目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

Old Testament「Book of Numbers」
旧約聖書:民數紀略

第19章(CHAPTER 19)

  1. ヱホバ、モーセとアロンに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  2. ヱホバが命ずるところの律(おきて)の例(のり)は是(かく)のごとし云(いは)くイスラエルの子孫(ひとびと)に告(つげ)て赤牝牛(あかめうし)の全(まつた)くして疵(きず)なく未(いま)だ軛(くびき)を負(おひ)しこと有(あら)ざる者を汝の許(もと)に牽(ひき)きたらしめ
  3. 汝(なんぢ)ら之(これ)を祭司(さいし)エレアザルに交(わた)すべし彼はまたこれを營(えい)の外に牽(ひき)いだして自己(おのれ)の眼の前にこれを宰(ほふ)らしむべし
  4. 而(しか)して祭司エレアザルこれが血を其(その)指につけ集會の幕屋の表(おもて)にむかひてその血を七次(なゝたび)灑(そゝ)ぎ
  5. やがてその牝牛(めうし)を自己(おのれ)の眼の前に燒(やか)しむべしその皮その肉その血およびその糞(ふん)をみな燒(やく)べし
  6. その時祭司香柏(かうはく)と牛膝草(ヒソプ)と紅(くれなゐ)の絲(いと)をとりて之(これ)をその燒(やけ)る牝牛(めうし)の中に投(なげ)いるべし
  7. かくて祭司(さいし)はその衣服(ころも)を浣(あら)ひ水にてその身を滌(そゝ)ぎて然(しか)る後(のち)營(えい)に入(いる)べし祭司の身は晩(くれ)まで汚(けが)るゝなり
  8. また之(これ)を燒(やき)たる者も水にその衣服(ころも)を浣(あら)ひ水にその身を滌(そゝ)ぐべし彼も晩(くれ)まで汚(けが)るゝなり
  9. 斯(かく)て身の潔(きよ)き人一人その牝牛(めうし)の灰をかき斂(あつ)めてこれを營(えい)の外の清淨處(きよきところ)に蓄(たくは)へ置(おく)べし是(これ)イスラエルの子孫(ひとびと)の會衆のために備(そな)へおきて汚穢(けがれ)を潔(きよむ)る水を作るべき者にして罪を潔(きよ)むる物に當(あた)るなり
  10. その牝牛(めうし)の灰をかき斂(あつ)めたる者はその衣服(ころも)を浣(あら)ふべしその身は晩(くれ)まで汚(けが)るゝなりイスラエルの子孫(ひとびと)とその中(うち)に寄寓(やどれ)る他國(よそぐに)の人とは永(なが)くこれを例(のり)とすべきなり
  11.  人の死屍(しかばね)に捫(さは)る者は七日の間(あひだ)汚(けが)る
  12. 第三日(みつかめ)と第七日(なぬかめ)にこの灰(はひ)水を以(も)て身を潔(きよ)むべし然(しか)せば潔(きよ)くならん然(され)ど若(も)し第三日(みつかめ)と第七日(なぬかめ)に身を潔(きよ)むることを爲(せ)ざれば潔(きよ)くならじ
  13. 凡(およ)そ死人の屍(しかばね)に捫(さは)りて身を潔(きよ)むることを爲(せ)ざる者はヱホバの幕屋(まくや)を汚(けが)すなればイスラエルより斷(たゝ)るべし汚穢(けがれ)を潔(きよ)むる水をその身に灑(そゝが)ざるによりて潔(きよ)くならずその汚穢(けがれ)なほ身にあるなり
  14.  天幕(てんまく)に人の死(しぬ)ることある時に應(あて)用(もち)ふる律(おきて)は是(これ)なり即(すなは)ち凡(すべ)てその天幕に入る者凡(すべ)てその天幕にある物は七日の間(あひだ)汚(けが)るべし
  15. 凡(およ)そ蓋(ふた)を取(とり)はなして蓋(おほ)はざりし所の器皿(うつは)はみな汚(けが)る
  16. 凡(およ)そ刀劍(つるぎ)にて殺されたる者または死屍(しかばね)または人の骨または墓(はか)等に野の表(おもて)にて捫(さは)る者はみな七日の間(あひだ)汚(けが)るべし
  17. 汚(けが)れたる者ある時はかの罪を潔(きよ)むる者たる燒(やけ)る牝牛(めうし)の灰をとりて器(うつは)に入れ活水(いけるみづ)を之(これ)に加(くは)ふべし
  18. 而(しか)して身の潔(きよ)き人一人牛膝草(ヒソプ)を執(とり)てその水にひたし之(これ)をその天幕と諸(もろもろ)の器皿(うつは)および其處(そこ)に居(ゐ)あはせたる人々に灑(そゝ)ぐべくまたは骨あるひは殺されし者あるひは死(しに)たる者あるひは墓などに捫(さは)れる者に灑(そゝ)ぐべし
  19. 即(すなは)ち身の潔(きよ)き人第三日(みつかめ)と第七日(なぬかめ)にその汚(けが)れたる者に之(これ)を灑(そゝ)ぐべし而(しか)して第七日(なぬかめ)にはその人みづから身を潔(きよ)むることを爲(な)しその衣服(ころも)をあらひ水に身を滌(そゝ)ぐべし然(しか)せば晩(くれ)におよびて潔(きよ)くなるべし
  20.  然(され)ど汚(けが)れて身を潔(きよむ)ることを爲(せ)ざる人はヱホバの聖所(きよきところ)を汚(けが)すが故(ゆゑ)にその身は會衆(くわいしう)の中(うち)より絶(たゝ)るべし汚穢(けがれ)を潔(きよ)むる水を身に灑(そゝ)がざるによりてその人は潔(きよ)くならざるなり
  21. 彼等また永(なが)くこれを例(のり)とすべし即(すなは)ち汚穢(けがれ)を潔(きよ)むる水を人に灑(そゝ)げる者はその衣服(ころも)を浣(あら)ふべしまた汚穢(けがれ)を潔(きよ)むる水に捫(さは)れる者も晩(くれ)まで汚(けが)るべし
  22. 凡(すべ)て汚(けが)れたる人の捫(さは)れる者は汚(けが)るべしまた之(これ)に捫(さは)る人も晩(くれ)まで汚(けが)るべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):民数紀略 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書