目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

Old Testament「Book of Numbers」
旧約聖書:民數紀略

第25章(CHAPTER 25)

  1. イスラエルはシッテムに止(とゞ)まり居(ゐ)けるがその民モアブの婦女(をんな)等と婬(いん)をおこなふことを始めたり
  2. その婦女等(をんなども)其(その)神々に犠牲(いけにへ)を献(さゝぐ)る時に民(たみ)を招(まね)けば民は往(ゆき)て食(くら)ふことを爲(な)しかつその神々を拝(おが)めり
  3. イスラエルかくバアルペオルに附(つき)ければイスラエルにむかひてヱホバ怒(いかり)を發したまへり
  4. ヱホバすなはちモーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく民の首(かしら)をことごとく携(つれ)きたりヱホバのためにかの者等を日に曝(さら)せ然(しか)せばヱホバの烈(はげ)しき怒(いかり)イスラエルを離るゝあらんと
  5. 是(こゝ)においてモーセ、イスラエルの士師(さばきびと)等にむかひ汝らおのおのその配下(はいか)の人々のバアルペオルに附(つけ)る者を殺せと言(いへ)り
  6.  モーセとイスラエルの子孫(ひとびと)の全會衆(ぜんくわいしう)集會の幕屋の門(かど)にて哭(なき)をる時一箇(ひとり)のイスラエル人(びと)ミデアンの婦人(をんな)一箇(ひとり)を携(つれ)きたり彼らの目の前にてその兄弟等の中(うち)に至れり
  7. 祭司アロンの子なるエレアザルの子ピネハスこれを見(み)會衆の中(うち)より起(たち)あがりて槍(やり)を手に執(と)り
  8. そのイスラエルの人の後を追(おふ)て之(これ)が寝室(ねや)に入りイスラエルの人を衝(つ)きまたその婦女(をんな)の腹(はら)を衝(つき)とほして二人を殺せり是(こゝ)において疫病(えきびやう)のイスラエルの子孫(ひとびと)におよぶこと止(とゞま)れり
  9. その疫病(えきびやう)にて死(しに)たる者は二萬四千人なりき
  10.  ヱホバ、モーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  11. 祭司アロンの子なるエレアザルの子ピネハスはわが熱心をイスラエルの子孫(ひとびと)の中にあらはして吾(わが)怒(いかり)をその中(うち)より取去り我をして熱心をもてイスラエルの子孫(ひとびと)を滅(ほろぼ)し盡(つく)すにいたらざらしめたり
  12. 故(ゆゑ)に汝(なんぢ)言へ我これに平和のわが契約(けいやく)をさづく
  13. 即(すなは)ち彼とその後の子孫(しそん)永く祭司の職を得(う)べし是(こ)は彼その神のために熱心にしてイスラエルの子孫(ひとびと)のために贖(あがなひ)をなしたればなり
  14.  その殺されしイスラエル人(びと)すなはちミデアンの婦人(をんな)とともに殺されし者はその名をジムリと言(いひ)てサルの子にしてシメオン人(びと)の宗族(やから)の牧伯(つかさ)の一人なり
  15. またその殺されしミデアンの婦人(をんな)は名をコズビと曰(いひ)てツルの女子(むすめ)なりツルはミデアンの民の宗族(やから)の首(かしら)なり
  16.  ヱホバ、モーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  17. ミデアン人(びと)に逼(せま)りてこれを撃(う)て
  18. 其(そ)は彼ら謀計(はかりごと)をもて汝に逼(せま)りペオルの事とその姉妹(しまい)なるミデアンの牧伯(つかさ)の女すなはちペオルのために疫病(えきびやう)の起れる日に殺されしコズビの事において汝らを惑(まどは)したればなり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):民数紀略 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書