目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

Old Testament「Book of Numbers」
旧約聖書:民數紀略

第20章(CHAPTER 20)

  1. 斯(かく)てイスラエルの子孫(ひとびと)の全會衆(ぜんくわいしう)正月におよびてチンの曠野(あらの)にいたれり而(しか)して民みなカデシに止(とゞま)りけるがミリアム其處(そこ)にて死(しに)たれば之(これ)を其處(そこ)に葬(はうむ)りぬ
  2.  當時(そのころ)會衆(くわいしう)水を得(え)ざるによりて相(あひ)集(あつま)りてモーセとアロンに迫(せま)れり
  3. すなはち民(たみ)モーセと爭(あらそ)ひ言(いひ)けるは嚮(さき)に我らの兄弟等がヱホバの前に死(しに)たる時に我等も死(しに)たらば善(よか)りしものを
  4. 汝等(なんぢら)何とてヱホバの會衆をこの曠野(あらの)に導(みちび)き上(のぼ)りて我等とわれらの家畜を此(こゝ)に死(しな)しめんとするや
  5. 汝らなんぞ我らをエジプトより上(のぼ)らしめてこの惡(あし)き處(ところ)に導(みちび)きいりしや此(こゝ)には種(たね)を播(まく)べき處(ところ)なく無花果(いちじく)もなく葡萄(ぶだう)もなく石榴(ざくろ)も無くまた飮(のむ)べき水も無(な)し
  6. 是(こゝ)においてモーセとアロンは會衆の前を去り集會の幕屋の門(かど)にいたりて俯伏(ひれふし)けるにヱホバの榮光(えいくわう)かれらに顯(あらは)れ
  7. ヱホバ、モーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  8. 汝(なんぢ)杖(つゑ)を執(と)り汝の兄弟アロンとともに會衆を集めその眼の前にて汝ら磐(いは)に命ぜよ磐(いは)その中より水を出(いだ)さん汝かく磐(いは)より水を出(いだ)して會衆とその獣畜(けもの)に飮(のま)しむべしと
  9. モーセすなはちその命ぜられしごとくヱホバの前より杖(つゑ)を取り
  10.  アロンとともに會衆を磐(いは)の前に集めて之(これ)に言(いひ)けるは汝ら背反者(そむくもの)等よ聽(き)け我等(われら)水をしてこの磐(いは)より汝らのために出(いで)しめん歟(か)と
  11. モーセその手を擧(あ)げ杖(つゑ)をもて磐(いは)を二度(ふたゝび)撃(うち)けるに水多く湧出(わきいで)たれば會衆とその獣畜(けもの)ともに飮(のめ)り
  12. 時にヱホバ、モーセとアロンに言(いひ)たまひけるは汝等は我を信ぜずしてイスラエルの子孫(ひとびと)の目の前に我の聖(きよき)を顯(あらは)さゞりしによりてこの會衆をわが之(これ)に與(あた)へし地に導(みちび)きいることを得(え)じと
  13. 是(これ)をメリバ(爭論(あらそひ))の水とよべりイスラエルの子孫(ひとびと)是(これ)がためにヱホバにむかひて爭(あらそ)ひたりしかばヱホバつひにその聖(きよき)ことを顯(あらは)したまへり
  14.  茲(こゝ)にモーセ、カデシより使者(つかひ)をエドムの王に遣(つかは)して言(いひ)けるは汝の兄弟イスラエルかく言ふ汝はわれらが遭(あひ)し諸(もろもろ)の艱難(かんなん)を知る
  15. そもそも我らの先祖等エジプトに下(くだ)りゆきて我ら年ひさしくエジプトに住(すみ)をりしがエジプト人(びと)われらと我らの先祖等をなやましたれば
  16. 我らヱホバに[よば]はりけるにヱホバわれらの聲(こゑ)を聽(きゝ)たまひ一箇(ひとり)の天の使(つかひ)を遣(つかは)して我らをエジプトより導(みちび)きいだしたまへり視(み)よ我ら今は汝の邊境(さかひ)の邊端(はて)にあるカデシの邑(まち)に居(を)るなり
  17. 願(ねがは)くは我らをして汝の國(くに)を通過(とほら)しめよ我等は田畝(はたけ)をも葡萄園(ぶだうばたけ)をも通過(とほら)じまた井(ゐど)の水をも飮(のま)じ我らは第(たゞ)王の路(みち)を通過(とほ)り汝の境(さかひ)をいづるまでは右にも左にもまがらじ
  18. エドム、モーセに言(いひ)けるは汝(なんぢ)我の中(うち)を通過(とほる)べからず恐(おそら)くは我いでて劍(つるぎ)をもて汝にむかはん
  19. イスラエルの子孫(ひとびと)エドムに言ふ我らは大道(おほぢ)を通過(とほら)ん若(もし)われらと我らの獣畜(けもの)なんぢの水を飮(のむ)ことあらばその値(あたひ)を償(はら)ふべし我は徒行(かち)にて通過(とほる)のみなれば何事にもあらざるなりと
  20. 然(しか)るにエドムは汝(なんぢ)通過(とほる)べからずといひて許多(あまた)の群衆を率(ひき)ゐて出(い)で大(おほい)なる力をもて之(これ)にむかへり
  21. エドムかくイスラエルにその境(さかひ)の中(うち)を通過(とほる)ことを容(ゆる)さゞりければイスラエルは他(ほか)にむかひて去(され)り
  22.  かくてイスラエルの子孫(ひとびと)の會衆(くわいしう)みなカデシより進みてホル山(ざん)にいたれり
  23. ヱホバ、エドムの國(くに)の境(さかひ)なるホル山(ざん)にてモーセとアロンに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  24. アロンはその死(しに)たる民に列(つらな)らんイスラエルの子孫(ひとびと)に我(わ)が與(あた)へし地に彼は入(いる)ことを得(え)ざるべし是(これ)メリバの水のある處(ところ)にて汝等わが言(ことば)に背(そむ)きたればなり
  25. 汝(なんぢ)アロンとその子エレアザルをひきつれてホル山(ざん)に登り
  26. アロンにその衣服(ころも)を脱(ぬが)せてこれをその子エレアザルに衣(き)せよアロンは其處(そこ)に死(しに)てその民(たみ)に列(つらな)るべしと
  27. モーセすなはちヱホバの命じたまへるごとく爲(な)し相(あひ)つれだちて全會衆の目の前にてホル山(ざん)に登(のぼ)れり
  28. 而(しか)してモーセはアロンにその衣服(ころも)をぬがせて之(これ)をその子エレアザルに衣(き)せたりアロンは其處(そこ)にて山の嶺(いたゞき)に死(しね)り斯(かく)てモーセとエレアザル山よりくだりけるが
  29. 會衆(くわいしう)みなアロンの死(しに)たるを見て三十日のあひだ哀哭(なげき)をなせりイスラエルの家みな然(しか)せり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):民数紀略 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書