目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

Old Testament「Book of Numbers」
旧約聖書:民數紀略

第16章(CHAPTER 16)

  1. 茲(こゝ)にレビの子コハテの子イヅハルの子なるコラおよびルベンの子等(こども)なるエリアブの子ダタンとアビラム並(ならび)にペレテの子オン等(ら)相結(あひむす)び
  2. イスラエルの子孫(ひとびと)の會衆(くわいしう)の中(うち)に選(えら)まれて牧伯(つかさ)となれるところの名ある人々二百五十人とともに起(たち)てモーセに逆(さか)らふ
  3. すなはち彼等集りてモーセとアロンに逆(さから)ひ之(これ)に言(いひ)けるは汝らはその分(ぶん)を超(こ)ゆ會衆みな盡(ことごと)く聖者(きよきもの)となりてヱホバその中に在(いま)すなるに汝ら尚(なほ)ヱホバの會衆の上(かみ)に立つや
  4.  モーセこれを聞(きゝ)て俯伏(ひれふし)たりしが
  5. やがてコラとその一切(すべて)の黨類(ともがら)に言(いひ)けるは明日ヱホバ己(おのれ)の所屬(もの)は誰(たれ)聖者(きよきもの)は誰(たれ)なるかを示して其者(そのもの)を己(おのれ)に近(ちかづ)かせたまはん即(すなは)ちその選(えら)びたまへる者を己(おのれ)に近(ちかづ)かせたまふべし
  6. 汝等かく爲(せ)よコラとその黨類(ともがら)よ汝等みな火盤(ひざら)を取り
  7. その中に火をいれその中(うち)に香(かう)を盛(もり)て明日ヱホバの前に至れその時ヱホバの選(えら)みたまふ人は聖者(きよきもの)たるべしレビの人々よ汝等はその分(ぶん)を超(こゆ)るなり
  8. モーセまたコラに言(いひ)けるは汝等レビの子等(こどもら)よ請(こ)ふ聽(き)け
  9. イスラエルの神(かみ)汝(なんぢ)らをイスラエルの會衆(くわいしう)の中(うち)より分(わか)ち己(おのれ)に近(ちかづ)かせてヱホバの幕屋(まくや)の役事(はたらき)を爲(なさ)しめ會衆の前に立(たち)て之(これ)にかはりて勤務(つとめ)をなさしめたまふ是(これ)あに汝らにとりて小(ちひさ)き事ならんや
  10. 神すでに汝と汝の兄弟なるレビの兒孫等(こどもら)を己(おのれ)に近(ちかづ)かせたまふに汝らまた祭司(さいし)とならんことをも求むるや
  11. 汝と汝の黨類(ともがら)は皆これがために集りてヱホバに敵するなりアロンを如何(いか)なる者として汝等これに對(むか)ひて呟(つぶや)くや
  12.  かくてモーセ、エリアブの子ダタンとアビラムを呼(よび)に遣(つか)はしけるに彼等いひけるは我等は上(のぼ)り往(ゆか)じ
  13. 汝は乳(ちゝ)と蜜(みつ)との流るゝ地より我らを導き出(いだ)して曠野(あらの)に我らを殺さんとす是(これ)あに小(ちいさ)き事ならんや然(しか)るに汝また我等の上に君(きみ)たらんとす
  14. 且(かつ)また汝は我らを乳(ちゝ)と蜜(みつ)との流るゝ地にも導きゆかずまた田畝(はたけ)をも葡萄園(ぶだうばたけ)をも我らに與(あた)へて有(たも)たしめず汝この人々の目を抉(くじ)りとらんとするや我等は上(のぼ)りゆかじ
  15.  是(こゝ)においてモーセおほいに怒(いか)りヱホバに申しけるは汝かれらの禮物(そなへもの)を顧(かへり)みたまふ勿(なか)れ我はかれらより驢馬(ろば)一匹(ひとつ)をも取(とり)しことなくまた彼等を一人も害(がい)せしこと無(な)し
  16. 斯(かく)てモーセ、コラに言(いひ)けるは汝と汝の黨類(ともがら)みなアロンと偕(とも)に明日ヱホバの前に至れ
  17. 即(すなは)ち汝らおのおの火盤(ひざら)を執(とり)てその中(うち)に香(かう)を盛り各人(おのおの)その火盤(ひざら)をヱホバの前に携(たづさ)へいたれその火盤(ひざら)は都合(あはせて)二百五十汝(なんぢ)とアロンも各々(おのおの)その火盤(ひざら)を携(たづさ)へいたるべしと
  18. 彼等すなはち各々(おのおの)火盤(ひざら)を執(と)り火をその中にいれて香(かう)をその上に盛りモーセおよびアロンとともに集會の幕屋の門(かど)に立(たて)り
  19. コラ會衆(くわいしう)をことごとく集會の幕屋の門(かど)に集めおきてかれら二人に敵せしめんとせしにヱホバの榮光(えいくわう)全會衆に顯(あらは)れ
  20.  ヱホバ、モーセとアロンに告(つげ)て言(いひ)たまひけるは
  21. 汝等この會衆を離れよ我これを直(たゞち)に滅(ほろぼ)さんとすと
  22. 是(こゝ)においてかれら二人俯伏(ひれふし)て言ふ神よ一切(すべて)の血肉ある者の生命(いのち)の神よこの一人の者罪を犯したればとて汝(なんぢ)全會衆にむかひて怒(いかり)を發したまふや
  23. ヱホバ、モーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  24. 汝(なんぢ)會衆にむかひてコラとダタンとアビラムの居所(すまひ)の周圍(まはり)を去れと言へと
  25.  モーセすなはち起(たち)あがりてダタンとアビラムの所に往(ゆき)けるがイスラエルの長老等(としよりたち)これに從(した)がひいたれり
  26. 而(しか)してモーセ會衆に告(つげ)て言(いひ)けるは汝らこの惡(あし)き人々の天幕を離れて去れ彼等の物には何にも捫(さは)る勿(なか)れ恐(おそら)くは彼らの諸(もろもろ)の罪のために汝らも滅(ほろ)ぼされん
  27. 是(こゝ)において人々はコラとダタンとアビラムの居所(すまひ)を離れて四方に去(さり)ゆけりまたダタンとアビラムはその妻子(つまこ)ならびに幼兒(をさなご)とともに出(いで)てその天幕の門(かど)に立(たて)り
  28. モーセやがて言(いひ)けるは汝等ヱホバがこの諸(すべて)の事をなさせんとて我を遣(つかは)したまへる事また我(わ)がこれを自分(おのれ)の心にしたがひて行(おこな)ふにあらざる事を是(これ)によりて知(しる)べし
  29. すなはちこの人々もし一般(すべて)の人の死(しぬ)るごとくに死に一般(すべて)の人の罰(ばつ)せらるゝ如(ごと)くに罰(ばつ)せられなばヱホバわれを遣(つかは)したまはざるなり
  30. 然(され)どヱホバもし新しき事を爲(なし)たまひ地その口(くち)を開きてこの人々と之(これ)に屬する者を呑(のみ)つくして生(いき)ながら陰府(よみ)に下(くだ)らしめなばこの人々はヱホバを[けが]しゝなりと汝ら知るべし
  31.  モーセこの一切(すべて)の言(ことば)をのべ終れる時かれらの下なる土(つち)裂(さ)け
  32. 地その口を開きてかれらとその家族の者ならびにコラに屬(ぞく)する一切(すべて)の男等(をとこども)と一切(すべて)の所有品(もちもの)を呑(のみ)つくせり
  33. すなはち彼等とかれらに屬する者はみな生(いき)ながら陰府(よみ)に下(くだ)りて地その上に閉(とぢ)ふさがりぬ彼等かく會衆の中(うち)より滅(ほろ)ぼされたりしが
  34. その周圍(まはり)に居(ゐ)たるイスラエル人(びと)は皆かれらの叫喊(さけび)を聞(きゝ)て逃(にげ)はしり恐(おそら)くは地われらをも呑(のみ)つくさんと言(いへ)り
  35. 且(かつ)またヱホバの許(もと)より火いでてかの香(かう)をそなへたる者二百五十人を燒(やき)つくせり
  36.  時にヱホバ、モーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  37. 汝(なんぢ)祭司アロンの子エレアザルに告(つげ)てその燃(もゆ)る火の中より彼(か)の火盤(ひざら)を取(とり)いださしめその中の火を遠方(とほきところ)に傾(あけ)すてよその火盤(ひざら)は聖(きよく)なりたればなり
  38. 而(しか)してその罪を犯して生命(いのち)を喪(うしな)へる者等の火盤(ひざら)は之(これ)を濶(ひろ)き展版(のべいた)となして祭壇(さいだん)を包むに用(もち)ひよ彼等ヱホバの前にそなへしに因(より)て是(これ)は聖(きよく)なりたればなり斯(かく)是(これ)はイスラエルの子孫(ひとびと)に徴(しるし)と爲(なる)べし
  39. 是(こゝ)において祭司エンアザル彼の燒死(やきころ)されし者等が用(もち)ひてそなへたる銅(あかゞね)の火盤(ひざら)を取(とり)いだしければ之(これ)を濶(ひろ)く打展(うちのば)し之(これ)をもて祭壇を包み
  40. 之(これ)をイスラエルの子孫(ひとびと)の記念の物と爲(なせ)り是(これ)はアロンの子孫たらざる外人が近(ちかよ)りてヱホバの前に香(かう)を焚(たく)こと無(なか)らんため亦(また)かゝる人ありてコラとその黨類(ともがら)のごとくにならざらん爲(ため)なり是(これ)みなヱホバがモーセをもて彼にのたまひし所に依(よ)るなり
  41.  その翌日イスラエルの子孫(ひとびと)の會衆みなモーセとアロンにむかひて呟(つぶや)き汝等はヱホバの民を殺せりと言(いへ)り
  42. 會衆集りてモーセとアロンに敵する時集會の幕屋を望み觀(みる)に雲ありてこれを覆(おほ)ひヱホバの榮光(えいくわう)顯(あらは)れをる
  43. 時にモーセとアロン集會の幕屋の前にいたりけるに
  44. ヱホバ、モーセに言(いひ)たまひけるは
  45. 汝らこの會衆(くわいしう)をはなれて去れ我(われ)直(たゞち)にこれをほろぼさんとすと是(こゝ)において彼等二人は俯伏(ひれふし)ぬ
  46. 斯(かく)てモーセ、アロンに言(いひ)けるは汝(なんぢ)火盤(ひざら)を執(と)り壇(だん)の火を之(これ)にいれ香(かう)をその上に盛(もり)て速(すみや)かにこれを會衆の中(うち)に持(もち)ゆき之(これ)がために贖罪(あがなひ)を爲(な)せ其(そ)はヱホバ震怒(いかり)を發(はつ)したまひて疫病(えきびやう)すでに始(はじま)りたればなりと
  47. アロンすなはちモーセの命ぜしごとくに之(これ)を執(とり)て會衆の中に奔(はせ)ゆきけるに疫病(えきびやう)すでに民の中に始まり居(ゐ)たれば香(かう)を焚(たき)て民のために贖罪(あがなひ)を爲(な)し
  48. 既(すで)に死(しね)る者と尚(なほ)生(いけ)る者との間に立(たち)ければ疫病(えきびやう)止(とゞ)まれり
  49. コラの事によりて死(しに)たる者の外(ほか)この疫病(えきびやう)に死(しに)たる者は一萬四千七百人なりき
  50. 而(しか)してアロンはモーセの許(もと)にかへり集會の幕屋の門(かど)にいたれり疫病(えきびやう)は斯(かく)やみぬ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):民数紀略 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書