目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

Old Testament「Book of Numbers」
旧約聖書:民數紀略

第5章(CHAPTER 5)

  1. ヱホバ、モーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  2. イスラエルの子孫(ひとびと)に命じて癩病人(らいびゃうにん)と流出(りうしゅつ)ある者と死骸(しかばね)に汚(けが)されたる者とを盡(ことごと)く營(えい)の外に出(いだ)さしめよ
  3. 男女をわかたず汝等これを出(いだ)して營(えい)の外に居(をら)しめ彼等をしてその營(えい)を汚(けが)さしむべからず我その諸營(しょえい)の中に住(すむ)なり
  4. イスラエルの子孫(ひとびと)かく爲(な)して之(これ)を營(えい)の外に出(いだ)せりすなはちヱホバのモーセに告(つげ)たまひし如(ごと)くにイスラエルの子孫(ひとびと)然(かく)なしぬ
  5.  ヱホバまたモーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  6. イスラエルの子孫(ひとびと)に告(つげ)よ男または女もし人の犯(をか)す罪を犯してヱホバに悖(もと)りその身(み)罪ある者とならば
  7. その犯(をか)せし罪を言(いひ)あらはしその物の代價(あたひ)にその五分の一を加(くは)へてこれを己(おの)が罪を犯せる者に付(わた)してその償(つくのひ)を爲(なす)べし
  8. 然(され)ど若(もし)その罪の償(つくのひ)を受(うく)べき親戚(しんせき)その人にあらざる時はその罪の償(つくのひ)をヱホバになして之(これ)を祭司(さいし)に歸(き)せしむべしまた彼のために用(もち)ひて贖(あがなひ)をなすところの贖罪(あがなひ)の牡羊(をひつじ)も祭司に歸(き)す
  9. イスラエルの子孫(ひとびと)の擧祭(きよさい)となして祭司に携(たづさ)へ來(きた)る所の聖物(きよきもの)は皆(みな)祭司に歸(き)す
  10. 諸(すべて)の人の聖別(きよめ)て献(さゝぐ)る物は祭司に歸(き)し凡(すべ)て人の祭司に付(わた)す物は祭司に歸(き)するなり
  11.  ヱホバ、モーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  12. イスラエルの子孫(ひとびと)に告(つげ)てこれに言へ人の妻(つま)道ならぬ事を爲(なし)てその夫(をつと)に罪を犯すあり
  13. 人かれと交合(かうがふ)したるにその事夫の目にかくれて露顯(あらはれ)ず彼その身を汚(けが)したれどこれが證人となる者なく彼またその時に執(とら)へられもせざるあり
  14. すなはち妻その身を汚(けが)したる事ありて夫(をつと)猜疑(うたがひ)の心を起してその妻を疑ふことあり又は妻その身を汚(けが)したる事なきに夫(をつと)猜疑(うたがひ)の心を起してその妻を疑ふことある時は
  15. 夫(をつと)その妻を祭司(さいし)の許(もと)に携(たづさ)へきたり大麥(おほむぎ)の粉(こ)一エパの十分の一をこれがために禮物(そなへもの)として持(もち)きたるべしその上に油を灌(そゝぐ)べからずまた乳香(にうかう)を加(くは)ふべからず是(これ)は猜疑(うたがひ)の禮物(そなへもの)記念(おぼえ)の禮物(そなへもの)にして罪を誌(おぼ)えしむる者なればなり
  16.  祭司はまたその婦人(をんな)を近く進ませてヱホバの前に立(たゝ)しめ
  17. 瓦(やきもの)の器(うつは)に聖水(きよきみづ)を入れ幕屋の下の地の土を取(とり)てその水に放(はな)ち
  18. 其(その)婦人(をんな)をヱホバの前に立(たゝ)せ婦人(をんな)にその頭(かしら)を露(あらは)さしめて記念(おぼえ)の禮物(そなへもの)すなはち猜疑(うたがひ)の禮物(そなへもの)をその手に持(もた)すべし而(しか)して祭司は詛(のろひ)を來(きた)らするところの苦(にが)き水を手に執(と)り
  19. 婦(をんな)を誓(ちかは)せてこれに言(いふ)べし人もし汝(なんぢ)と寝(いね)たる事あらず汝また汝の夫を措(おき)て道ならぬ事を爲(なし)て汚穢(けがれ)に染(そみ)しこと無(なく)ば詛(のろひ)を來(きたら)する此(この)苦水(にがきみづ)より害を受(うく)ること有(あら)ざれ
  20. 然(され)ど汝もし汝の夫を措(お)き道ならぬ事を爲(なし)てその身を汚(けが)し汝の夫ならざる人と寝(いね)たる事あらば
  21. (祭司その婦人(をんな)をして詛(のろひ)を來(きた)らする誓(ちかひ)をなさしめて祭司その婦人(をんな)に言(いふ)べし)ヱホバ汝の腿(もゝ)を痩(やせ)しめ汝の腹(はら)を脹(ふく)れしめ汝をして汝の民(たみ)の指(さし)て詛(のろ)ふ者指(さし)て誓(ちか)ふ者とならしめたまへ
  22. また詛(のろひ)を來(きた)らするこの水(みづ)汝(なんぢ)の腸(はらわた)にいりて汝の腹(はら)を脹(ふく)れさせ汝の腿(もゝ)を痩(やせ)させんとその時婦人(をんな)はアーメン、アーメンと言(いふ)べし
  23.  而(しか)して祭司この詛(のろひ)を書(ふみ)に筆記(かきしる)しその苦水(にがきみづ)にて之(これ)を洗(あらひ)おとし
  24. 婦人(をんな)をしてその詛(のろひ)を來(きた)らする水を飮(のま)しむべしその詛(のろひ)を來(きた)らする水かれの中(うち)にいりて苦(にがく)ならん
  25. 祭司(さいし)まづその婦人(をんな)の手より猜疑(うたがひ)の禮物(そなへもの)を取りその禮物(そなへもの)をヱホバの前に搖(ふり)てこれを壇(だん)に持來(もちきた)り
  26. 而(しか)して祭司(さいし)其(その)禮物(そなへもの)の中(うち)より記念(おぼえ)の分(ぶん)一握(ひとつかみ)をとりて之(これ)を壇(だん)の上に焚(や)き然(しか)る後(のち)婦人(をんな)にその水を飮(のま)しむべし
  27. その水を之(これ)に飮(のま)しめたる時はもしかれその身を汚(けが)し夫に罪を犯したる事あるに於(おい)てはその詛(のろひ)を來(きた)らする水かれの中(うち)に入(いり)て苦(にが)くなりその腹(はら)脹(ふく)れその腿(もゝ)痩(やせ)て自己(おのれ)はその民(たみ)の指(さし)て詛(のろ)ふ者とならん
  28. 然(され)ど彼もしその身を汚(けが)しゝ事あらずして潔(きよ)からば害を受(うけ)ずして能(よ)く子を生(うま)ん
  29.  是(これ)すなはち猜疑(うたがひ)の律法(おきて)なり妻たる者その夫を措(お)き道ならぬ事を爲(なし)て身を汚(けが)しゝ時
  30. また夫たる者猜疑(うたがひ)の心を起(おこ)してその妻を疑ふ時はその婦人(をんな)をヱホバの前におきて祭司(さいし)その律法(おきて)のごとく之(これ)に行(おこな)ふべきなり
  31. 斯(かく)せば夫は罪なく妻はその罪を任(おは)ん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):民数紀略 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書