目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

Old Testament「Book of Numbers」
旧約聖書:民數紀略

第24章(CHAPTER 24)

  1. バラムはイスラエルを祝(しゅく)することのヱホバの心に適(かな)ふを視(み)たれば此度(こたび)は前の時のごとくに往(ゆき)て法術(はふじゅつ)を求むる事を爲(せ)ずその面(かほ)を曠野(あらの)に向(むけ)て居(を)り
  2. バラム目を擧(あげ)てイスラエルのその支派(わかれ)にしたがひて居(を)るを觀(み)たり時に神の霊(みたま)かれに臨(のぞ)みければ
  3. 彼すなはちこの歌をのべて云(いは)くベオルの子バラム言ふ目の啓(ひら)きたる人言ふ
  4. 神の言詞(ことば)を聞(きゝ)し者能(あた)はざる無(な)き者をまぼろしに觀(み)し者倒(たふ)れ臥(ふし)て其(その)目の啓(ひら)けたる者言ふ
  5. ヤコブよ汝(なんぢ)の天幕(てんまく)は美(うるは)しき哉(かな)イスラエルよ汝の住所(すまひ)は美(うるは)しき哉(かな)
  6. 是(これ)は谷々のごとくに布列(しきつら)ね河邊(かはべ)の園(その)のごとくヱホバの栽(うゑ)し沈香樹(じんかうじゅ)のごとく水の邊(ほとり)の香柏(かうはく)のごとし
  7. その桶(おけ)よりは水溢(あふ)れんその種(たね)は水の邊(ほとり)に發育(そだた)んその王はアガグよりも高くなりその國(くに)は振(ふる)ひ興(おこ)らん
  8. 神これをエジプトより導(みちび)き出(いだ)せり是(これ)は強きこと[のうし]のごとくその敵(あだ)なる國々の民を呑(のみ)つくしその骨を摧(くだ)き矢をもて之(これ)を衝(つき)とほさん
  9. 是(これ)は牡獅子(をじし)のごとくに身をかゞめ牝獅子(めじし)のごとくに臥(ふ)す誰か敢(あへ)てこれを起(おこ)さんやなんぢを祝するものは福祉(さいはひ)を得(え)なんぢをのろふものは災禍(わざはひ)をかうむるべし
  10.  こゝにおいてバラクはバラムにむかひて怒(いかり)を發しその手を拍(うち)ならせり而(しか)してバラク、バラムにいひけるは我はなんぢをしてわが敵を詛(のろ)はしめんとてなんぢを招(まね)きたるに汝は却(かへつ)て斯(かく)三度(みたび)までも彼らを大(おほい)に祝したり
  11. 然(され)ば汝(なんぢ)今汝の處(ところ)に奔(はし)り往(ゆ)け我は汝に大(おほい)なる尊榮(ほまれ)を得(え)させんと思ひたれどヱホバ汝を阻(とゞ)めて尊榮(ほまれ)を得(う)るに至らざらしむ
  12. バラム、バラクに言(いひ)けるは我は汝が我に遣(つかは)しゝ使者(つかひ)等に告(つげ)て言(いは)ざりしや
  13. 假令(たとひ)バラクその家に盈(みつ)るほどの金銀(きんぎん)を我に與(あた)ふるとも我はヱホバの言(ことば)を踰(こえ)て自己(おのれ)の心のまゝに善(よき)も惡(あし)きも爲(なす)ことを得(え)ず我はヱホバの宣(のた)まふ事のみを言(いふ)べしと
  14. 今われは吾民(わがたみ)にかへる然(され)ば來(きた)れ我この民(たみ)が後(のち)の日に汝の民に爲(なさ)んところの事を汝に告(つげ)しらせんと
  15. すなはちこの歌をのべて云(いは)くベオルの子バラム言ふ目の啓(ひら)きたる人言ふ
  16. 神の言(ことば)を聞(きけ)るあり至高者(いとたかきもの)を知(しる)の知識あり能(あた)はざる無(な)き者をまぼろしに觀(み)倒(たふ)れ臥(ふし)て其(その)目の啓(ひら)けたる者言ふ
  17. 我これを見ん然(され)ど今にあらず我これを望まん然(され)ど近くはあらずヤコブより一箇(ひとつ)の星(ほし)いでんイスラエルより一條(ひとすぢ)の杖(つゑ)おこりモアブを此旁(こなた)より彼旁(かなた)に至(いたる)まで撃破(うちやぶ)りまた鼓譟者(さわだつもの)どもを盡(ことごと)く滅(ほろぼ)すべし
  18. 其(その)敵なるエドムは是(これ)が産業(もちもの)となりセイルは之(これ)が産業(もちもの)とならんイスラエルは盛(さかん)になるべし
  19. 權(けん)を秉(と)る者ヤコブより出(い)で遺(のこ)れる者等を城(まち)より滅(ほろぼ)し絶(たゝ)ん
  20. バラム又アマレクを望みこの歌をのべて云(いは)くアマレクは國々(くにぐに)の中(うち)の最初(いやさき)なる者なり其(その)終(をはり)には滅(ほろ)び絶(たゆ)るに至らん
  21. 亦(また)ケニ人(びと)を望みこの歌をのべて云(いは)く汝の住所(すみか)は堅固(けんご)なり汝は磐(いは)に巣をつくる
  22. 然(され)どカインは亡(ほろび)て終(つひ)にアッスリアの爲(ため)に虜(とら)へ移(うつ)されん
  23. 彼(かれ)亦(また)この歌をのべて云(いは)く嗟(あゝ)神これを爲(なし)たまはん時は誰か生(いく)ることを得(え)ん
  24. キッテムの方より船來(きた)てアッスリアを攻(せめ)なやましエベルを攻(せめ)なやますべし而(しか)して是(これ)もまた終(つひ)に亡(ほろび)失(うせ)ん
  25. 斯(かく)てバラムは起(たち)あがりて自己(おのれ)の處(ところ)に歸(かへ)り往(ゆ)きぬバラクも亦(また)去(さり)ゆけり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):民数紀略 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書