目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

Old Testament「Book of Numbers」
旧約聖書:民數紀略

第4章(CHAPTER 4)

  1. ヱホバまたモーセとアロンに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  2. レビの子孫の中(うち)よりコハテの子孫の總數(そうすう)をその宗族(やから)に依(よ)りその父祖(ふそ)の家にしたがひて計(しら)べ
  3. 三十歳以上五十歳までにして能(よ)く軍団に入り集會(しふくわい)の幕屋に働作(はたらき)をなすことを得(う)る者をことごとく數(かぞ)へよ
  4. コハテの子孫が集會の幕屋においてなすべき勤務(つとめ)は至聖物(いときよきもの)に關(かゝは)る者にして是(かく)のごとし
  5. 即(すなは)ち營(えい)を進むる時はアロンとその子等(こら)まづ往(ゆき)て障蔽(へだて)の幕(まく)を取(とり)おろし之(これ)をもて律法(おきて)の櫃(はこ)を覆(おほ)ひ
  6. その上に[まみ]の皮の蓋(おほひ)をほどこしまたその上に總(そうあを)の布(ぬの)を打(うち)かけその杠(さを)を差(さし)いるべし
  7. また供前(そなへ)のパンの案(つくゑ)の上にはき布を打(うち)かけその上に皿(さら)匙(さじ)杓(しゃく)および酒を灌(そゝ)ぐ[さかづき]を置きまた常供(じゃうく)のパンをその上にあらしめ
  8. 紅(くれなゐ)の布をその上に打(うち)かけ[まみ]の皮の蓋(おほひ)をもてこれを覆(おほ)ひ而(しか)してその杠(さを)を差(さし)いるべし
  9. またき布を取(とり)て燈臺(とうだい)とその盞(さら)その燈鉗(しんかき)その剪燈盤(しんとりざら)および其(それ)に用(もち)ふる諸(もろもろ)の油の器(うつは)を覆(おほ)ひ
  10. [まみ]の皮の蓋(おほひ)の内に燈臺(とうだい)とその諸(もろもろ)の器(うつは)をいれてこれを棹(さを)にかくべし
  11. また金(きん)の壇(だん)の上にき布を打(うち)かけ[まみ]の皮の蓋(おほひ)をもて之(これ)を蓋(おほ)ひその杠(さを)を差(さし)いるべし
  12. また聖所(きよきところ)の役事(つとめ)に用(もち)ふる役事(つとめ)の器(うつは)をことごとく取(とり)き布に裹(つゝ)み[まみ]の皮の蓋(おほひ)をもてこれを蓋(おほ)ひて棹(さを)にかくべし
  13. また壇(だん)の灰を取(とり)さりて紫(むらさき)の布をその壇(だん)に打(うち)かけ
  14. その上に役事(つとめ)をなすに用(もち)ふる諸(もろもろ)の器具(うつは)すなはち火鼎(ひざら)肉叉(にくさし)[じうのう] 鉢(はち)および壇(だん)の一切(すべて)の器具(うつは)をこれに載(の)せ[まみ]の皮の蓋(おほひ)をその上に打(うち)かけ而(しか)してその杠(さを)を差(さし)とほすべし
  15. 營(えい)を進むるにあたりてアロンとその子等(こら)聖所(きよきところ)と聖所(きよきところ)の一切(すべて)の器具(うつは)を蓋(おほ)ふことを畢(をは)りたらば即(すなは)ちコハテの子孫いり來(きた)りてこれを舁(かく)べし然(さり)ながら彼等は聖物(きよきもの)に捫(さは)るべからず恐(おそら)くは死(しな)ん集會の幕屋の中(うち)なる是等(これら)の物はコハテの子孫の擔(にな)ふべき者なり
  16. 祭司(さいし)アロンの子エレアザルは燈火(ともしび)の油(あぶら)馨(かうば)しき香(かう)常供(じやうく)の素祭(そさい)および灌膏(そゝぎあぶら)を司(つかさ)どりまた幕屋(まくや)の全體(ぜんたい)とその中(うち)なる一切(すべて)の聖物(きよきもの)および其處(そこ)の諸(もろもろ)の器具(うつは)を司(つかさ)どるべし
  17.  ヱホバまたモーセとアロンに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  18. 汝等(なんぢら)コハテ人(びと)の宗族(やから)の者をしてレビ人(びと)の中(うち)より絶(たゝ)るゝに至らしむる勿(なか)れ
  19. 彼等が至聖物(いときよきもの)に近(ちかづ)く時に生命(いのち)を保(たも)ちて死(しぬ)ることなからん爲(ため)に汝等かく之(これ)に爲(なす)べし即(すなは)ちアロンとその子等(こら)まづ入り彼等をして各箇(おのおの)その役事(はたらき)に就(つか)しめその擔(にな)ふべき物を取(とら)しむべし
  20. 彼等は入(いり)て須臾(しばらく)も聖物(きよきもの)を觀(み)るべからず恐らくは死(しな)ん
  21.  ヱホバまたモーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  22. 汝(なんぢ)ゲルシヨンの子孫の總數(そうすう)をその父祖(ふそ)の家に依(よ)りその宗族(やから)に循(したが)ひてしらべ
  23. 三十歳以上五十歳までにして能(よ)く軍團(ぐんだん)に入り集會の幕屋に動作(はたらき)をなすことを得(う)る者をことごとく數(かぞ)へよ
  24. ゲルシヨン人(びと)の働(はたら)く事と擔(にな)ふ物は是(かく)のごとし
  25. 即(すなは)ち彼等は幕屋(まくや)の幕と集會の天幕およびその頂蓋(おほひ)とその上なる[まみ]の皮の蓋(おひ)ならびに集會の天幕の入口の幔(とばり)を擔(にな)ひ
  26. 庭の幕および幕屋と壇(だん)の周圍(まはり)なる庭の門の入口の幔(とばり)とその繩(なは)ならびにそれに用(もち)ふる諸(もろもろ)の器具(うつは)と其(それ)がために造(つくれ)る一切(すべて)の物を擔(にな)ふべし斯(かく)動作(はたらく)べきなり
  27. ゲルシヨンの子孫の一切(すべて)の役事(はたらき)すなはちその擔(にな)ふところと働(はたら)くところはアロンとその子等の命(めい)に循(したが)ふべきなり汝等は彼等にその擔(にな)ふべき物を割(わり)交(わた)してこれを守らしむべし
  28. ゲルシヨンの子孫の宗族(やから)が集會の幕屋において爲(なす)べき動作(はたらき)は是(かく)のごとし彼等の守る所は祭司アロンの子イタマルこれを監督(つかさど)るべし
  29.  メラリの子孫もまた汝(なんぢ)これをその宗族(やから)に依(よ)りその父祖(ふそ)の家に循(したが)ひて計(しら)べ
  30. 三十歳以上五十歳までにして能(よ)く軍團(ぐんだん)に入り集會の幕屋において勤務(つとめ)をなすことを得(う)る者を盡(ことごと)く數(かぞ)へよ
  31. 彼等が集會の幕屋(まくや)において爲(なす)べき一切(すべて)の役事(はたらき)すなはちその擔(にな)ひ守るべき物は是(かく)のごとし幕屋の板その横木(よこぎ)その柱その座(ざ)
  32. 庭の四周(まはり)の柱その座(ざ)その釘(くぎ)その繩(なは)およびこれがために用(もち)ふる一切(すべて)の器具(うつは)なり彼等が擔(にな)ひ守るべき器具(うつは)は汝等その名を按(しら)べて之(これ)を數(かぞ)ふべし
  33. 是(これ)すなはちメラリの子孫の族(やから)がなすべき役事(はたらき)にして彼等は祭司(さいし)アロンの子イタマルの監督(かんとく)をうけて集會の幕屋において此(この)すべての役事(はたらき)を爲(なす)べきなり
  34.  是(こゝ)においてモーセとアロンおよび會衆(くわいしう)の牧伯(つかさ)等コハテの子孫をその宗族(やから)に依(よ)りその父祖(ふそ)の家にしたがひてしらべ
  35. 三十歳以上五十歳までにして能(よ)く軍團(ぐんだん)に入り集會の幕屋において勤務(つとめ)をなすことを得(う)る者を盡(ことごと)く數(かぞ)へたるに
  36. その宗族(やから)にしたがひて數(かぞ)へられし者二千七百五十人ありき
  37. 是(これ)すなはちコハテ人(びと)の族(やから)の數(かぞ)へられし者にして皆(みな)集會の幕屋に於(おい)て役事(はたらき)をなすことを得(う)る者なりモーセとアロン、ヱホバがモーセによりて命じたまひし所にしたがひて之(これ)を數(かぞ)へたり
  38.  またゲルシヨンの子孫をその宗族(やから)に依(よ)りその父祖(ふそ)の家に循(したが)ひて計(しら)べ
  39. 三十歳以上五十歳までにして能(よ)く軍團(ぐんだん)に入り集會の幕屋において勤務(つとめ)をなすことを得(う)る者を數(かぞ)へたるに
  40. その宗族(やから)に依(よ)りその父祖(ふそ)の家に循(したが)ひて數(かぞ)へられし者二千六百三十人ありき
  41. 是(これ)すなはちゲルシヨンの子孫の族(やから)の數(かぞ)へられし者にして皆集會の幕屋において勤務(つとめ)をなすことを得(う)る者なりモーセとアロン、ヱホバの命(めい)にしたがひて之(これ)を數(かぞ)へたり
  42.  またメラリの子孫の族(やから)をその宗族(やから)に依(よ)りその父祖(ふそ)の家に循(したが)ひて計(しら)べ
  43. 三十歳以上五十歳までにして能(よ)く軍團(ぐんだん)に入り集會の幕屋において勤務(つとめ)をなすことを得(う)る者を數(かぞ)へたるに
  44. その宗族(やから)にしたがひて數(かぞ)へられし者三千二百人ありき
  45. 是(これ)すなはちメラリの子孫の族(やから)の數(かぞ)へられし者なりモーセとアロン、ヱホバのモーセによりて命じたまひし所にしたがひて之(これ)を數(かぞ)へたり
  46.  モーセとアロンおよびイスラエルの牧伯等(つかさたち)レビ人(びと)をその宗族(やから)に依(よ)りその父祖(ふそ)の家にしたがひてしらべ
  47. 三十歳以上五十歳までにして能(よ)く來(きた)りて集會の幕屋の役事(はたらき)を爲(な)し且(かつ)これを擔(にな)ふ業(わざ)を爲(な)す者を數(かぞ)へたるに
  48. その數(かぞ)へられしものの數(かず)都合(あはせて)八千五百八十人なりき
  49. ヱホバの命(めい)にしたがひてモーセかれらを數(かぞ)へ彼等をして各人(おのおの)その役事(はたらき)に就(つか)しめかつその擔(にな)ふ所をうけもたしめたりヱホバの命(めい)にしたがひて數(かぞ)へたるところ是(かく)のごとし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):民数紀略 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書