目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

Old Testament「Book of Numbers」
旧約聖書:民數紀略

第13章(CHAPTER 13)

  1. 茲(こゝ)にヱホバ、モーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  2. 汝(なんぢ)人を遣(つかは)して我(わ)がイスラエルの子孫(ひとびと)に與(あた)ふるカナンの地を窺(うかゞ)はしめよ即(すなは)ち支派(わかれ)ごとに一人を取(とり)て之(これ)を遣(つかは)すべし其(その)人々は皆かれらの中(うち)の牧伯(つかさ)たる者なるべし
  3. モーセすなはちヱホバの命(めい)にしたがひてパランの曠野(あらの)よりこれを遣(つかは)せりその人等は皆イスラエルの子孫(ひとびと)の領袖(かしら)たる者なり
  4. その名は是(かく)のごとしルベンの支派(わかれ)にてはザックルの子シヤンマ
  5. シメオンの支派(わかれ)にてはホリの子シヤパテ
  6. ユダの支派(わかれ)にてはエフンネの子カルブ
  7. イッサカルの支派(わかれ)にてはヨセフの子イガル
  8. エフライムの支派(わかれ)にてはヌンの子ホセア
  9. ベニヤミンの支派(わかれ)にてはラフの子パルテ
  10. ゼブルンの支派(わかれ)にてはソデの子ガデエル
  11. ヨセフの支派(わかれ)すなはちマナセの支派(わかれ)にてはスシの子ガデ
  12. ダンの支派(わかれ)にてはゲマリの子アンミエル
  13. アセルの支派(わかれ)にてはミカエルの子セトル
  14. ナフタリの支派(わかれ)にてはワフシの子ナヘビ
  15. ガドの支派(わかれ)にてはマキの子ギウエル
  16. 是(これ)すなはちモーセがその地を窺(うかゞ)はしめんとて遣(つかは)したる人々の名なり時にモーセ、ヌンの子ホセアをヨシユアと名(なづ)けたり
  17.  モーセかれらを遣(つか)はしてカナンの地を窺(うかゞ)はしめんとして之(これ)に言(いひ)けるは汝等その南の方に赴(おもむ)きて山に登り
  18. その地の如何(いかん)と其處(そこ)に住む民(たみ)の強(つよき)か弱(よはき)か多(おほき)か寡(すくなき)かを觀(み)
  19. またその住(すむ)ところの地は善(よき)か惡(あしき)か其(その)住(すむ)ところの邑々(まちまち)は如何(いか)なるものなるか彼等は天幕(てんまく)に住(すみ)をるか城の邑(まち)に住(すみ)をるかを觀(み)
  20. またその地は腴(ゆたか)なるか痩(やせ)たるか其中(そのうち)に樹あるや否(いなや)を觀(み)よ汝等(なんぢら)勇(いさま)しかれその地の果物(くだもの)を携(たづさ)へきたれよとこの時は葡萄(ぶだう)の熟(じゆく)し始(はじ)むる時なりき
  21.  是(こゝ)において彼等上(のぼ)りゆきてその地を窺(うかゞ)ひチンの曠野(あらの)よりレホブにおよべり是(これ)はハマテに近(ちか)し
  22. 彼等すなはち南の方に上(のぼ)りゆきてヘブロンにいたれり此(こゝ)にはアナクの子アヒマン、セシヤイおよびタルマイあり(ヘブロンはエジプトのゾアンよりも七年前に建(たて)たる者なり)
  23. 彼らつひにエシコルの谷にいたり其處(そこ)より一球(ひとふさ)の葡萄(ぶだう)のなれる枝を[きり]とりてこれを杠(さを)に貫(つらぬ)き二人してこれを擔(にな)へりまた石榴(ざくろ)と無花果(いちじく)を取(とれ)り
  24. イスラエルの子孫(ひとびと)其處(そこ)より葡萄(ぶだう)一球(ひとふさ)を[きり]とりしが故(ゆゑ)にその處(ところ)をエシコル(一球(ひとふさ)の葡萄(ぶだう))の谷と稱(とな)ふ
  25.  彼ら四十日を經(へ)その地を窺(うかゞ)ふことを竟(をへ)て歸(かへ)り
  26. パランの曠野(あらの)なるカデシに至りてモーセとアロンおよびイスラエルの子孫(ひとびと)の全會衆(ぜんくわいしう)に就(つ)きかれらと全會衆にその復命(かへりごと)を申しその地の果物(くだもの)をこれに見(しめ)せり
  27. 彼等すなはちモーセに語りて言ふ我等は汝(なんぢ)が遣(つかは)しゝ地にいたれり誠(まこと)に其處(そこ)は乳(ちゝ)と蜜(みつ)とながる是(これ)その果物(くだもの)なり
  28. 然(さり)ながらその地に住む民は猛(たけ)くその邑々(まちまち)は堅固(けんご)にして甚(はなは)だ大(おほい)なり我等またアナクの子孫の其處(そこ)にをるを見たり
  29. またアマレキ人(びと)その南の地に住みヘテ人(びと)エブス人(びと)およびアモリ人(びと)その山々に住みカナン人(びと)その海邊(うみべ)とヨルダンの邊(ほとり)に住(すみ)をると
  30.  時にカルブ、モーセの前に民を靜(しづ)めて言(いひ)けるは我等直(たゞち)に上(のぼ)りゆきて之(これ)を攻取(せめとら)ん我等は必ずこれに勝(かつ)ことを得(え)ん
  31. 然(され)ど彼とともに往(ゆき)たる人々は言ふ我等はかの民の所に攻上(せめのぼ)ることを得(え)ず彼らは我らよりも強ければなりと
  32. 彼等すなはちその窺(うかゞ)ひたりし地の事をイスラエルの子孫(ひとびと)の中(うち)に惡(あし)く言(いひ)ふらして云(いは)く我等が行巡(ゆきめぐ)りて窺(うかゞ)ひたる地は其(その)中(うち)に住む者を呑(のみ)ほろぼす地なり且(かつ)またその中(うち)に我等が見し民はみな身幹(たけ)たかき人なりし
  33. 我等またアナクの子ネピリムを彼處(かしこ)に見たり是(これ)ネピリムより出(いで)たる者なり我儕(われら)は自(みづか)ら見るに蝗(いなご)のごとくまた彼らにも然(しか)見なされたり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):民数紀略 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書