目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

Old Testament「Book of Numbers」
旧約聖書:民數紀略

第8章(CHAPTER 8)

  1. ヱホバまたモーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  2. アロンに告(つげ)て之(これ)に言へ汝(なんぢ)燈火(ともしび)を燃(とも)す時は七(なゝつ)の燈盞(ともしびざら)をして均(ひとし)く燈臺(とうだい)の前を照(てら)さしむべし
  3. アロンすなはち然(しか)なし燈火(ともしび)を燈臺(とうだい)の前の方にむけて燃(とも)せりヱホバのモーセに命じたまへる如(ごと)し
  4. 燈臺(とうだい)の作法(つくり)は是(かく)のごとし是(これ)は槌(つち)にて椎(うち)て作れる者(もの)即(すなは)ちその臺座(だいざ)よりその花まで槌(つち)にて椎(うち)て作れる者なりモーセ、ヱホバの己(おのれ)に示したまへる式樣(ひながた)にてらしてこの燈臺(とうだい)を作れり
  5.  ヱホバ、モーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  6. レビ人(びと)をイスラエルの子孫(ひとびと)の中(うち)より取(とり)てこれを潔(きよ)めよ
  7. 汝(なんぢ)かく彼らに爲(なし)て之(これ)を潔(きよ)むべし即(すなは)ち罪を潔(きよ)むる水を彼等に灑(そゝ)ぎかけ彼等にその身をことごとく剃(そら)しめその衣服(ころも)を洗(あら)はしめて之(これ)を潔(きよ)め
  8. 而(しか)して彼等に若き牡牛(をうし)一匹(ひとつ)と麥粉(むぎこ)に油を和(まじへ)たる者を取(とら)しめよ汝また別(ほか)に若き牡牛(をうし)を罪祭(ざいさい)のために取(とる)べし
  9. 斯(かく)て汝(なんぢ)レビ人(びと)を集會の幕屋の前に携(つれ)きたりてイスラエルの子孫(ひとびと)の全會(ぜんくわい)を集め
  10. 而(しか)してレビ人(びと)をヱホバの前に進ましめてイスラエルの子孫(ひとびと)に其(その)手をレビ人(びと)の上に按(おか)しむべし
  11. 而(しか)してイスラエルの子孫(ひとびと)の爲(ため)にレビ人(びと)を搖祭(えうさい)となしてヱホバの前に献(さゝ)ぐべし是(これ)彼らをしてヱホバの勤務(つとめ)を爲(なさ)しめんためなり
  12. 斯(かく)て汝レビ人(びと)にその手をかの牛の頭(かしら)に按(おか)しめその一(ひとつ)を燔祭(はんさい)となしてヱホバに献(さゝ)げ之(これ)をもてレビ人(びと)のために贖罪(あがなひ)をなすべし
  13. 即(すなは)ちレビ人(びと)をアロンとその子等(こら)の前に立(たゝ)しめ之(これ)を搖祭(えうさい)となしてヱホバに献(さゝ)ぐべし
  14.  汝(なんぢ)レビ人(びと)をイスラエルの子孫(ひとびと)の中(うち)より區分(わか)ちレビ人(びと)をしてわが所屬(もの)とならしむべし
  15. 斯(かく)て後(のち)レビ人(びと)は入(いり)て集會の幕屋の役事(はたらき)をなすべし汝かれらを潔(きよ)め之(これ)を献(さゝ)げて搖祭(えうさい)となすべし
  16. 彼らはイスラエルの子孫(ひとびと)の中(うち)よりして我に献(さゝ)げらるゝ者なりイスラエルの子孫(ひとびと)の中(うち)なる始(はじめ)に生れたる者すなはちその首出子(うひご)の代(かはり)に我かれらを取(とる)なり
  17. イスラエルの子孫(ひとびと)の中(うち)の首出子(うひご)は人たるも獣(けもの)たるも凡(すべ)てわが所屬(もの)となるべし其(そ)は我エジプトの地において首出子(うひご)を盡(ことごと)く撃(うち)ころしたる時に彼等を聖者(きよきもの)となして我に屬(ぞく)せしめたればなり
  18. 是(こゝ)をもて我イスラエルの子孫(ひとびと)の中(うち)の一切(すべて)の首出子(うひご)の代(かはり)にレビ人(びと)を取(とる)なり
  19. 我イスラエルの子孫(ひとびと)の中(うち)よりレビ人(びと)を取(とり)て之(これ)をアロンとその子等(こら)に與(あた)へ之(これ)をして集合の幕屋においてイスラエルの子孫(ひとびと)に代(かはり)てその役事(はたらき)を爲(なさ)しめまたイスラエルの子孫(ひとびと)のために贖罪(あがなひ)をなさしめん是(これ)イスラエルの子孫(ひとびと)が聖所(きよきところ)に近(ちかづ)く時にイスラエルの子孫(ひとびと)の中(うち)に災害(わざはひ)の起(おこら)ざらんためなり
  20.  モーセとアロンおよびイスラエルの子孫(ひとびと)の全會衆(ぜんくわいしう)ヱホバがレビ人(びと)の事につきてモーセに命じたまへる所に悉(ことごと)くしたがひてレビ人(びと)におこなへり即(すなは)ちイスラエルの子孫(ひとびと)かくの如(ごと)く彼等に行(おこな)ひたり
  21. レビ人(びと)是(こゝ)に於(おい)てその身を潔(きよ)め衣服(ころも)を洗(あら)ひたればアロンかれらをヱホバの前に献(さゝげ)て搖祭(えうさい)となしアロンまた彼らのために贖罪(あがなひ)をなして之(これ)を潔(きよ)めたり
  22. 斯(かく)て後(のち)レビ人(びと)は集會の幕屋に入(いり)てアロンとその子等(こら)の前にてその役事(はたらき)を爲(なせ)り彼等はレビ人(びと)の事につきてヱホバのモーセに命じたまへる所に循(したが)ひて斯(かく)のごとく之(これ)を行(おこな)ひたり
  23.  ヱホバまたモーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  24. レビ人(びと)は斯(かく)なすべし即(すなは)ち二十五歳以上の者は軍団に入(いり)て集會(しふくわい)の幕屋(まくや)の役事(はたらき)をなすべし
  25. 然(され)ど五十歳よりは軍団を退(しりぞ)きて休み重(かさね)て役事(はたらき)をなすべからず
  26. 唯(たゞ)集會(しふくわい)の幕屋(まくや)においてその兄弟等をつかさどり且(かつ)伺(うかゞ)ひ守ることを勤(つと)むべし役事(はたらき)を爲(な)すべからず汝(なんぢ)レビ人(びと)をしてその職務(つとめ)をなさしむるには斯(かく)のごとくなすべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):民数紀略 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書