目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

Old Testament「Book of Numbers」
旧約聖書:民數紀略

第26章(CHAPTER 26)

  1. 疫病(えきびやう)の後ヱホバ、モーセと祭司(さいし)アロンの子エレアザルに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  2. イスラエルの全會衆(ぜんくわいしう)の總數(そうすう)をその父祖(ふそ)の家にしたがひて核(しら)べイスラエルの中(うち)凡(およ)そ二十歳以上にして戰爭(いくさ)に出(いづ)るに勝(たふ)る者を數(かぞ)へよと
  3. モーセ及び祭司エレアザルすなはちヱリコに對(たい)してヨルダンの邊(ほとり)にあるモアブの平野(ひらの)に於(おい)てかれらに告(つげ)て言(いひ)けるは
  4. エジプトの地より出(いで)きたれるモーセとイスラエルの子孫(ひとびと)にヱホバの命じ給(たま)へる如(ごと)く汝(なんぢ)ら其中(そのうち)の二十歳以上の者を計(かぞ)へよ
  5.  イスラエルの長子(うひご)はルベン、ルベンの子孫はヘノクよりヘノク人(びと)の族(やから)出(い)でパルよりパル人(びと)の族(やから)出(い)で
  6. ヘヅロンよりヘヅロン人(びと)の族(やから)出(い)でカルミよりカルミ人(びと)の族(やから)出(い)づ
  7. ルベンの宗族(やから)は是(かく)のごとくにしてその核數(かぞへ)られし者は四萬三千七百三十人
  8. またパルの子はエリアブ
  9. エリアブの子はネムエル、ダタン、アビラムこのダタンとアビラムは會衆(くわいしう)の中(うち)に名ある者にてコラの黨類(ともがら)とともにモーセとアロンに逆(さから)ひてヱホバに悸(もと)りし事ありしが
  10. 地(ち)その口を開きて彼らとコラとを呑(の)みその黨類(ともがら)二百五十人は火に燒(やか)れて死(しに)うせ人の鑑戒(かゞみ)となれり
  11. 但(たゞ)しコラの子等(こども)は死(しな)ざりき
  12.  シメオンの子孫はその宗族(やから)に依(よれ)ば左のごとしネムエルよりはネムエル人(びと)の族(やから)出(い)でヤミンよりはヤミン人(びと)の族(やから)出(い)でヤキンよりはヤキン人(びと)の族(やから)出(い)で
  13. ゼラよりはゼラ人(びと)の族(やから)出(い)でシヤウルよりはシヤウル人(びと)の族(やから)出(い)づ
  14. シメオン人(びと)の宗族(やから)は是(かく)の如(ごと)くにして其(その)數(かぞへ)られし者は二萬二千二百人
  15.  ガドの子孫は其(その)宗族(やから)に依(よれ)ば左の如(ごと)しゼポンよりはゼポン人(びと)の族(やから)出(い)でハギよりはハギ人(びと)の族(やから)出(い)でシユニよりはシユニ人(びと)の族(やから)出(い)で
  16. オズニよりはオズニ人(びと)の族(やから)出(い)でエリよりはエリ人(びと)の族(やから)出(い)で
  17. アロドよりはアロド人(びと)の族(やから)出(い)でアレリよりはアレリ人(びと)の族(やから)出(い)づ
  18. ガドの宗族(やから)は是(かく)のごとくにしてその核數(かぞへ)られし者は四萬五百人
  19.  ユダの子等(こども)はエルとオナン、エルとオナンはカナンの地に死(しに)たり
  20. ユダの子孫はその宗族(やから)によれば左のごとしシラよりはシラ人(びと)の族(やから)出(い)でペレヅよりはペレヅ人(びと)の族(やから)出(い)でゼラよりはゼラ人(びと)の族(やから)出(い)づ
  21. ペレヅの子孫は左のごとしヘヅロンよりはヘヅロン人(びと)の族(やから)出(い)でハムルよりはハムル人(びと)の族(やから)出(い)づ
  22. ユダの宗族(やから)は是(かく)のごとくにしてその核數(かぞへ)られし者は七萬六千五百人
  23.  イッサカルの子孫はその宗族(やから)によれば左のごとしトラよりはトラ人(びと)の族(やから)出(い)でプワよりはプワ人(びと)の族(やから)出(い)で
  24. ヤシユブよりはヤシユブ人(びと)の族(やから)出(い)でシムロンよりはシムロン人(びと)の族(やから)出(い)づ
  25. イッサカルの宗族(やから)は是(かく)のごとくにしてその數(かぞ)へられし者は六萬四千三百人
  26.  ゼブルンの子孫はその宗族(やから)によれば左の如(ごと)しセレデよりはセレデ人(びと)の族(やから)出(い)でエロンよりはエロン人(びと)の族(やから)出(い)でヤリエルよりはヤリエル人(びと)の族(やから)出(い)づ
  27. ゼブルン人(びと)の宗族(やから)は是(かく)のごとくにしてその核數(かぞへ)られし者は六萬五百人
  28.  ヨセフの子等(こども)はその宗族(やから)に依(よれ)ばマナセとエフライム
  29. マナセの子等(こども)の中(うち)マキルよりマキル人(びと)の族(やから)出(い)づマキル、ギレアデを生(うめ)りギレアデよりギレアデ人(びと)の族(やから)出(い)づ
  30. ギレアデの子孫は左のごとしイエゼルよりはイエゼル人(びと)の族(やから)出(い)でヘレクよりはヘレク人(びと)の族(やから)出(い)で
  31. アスリエルよりはアスリエル人(びと)の族(やから)出(い)でシケムよりはシケム人(びと)の族(やから)出(い)で
  32. セミダよりはセミダ人(びと)の族(やから)出(い)でヘペルよりはヘペル人(びと)の族(やから)出(い)づ
  33. ヘペルの子ゼロペハデには男子なく惟(たゞ)女子ありしのみその名はマアラ、ノア、ホグラ、ミルカ、テルザと曰(い)ふ
  34. マナセの宗族(やから)は是(かく)のごとくにしてその核數(かぞへ)られし者は五萬二千七百人
  35.  エフライムの子孫はその宗族(やから)によれば左のごとしシユテラよりはシユテラ人(びと)の宗族(やから)出(い)でベケルよりはベケル人(びと)の族(やから)出(い)でタハンよりはタハン人(びと)の族(やから)出(い)づ
  36. シユテラの子孫は左のごとしエランよりエラン人(びと)の族(やから)出(い)づ
  37. エフライムの子孫の宗族(やから)は是(かく)のごとくにしてその核數(かぞへ)られし者は三萬二千五百人ヨセフの子孫はその宗族(やから)に依(よれ)ば是(かく)のごとし
  38.  ベニヤミンの子孫はその宗族(やから)によれば左のごとしベラよりはベラ人(びと)の族(やから)出(い)でアシベルよりはアシベル人(びと)の族(やから)出(い)でアヒラムよりはアヒラム人(びと)の族(やから)出(い)で
  39. シユパムよりはシユパム人(びと)の族(やから)出(い)でホパムよりはホパム人(びと)の族(やから)出(い)づ
  40. ベラの子等(こども)はアルデとナアマン、アルデよりはアルデ人(びと)の族(やから)出(い)でナアマンよりはナアマン人(びと)の族(やから)出(い)づ
  41. ベニヤミンの子孫はその宗族(やから)に依(よれ)ば是(かく)のごとくにしてその核數(かぞへ)られし者は四萬五千六百人
  42.  ダンの子孫はその宗族(やから)に依(よれ)ば左のごとしシユハムよりシユハム人(びと)の族(やから)出(い)づダンの宗族(やから)はその宗族(やから)によれば是(かく)の如(ごと)し
  43. シユハム人(びと)の諸(すべて)の族(やから)の中(うち)核數(かぞへ)られし者は六萬四千四百人
  44.  アセルの子孫はその宗族(やから)によれば左のごとしヱムナよりはヱムナ人(びと)の族(やから)出(い)でヱスイよりはヱスイ人(びと)の族(やから)出(い)でベリアよりはベリア人(びと)の族(やから)出(い)づ
  45. ベリアの子孫の中(うち)ヘベルよりはヘベル人(びと)の族(やから)出(い)でマルキエルよりはマルキエル人(びと)の族(やから)出(い)づ
  46. アセルの女子(むすめ)の名はサラと曰(い)ふ
  47. アセルの子孫の宗族(やから)は是(かく)のごとくにしてその核數(かぞへ)られし者五萬三千四百人
  48.  ナフタリの子孫はその宗族(やから)によれば左のごとしヤジエルよりヤジエル人(びと)の族(やから)出(い)でグニよりグニ人(びと)の族(やから)出(い)で
  49. ヱゼルよりヱゼル人(びと)の族(やから)出(い)でシレムよりシレム人(びと)の族(やから)出(い)づ
  50. ナフタリの宗族(やから)はその宗族(やから)によればかくのごとくにしてその核數(かぞへ)られしものは四萬五千四百人
  51.  すなはちイスラエルの子孫(ひとびと)の核數(かぞへ)られし者は六十萬一千七百三十人なりき
  52.  ヱホバ、モーセに告(つげ)て言(いひ)たまはく
  53. この人々にその名の數(かず)にしたがひて地を分(わか)ち與(あた)へてこれが産業(さんげふ)となさしむべし
  54. 人(ひと)衆(おほき)には汝(なんぢ)多くの産業を與(あた)へ人(ひと)寡(すくなき)には少(すこし)の産業を與(あた)ふべし即(すなは)ちその核數(かぞへ)られし數にしたがひておのおの産業を受(うく)べきなり
  55. 但(たゞ)しその地は鬮(くじ)をもて之(これ)を分(わか)ちその父祖(ふそ)の支派(わかれ)の名にしたがひて之(これ)を獲(う)べし
  56. 即(すなは)ち鬮(くじ)をもてその産業を人衆(おほ)き者と寡(すくな)き者とに分(わか)つべきなり
  57.  レビ人のその宗族(やから)にしたがひて數(かぞ)へられし者は左のごとしゲルシヨンよりはゲルシヨン人(びと)の族(やから)出(い)でコハテよりはコハテ人(びと)の族(やから)出(い)でメラリよりはメラリ人(びと)の族(やから)出(い)づ
  58. レビの族(やから)は左のごとしリブニ人(びと)の族(やから)ヘブロン人(びと)の族(やから)マヘリ人(びと)の族(やから)ムシ人(びと)の族(やから)コラ人(びと)の族(やから)コハテ、アムラムを生(うめ)り
  59. アムラムの妻の名はヨケベデといひてレビの女子(むすめ)なり是(これ)はエジプトにてレビに生(うま)れし者なりしがアムラムにそひてアロンとモーセおよびその姉妹ミリアムを生(うめ)り
  60. アロンにはナダブ、アビウ、エレアザルおよびイタマル生(うま)る
  61. ナダブとアビウは異火(ことび)をヱホバの前にさゝげし時死(しね)り
  62. その核數(かぞへ)られし一箇月(かげつ)以上の男子(をとこ)は都合(あはせて)二萬三千人レビ人はイスラエルの子孫(ひとびと)の中(うち)に産業を與(あたへ)へられざるが故(ゆゑ)にイスラエルの子孫(ひとびと)の中(うち)に核數(かぞへ)られざるなり
  63.  是(これ)すなはちモーセと祭司エレアザルがヨルダンの邊(ほとり)なるヱリコに對(たい)するモアブの平野(ひらの)にて數(かぞへ)へたるイスラエルの子孫(ひとびと)の數(かず)なり
  64. 但(たゞ)しその中(うち)にはモーセとアロンがシナイの曠野(あらの)においてイスラエルの子孫(ひとびと)をかぞへし時に數(かぞ)へたる者は一人もあらざりき
  65. 其(そ)はヱホバ曾(かつ)て彼らの事を宣(のべ)て是(これ)はかならず曠野(あらの)に死(しな)んといひたまひたればなり是(こゝ)をもてヱフンネの子カルブとヌンの子ヨシユアの外(ほか)は一人も遺(のこ)れる者あらざりき

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):民数紀略 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書