし)にしたがひて最後(いやはて)に進むべし
  32.  イスラエルの子孫(ひとびと)のその父祖(ふそ)の家にしたがひて核數(かぞへ)られし者は是(かく)のごとし諸營(しよえい)の軍旅すなはちその核數(かぞへ)られし者は都合(あはせて)六十萬三千五百五十人なりき
  33. 但(たゞ)しレビ人(びと)はイスラエルの子孫(ひとびと)とともに計(かぞ)へらるゝこと無(なか)りきすなはちヱホバのモーセに命じたまへる如(ごと)し
  34. 是(こゝ)においてイスラエルの子孫(ひとびと)ヱホバの凡(すべ)てモーセに命じたまひしごとくに行(おこな)ひ各々(おのおの)その宗族(やから)に依(よ)りその父祖(ふそ)の家に依(よ)りその隊の纛(はた)にしたがひて營(えい)を張りまた進むことを爲(な)せり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):民数紀略 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書