目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

Old Testament「Book of Numbers」
旧約聖書:民數紀略

第15章(CHAPTER 15)

  1. 茲(こゝ)にヱホバ、モーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  2. イスラエルの子孫(ひとびと)に告(つげ)て之(これ)に言へ我(わ)が汝等(なんぢら)に與(あた)へて住(すま)しむる地に汝等(なんぢら)到(いた)り
  3. ヱホバに火祭(くわさい)を献(さゝぐ)る時すなはち願(ぐわん)を還(はた)す時期(をり)又は自意(こゝろより)の禮物(そなへもの)を爲(なす)の時期(をり)または汝らの節期(せつき)にあたりて牛あるひは羊(ひつじ)をもて燔祭(はんさい)または犠牲(いけにへ)を献(さゝ)げてヱホバに馨(かうば)しき香(にほひ)を奉(たてま)つる時は
  4. その禮物(そなへもの)をヱホバに献(さゝぐ)る者もし羔羊(こひつじ)をもて燔祭(はんさい)あるひは犠牲(いけにへ)となすならば麥粉(むぎこ)十分の一に油一ヒンの四分の一を混和(まじへ)たるをその素祭(そさい)として供(そな)へ酒一ヒンの四分の一をその灌祭(くわんさい)として供(そな)ふべし
  5. 若(もし)また牡羊(をひつじ)を之(これ)に用ふるならば麥粉(むぎこ)十分の二に油一ヒンの三分の一を混和(まじへ)たるをその素祭(そさい)として供(そな)へ
  6. また酒一ヒンの三分の一をその灌祭(くわんさい)として献(さゝ)げヱホバに馨(かうば)しき香(にほひ)をたてまつるべし
  7. 汝(なんぢ)また願還(ぐわんはたし)あるひは酬恩祭(しうおんさい)をヱホバになすに當(あた)りて牡牛(をうし)をもて燔祭(はんさい)あるひは犠牲(いけにへ)となすならば
  8. 麥粉(むぎこ)十分の三に油一ヒンの半(はん)を混和(まじへ)たるを素祭(そさい)となしてその牡牛(をうし)とともに献(さゝ)げ
  9. また酒一ヒンの半(はん)をその灌祭(くわんさい)として献(さゝ)ぐべし是(これ)すなはち火祭(くわさい)にしてヱホバに馨(かうば)しき香(にほひ)をたてまつる者なり
  10.  牡牛(をうし)あるひは牡羊(をひつじ)あるひは羔羊(こひつじ)あるひは羔山羊(こやぎ)は一匹(ひとつ)ごとに斯(かく)爲(なす)べきなり
  11. 即(すなは)ち汝らが献(さゝ)ぐるところの數(かず)にてらしその數(かず)にしたがひて一匹(ひとつ)ごとに斯(かく)なすべし
  12. 本國(くに)に生れたる者火祭(くわさい)を献(さゝ)げてヱホバに馨(かうば)しき香(にほひ)をたてまつる時には凡(すべ)て斯(かく)のごとく是等(これら)の事を行(おこな)ふべし
  13. また汝らの中(うち)に寄寓(やどれ)る他國(よそぐに)の人あるひは汝らの中(うち)に代々(よゝ)住(すま)ふところの人(ひと)火祭(くわさい)をさゝげてヱホバに馨(かうば)しき香(にほひ)をたてまつらんとする時は汝らの爲(なす)がごとくにその人もなすべきなり
  14. 汝ら會衆および汝らの中(うち)に寄寓(やどれ)る他國(よそぐに)の人は同一(ひとつ)の例(のり)にしたがふべし是(これ)は汝らが代々(よゝ)永(なが)く守るべき例(のり)なり他國(よそぐに)の人のヱホバの前に侍(はべ)ることは汝等と異(ことな)るところ無(なか)るべきなり
  15. 汝らと汝らの中(うち)に宿寓(やどれ)る他國(よそぐに)の人とは同一(ひとつ)の法(おきて)同一(ひとつ)の禮式(さだめ)にしたがふべし
  16.  ヱホバまたモーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  17. イスラエルの子孫(ひとびと)に告(つげ)てこれに言へ我(わ)が汝等を導(みちび)き往(ゆく)ところの地に汝等いたらん時は
  18. その地の食物を食(くら)ふにあたりて汝ら擧祭(きよさい)をヱホバにさゝぐべし
  19. 即(すなは)ち汝らはその麥粉(むぎこ)の初(はつ)をもてパンを作りてこれを擧祭(きよさい)にそなふべし是(これ)は禾場(うちば)より擧祭(きよさい)をそなふるが如(ごと)くに擧(あげ)てそなふべきなり
  20. 汝ら代々(よゝ)その麥粉(むぎこ)の初(はつ)をもて擧祭(きよさい)をヱホバにたてまつるべし
  21.  汝等もし誤(あやま)りてヱホバのモーセに告(つげ)たまへるこの諸(もろもろ)の命令を行(おこな)はず
  22. ヱホバがモーセをもて命じたまひし事等(ことゞも)並(ならび)にその命ずることを始めたまひし日より以來(このかた)汝らの代々(よゝ)にも命じたまはんところの事等(ことゞも)を行(おこな)はざる事(こと)有(あら)ん時
  23. すなはち會衆(くわいしう)誤(あやま)りて犯(をか)す所ありて之(これ)を知(しら)ざることあらん時は全會衆(ぜんくわいしう)少(わか)き牡牛(をうし)一匹(ひとつ)を燔祭(はんさい)にさゝげてヱホバに馨(かうば)しき香(にほひ)とならしめ之(これ)にその素祭(そさい)と灌祭(くわんさい)を禮式(さだめ)のごとくに加へまた牡山羊(をやぎ)一匹(ひとつ)を罪祭(ざいさい)にさゝぐべし
  24. 而(しか)して祭司イスラエルの子孫(ひとびと)の全會衆のために贖罪(あがなひ)を爲(なす)べし斯(かく)せば是(これ)は赦(ゆる)されん是(これ)は過誤(あやまち)なればなり彼等はその禮物(そなへもの)として火祭(くわさい)をヱホバにさゝげまたその過誤(あやまち)のために罪祭(ざいさい)をヱホバの前にさゝぐべし
  25. 然(しか)せばイスラエルの子孫(ひとびと)の會衆(くわいしう)みな赦(ゆる)されんまた彼等の中(うち)に寄寓(やどれ)る他國(よそぐに)の人も然(しか)るべし其(そ)は民(たみ)みな誤(あやま)り犯(をか)せるなればなり
  26.  人もし誤(あやま)りて罪を犯さば當歳(たうさい)の牝山羊(めやぎ)一匹(ひとつ)を罪祭(ざいさい)に献(さゝ)ぐべし
  27. 祭司(さいし)はまたその誤りて罪を犯せる人が誤りてヱホバの前に罪を獲(え)たるが爲(ため)に贖罪(あがなひ)をなしてその罪を贖(あがな)ふべし然(しか)せば是(これ)は赦(ゆる)されん
  28. イスラエルの子孫(ひとびと)の國(くに)の者にもあれまた其中(そのうち)に寄寓(やどれ)る他國(よそぐに)の人にもあれ凡(およ)そ誤(あやま)りて罪を犯す者には汝らその法(おきて)を同じからしむべし
  29. 本國(くに)の人にもあれ他國(よそぐに)の人にもあれ凡(およ)そ擅横(ほしいまゝ)に罪を犯す者は是(これ)ヱホバを[けが]すなればその人はその民の中(うち)より絶(たゝ)るべし
  30. 斯(かゝ)る人はヱホバの言(ことば)を軽(かろ)んじその誡命(いましめ)を破るなるが故(ゆゑ)に必ず絶(たゝ)れその罪を身に承(うけ)ん
  31.  イスラエルの子孫(ひとびと)曠野(あらの)に居(を)る時安息日(あんそくにち)に一箇(ひとり)の人の柴(しば)を拾(ひろ)ひあつむるを見たり
  32. 是(こゝ)においてその柴(しば)を拾(ひろ)ひあつむるを見たる者等これをモーセとアロンおよび會衆の許(もと)に曳(ひき)きたりけるが
  33. 之(これ)を如何(いか)に爲(なす)べきか未(いま)だ示諭(しめし)を蒙(かうむ)らざるが故(ゆゑ)に之(これ)を禁錮(とぢこめ)おけり
  34. 時にヱホバ、モーセに言(いひ)たまひけるはその人はかならず殺さるべきなり全會衆營(えい)の外にて石をもて之(これ)を撃(うつ)べしと
  35. 全會衆(ぜんくわいしう)すなはち之(これ)を營(えい)の外に曳(ひき)いだし石をもてこれを撃(うち)ころしヱホバのモーセに命じたまへるごとくせり
  36.  ヱホバ亦(また)モーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  37. 汝(なんぢ)イスラエルの子孫(ひとびと)に告げ代々(よゝ)その衣服(ころも)の裾(すそ)に[ふさ]をつけその裾(すそ)の[ふさ]の上にき紐(ひも)をほどこすべしと之(これ)に命ぜよ
  38. 此(この)[ふさ]は汝らに之(これ)を見てヱホバの諸(もろもろ)の誡命(いましめ)を記憶(おもひいだ)して其(それ)をおこなはしめ汝らをしてその放縦(ほしいまゝ)にする自己(おのれ)の心と目の欲(よく)に從(した)がふこと無(なか)らしむるための者なり
  39. 斯(かく)して汝等(なんぢら)吾(わが)もろもろの誡命(いましめ)を記憶(おもひいだ)して之(これ)を行(おこな)ひ汝らの神の前に聖(きよく)あるべし
  40. 我(われ)は汝らの神(かみ)ヱホバにして汝らの神とならんとて汝らをエジプトの地より導(みちび)きいだせし者なり我は汝らの神ヱホバなるぞかし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):民数紀略 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書