目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

Old Testament「Book of Numbers」
旧約聖書:民數紀略

第21章(CHAPTER 21)

  1. 茲(こゝ)に南の方に住(すめ)るカナン人(びと)アラデ王といふ者イスラエルが間者(かんじゃ)の道よりして來(きた)るといふを聞きイスラエルを攻(せめ)うちてその中(うち)の數人(すうにん)を虜(とりこ)にせり
  2. 是(こゝ)においてイスラエル誓願(せいぐわん)をヱホバに立(たて)て言ふ汝(なんぢ)もしこの民をわが手に付(わた)したまはゞ我その城邑(まちまち)を盡(ことごと)く滅(ほろぼ)さんと
  3. ヱホバすなはちイスラエルの言(ことば)を聽(きゝ)いれてカナン人(びと)を付(わた)したまひければ之(これ)とその城邑(まちまち)をことごとく滅(ほろぼ)せり是(こゝ)をもてその處(ところ)の名をホルマ(殲滅(ほろぼし))と呼(よび)なしたり
  4.  民(たみ)はホル山(ざん)より進みゆき紅海(こうかい)の途(みち)よりしてエドムを繞(めぐ)り通らんとせしがその途(みち)のために民(たみ)心を苦(くるし)めたり
  5. すなはち民(たみ)神とモーセにむかいて呟(つぶや)きけるは汝等なんぞ我らをエジプトより導きのぼりて曠野(あらの)に死(しな)しめんとするや此(こゝ)には食物(くひもの)も無くまた水も無し我等はこの粗(あし)き食物を心に厭(いと)ふなりと
  6. 是(こゝ)をもてヱバホ火の蛇(へび)を民の中(うち)に遣(つかは)して民を咬(かま)しめたまひければイスラエルの民の中(うち)死(しぬ)る者多かりき
  7. 是(これ)によりて民モーセにいたりて言(いひ)けるは我らヱホバと汝にむかひて呟(つぶや)きて罪(つみ)を獲(え)たり請(こ)ふ汝ヱホバに祈りて蛇(へび)を我等より取(とり)はなさしめよとモーセすなはち民のために祈(いのり)ければ
  8. ヱホバ、モーセに言(いひ)たまひけるは汝(なんぢ)蛇(へび)を作りてこれを杆(さを)の上に載(のせ)おくべし凡(すべ)て咬(かま)れたる者は之(これ)を仰(あふ)ぎ觀(み)なば生(いく)べし
  9. モーセすなはち銅(あかゞね)をもて一條(ひとすぢ)の蛇(へび)をつくり之(これ)を杆(さを)の上に載(のせ)おけり凡(すべ)て蛇(へび)に咬(かま)れたる者その銅(あかゞね)の蛇(へび)を仰(あふ)ぎ觀(みれ)ば生(いき)たり
  10.  イスラエルの子孫(ひとびと)途(みち)に進みてオボテに營(えい)を張り
  11. またオボテより進み往(ゆ)きモアブの東の方に亘(わた)るところの曠野(あらの)においてイヱアバリムに營(えい)を張(はれ)り
  12. また其處(そこ)より進みゆきてゼレデの谷に營(えい)を張り
  13. 其處(そこ)より進みゆきてアルノンの彼旁(かなた)に營(えい)を張(はれ)りアルノンはアモリの境(さかひ)より出(いで)て曠野(あらの)に流るゝ者にてモアブとアモリの間(あひだ)にありてモアブの界(さかひ)をなすなり
  14. 故(ゆゑ)にヱホバの戰爭(いくさ)の記(ふみ)に言(いへ)るあり云(いは)くスパのワヘブ、アルノンの河(かは)
  15. 河(かは)の流(ながれ)即(すなは)ちアルの邑(まち)に落下(おちくだ)りモアブの界(さかひ)に倚(よ)る者と
  16. かれら其處(そこ)よりベエル(井(ゐど))にいたれりヱホバがモーセにむかひて汝(なんぢ)民を集めよ我これに水を與(あた)へんと言(いひ)たまひしはこの井(ゐど)なりき
  17.  時にイスラエルこの歌を歌へり云(いは)く井(ゐど)の水よ湧(わき)あがれ汝等これがために歌へよ
  18. 此(この)井(ゐど)は笏(しやく)と杖(つゑ)とをもて牧伯等(つかさたち)これを掘り民(たみ)の君長等(きみたち)之(これ)を掘(ほれ)りと斯(かく)て曠野(あれの)よりマッタナにいたり
  19. マッタナよりナハリエルにいたりナハリエルよりバモテにいたり
  20. バモテよりモアブの野にある谷に往(ゆ)き曠野(あらの)に對(たい)するピスガの嶺(いたゞき)にいたれり
  21.  かくてイスラエル使者(つかひ)をアモリ人(びと)の王シホンに遣(つかは)して言(いは)しめけるは
  22. 我をして汝の國(くに)を通過(とほら)しめよ我等は田畝(たはた)にも葡萄園(ぶだうばたけ)にも入(いら)じまた井(ゐど)の水をも飮(のま)じ我らは汝の境(さかひ)を出(いづ)るまでは唯(たゞ)王の道を通りて行(ゆか)んのみと
  23. 然(しか)るにシホンはイスラエルに自己(おのれ)の境(さかひ)の中(うち)を通る事を容(ゆる)さゞりき而(しか)してシホンその民をことごとく集め曠野(あらの)にいでてイスラエルを攻(せめ)んとしヤハヅに來(きた)りてイスラエルと戰(たゝか)ひけるが
  24. イスラエル刄(やひば)をもて之(これ)を撃(うち)やぶりその地をアルノンよりヤボクまで奪ひ取りアンモンの子孫(ひとびと)にまで至れりアンモンの子孫(ひとびと)の境界(さかひ)は堅固(けんご)なりき
  25. イスラエルかくその城邑(まちまち)を盡(ことごと)く取(とれ)り而(しか)してイスラエルはアモリ人(びと)の諸(すべて)の城邑(まちまち)に住みヘシボンとそれに附(つけ)る諸(すべて)の村々に居(を)る
  26. ヘシボンはアモリ人(びと)の王シホンの都城(みやこ)なりシホンは曾(かつ)てモアブの前(さき)の王と戰(たゝか)ひてかれの地をアルノンまで盡(ことごと)くその手より奪(うば)ひ取(とり)しなり
  27. 故(ゆゑ)に歌をもて云(いへ)るあり曰(いは)く汝らヘシボンに來(きた)れシホンの城邑(みやこ)を築(きづ)き建(たて)よ
  28. ヘシボンより火(ひ)出(い)でシホンの都城(みやこ)より[ほのほ]いでてモアブのアルを焚(やき)つくしアルノンの邊(ほとり)の高處(たかみ)を占(しむ)る君王等(きみたち)を滅(ほろ)ぼせり
  29. モアブよ汝は禍(わざはひ)なる哉(かな)ケモシの民よ汝は滅ぼさるその男子は逃奔(にげはし)りその女子はアモリ人(びと)の王シホンに虜(とらへ)らるるなり
  30. 我等は彼らを撃(うち)たふしヘシボンを滅(ほろ)ぼしてデボンに及び之(これ)を荒(あら)してまたノパに及びメデバにいたる
  31. 斯(かく)イスラエルの子孫(ひとびと)はアモリ人(びと)の地に住(すみ)たりしが
  32. モーセまた人を遣(つか)はしてヤゼルを窺(うかゞ)はしめ遂(つひ)にその村々を取(とり)て其處(そこ)にをりしアモリ人(びと)を逐出(おひいだ)し
  33.  轉(めぐり)てバシヤンの路(みち)に上(のぼ)り往(ゆ)きけるにバシヤンの王オグその民を盡(ことごと)く率(ひき)ゐて出(い)で之(これ)を迎(むか)へてエデレイに戰(たゝか)はんとす
  34. ヱホバ、モーセに言(いひ)たまひけるは彼を懼(おそ)るゝ勿(なか)れ我かれとその民とその地を盡(ことごと)く汝の手に付(わた)す汝ヘシボンに住(すみ)をりしアモリ人(びと)の王シホンに爲(なし)たるごとくに彼にも爲(なす)べしと
  35. 是(こゝ)において彼とその子とその民をことごとく撃(うち)ころし一人も生存(いきのこ)る者なきに至らしめて之(これ)が地を奪(うば)ひたり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):民数紀略 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書