目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

Old Testament「Book of Numbers」
旧約聖書:民數紀略

第10章(CHAPTER 10)

  1. ヱホバ、モーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  2. 汝(なんぢ)銀の喇叭(らつぱ)二本(ふたつ)を製(つく)れ即(すなは)ち槌(つち)にて椎(うち)て之(これ)を製(つく)り之(これ)を用ひて人を呼集(よびあつ)めまた營(えい)を進ますべし
  3. この二者(ふたつ)を吹(ふく)ときは全會衆(ぜんくわいしう)集會の幕屋の門(かど)に集りて汝に就(つく)べし
  4. もし只(たゞ)その一(ひとつ)を吹く時はイスラエルの千人の長(かしら)たるその牧伯等(つかさたち)集りて汝に就(つく)べし
  5. 汝等これを吹鳴(ふきなら)す時は東の方に營(えい)を張る者途(みち)に進むべし
  6. また二次(ふたゝび)これを吹(ふき)ならす時は南の方に營(えい)を張る者途(みち)に進むべし凡(すべ)て途(みち)に進まんとする時は音(おと)長く喇叭(らつぱ)を吹(ふき)ならすべし
  7. また會衆(くわいしう)を集むる時にも喇叭(らつぱ)をふくべし但(たゞ)し音長くこれを吹(ふき)ならすべからず
  8. アロンの子等の祭司たる者どもその喇叭(らつぱ)を吹(ふく)べし是(これ)すなはち汝らが代々(よゝ)ながく守るべき例(のり)たるなり
  9. また汝らの國(くに)において汝等その己(おのれ)を攻(せむ)るところの敵と戰はんとて出(いづ)る時は喇叭(らつぱ)を吹(ふき)ならすべし然(しか)せば汝等の神ヱホバ汝らを記憶(おぼえ)て汝らをその敵の手より救(すく)ひたまはん
  10. また汝らの喜樂(よろこび)の日汝らの節期(せつき)および月々の朔日(ついたち)には燔祭(はんさい)の上と酬恩祭(しうおんさい)の犠牲(いけにへ)の上に喇叭(らつぱ)を吹(ふき)ならすべし然(しか)せば汝らの神これに由(より)て汝らを記憶(おぼえ)たまはん我は汝らの神ヱホバ也(なり)
  11.  斯(かく)て第二年の二月の二十日に雲(くも)律法(おきて)の幕屋(まくや)を離れて昇(のぼ)りければ
  12. イスラエルの子孫(ひとびと)シナイの野より出(い)でて途(みち)に進みたりしがパランの野にいたりて雲(くも)止(とゞま)れり
  13. 斯(かく)かれらはヱホバのモーセによりて命じたまへるところに遵(したが)ひて途(みち)に進むことを始めたり
  14. 首先(いやさき)にはユダの子孫の營(えい)の纛(はた)の下につく者その軍旅にしたがひて進めりユダの軍旅の長(かしら)はアミナダブの子ナシヨン
  15. イッサカルの子孫の支派(わかれ)の軍旅の長(かしら)はツアルの子ネタニエル
  16. ゼブルンの子孫の支派(わかれ)の軍旅の長(かしら)はへロンの子エリアブなりき
  17.  乃(すなは)ち幕屋(まくや)を取(とり)くづしゲルシヨンの子孫およびメラリの子孫幕屋を擔(にな)ひて進めり
  18. 次にルベンの營(えい)の纛(はた)の下につく者その軍旅にしたがひて進めりルベンの軍旅の長(かしら)はシデウルの子エリヅル
  19. シメオンの子孫の支派(わかれ)の軍旅の長(かしら)はツリシヤダイの子シルミエル
  20. ガドの子孫の支派(わかれ)の軍旅の長(かしら)はデウエルの子エリアサフなりき
  21.  コハテ人(びと)聖所(きよきところ)を擔(にな)ひて進めり是(これ)が至るまでに彼その幕屋を建(たて)をはる
  22. 次にエフライムの子孫の營(えい)の纛(はた)の下につく者その軍旅にしたがひて進めりヱフライムの軍旅の長(かしら)はアミホデの子エリシヤマ
  23. マナセの子孫の支派(わかれ)の軍旅の長(かしら)はパダヅルの子ガマリエル
  24. ベニヤミンの子孫の支派(わかれ)の軍旅の長(かしら)はギデオニの子アビダンなりき
  25.  次にダンの子孫の營(えい)の纛(はた)の下につく者その軍旅にしたがひて進めりこの軍旅は諸營(しよえい)の後驅(あとおさへ)なりきダンの軍旅の長(かしら)はアミシヤダイの子アヒエゼル
  26. アセルの子孫の支派(わかれ)の軍旅の長(かしら)はオクランの子パギエル
  27. ナフタリの子孫の支派(わかれ)の軍旅の長(かしら)はエナンの子アヒラなりき
  28. イスラエルの子孫(ひとびと)はその途(みち)に進む時は是(かく)のごとくその軍旅にしたがひて進みたり
  29.  茲(こゝ)にモーセその外舅(しふと)なるミデアニ人(びと)リウエルの子ホバブに言(いひ)けるは我等はヱホバが甞(かつ)て我これを汝等に與(あた)へんと言(いひ)たまひし處(ところ)に進み行(ゆく)なり汝(なんぢ)も我等とともに來(きた)れ我等汝をして幸福(さいはひ)ならしめん其(そ)はヱホバ、イスラエルに福祉(さいはひ)を降(くだ)さんと言(いひ)たまひたればなり
  30. 彼モーセに言ふ我は往(ゆか)じ我はわが國(くに)に還(かへ)りわが親族(しんぞく)に至らん
  31. モーセまた言(いひ)けるは請(こ)ふ我等を棄去(すてさる)なかれ汝は我儕(われら)が曠野(あれの)に營(えい)を張るを知(しれ)ば願(ねがは)くは我儕(われら)の目となれ
  32. 汝(なんぢ)もし我儕(われら)とともに往(ゆか)ばヱホバの我儕(われら)に降(くだ)したまふところの福祉(さいはひ)を我儕(われら)また汝にもおよぼさん
  33.  斯(かく)て彼等ヱホバの山をたち出(いで)て三日路(みつかぢ)ほど進み行(ゆけ)りヱホバの契約(けいやく)の櫃(はこ)その三日路の間(あひだ)かれらに先だち行(ゆき)て彼等の休息所(やすみどころ)を尋(たづ)ね覓(もと)めたり
  34. 彼等營(えい)を出(いで)て途(みち)に進むに當(あた)りて晝(ひる)はヱホバの雲かれらの上にありき
  35.  契約(けいやく)の櫃(はこ)の進まんとする時にはモーセ言(いへ)りヱホバよ起(たち)あがりたまへ然(さら)ば汝の敵は打散(うちちら)され汝を惡(にく)む者等は汝の前より逃(にげ)さらんと
  36. またその止(とゞ)まる時は言(いへ)りヱホバよ千萬(ちよろず)のイスラエル人(びと)に歸(かへ)りたまへ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):民数紀略 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書