目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

Old Testament「Book of Numbers」
旧約聖書:民數紀略

第29章(CHAPTER 29)

  1. 七月にいたりその月の朔日(ついたち)に汝(なんぢ)ら聖會(せいくわい)を開くべし何の職業をも爲(なす)べからず是(これ)は汝らが喇叭(らつぱ)を吹(ふく)べき日なり
  2. 汝ら燔祭(はんさい)をさゝげてヱホバに馨(かうば)しき香(にほひ)をたてまつるべし即(すなは)ち少(わか)き牡牛(をうし)一匹(ひとつ)牡羊(をひつじ)一匹(ひとつ)當歳(たうさい)の羔羊(こひつじ)の全(まつた)き者七匹(なゝつ)を献(さゝ)ぐべし
  3. その素祭(そさい)には麥粉(むぎこ)に油を混和(まじへ)たるを用(もち)ふべし即(すなは)ち牡牛(をうし)一匹(ひとつ)に十分の三牡羊(をひつじ)一匹(ひとつ)に十分の二をもちひ
  4. また羔羊(こひつじ)には七匹(なゝつ)とも羔羊(こひつじ)一匹(ひとつ)に十分の一を用ふべし
  5. また牡山羊(をやぎ)一匹(ひとつ)を罪祭(ざいさい)に献(さゝ)げて汝らのために贖罪(あがなひ)をなすべし
  6. 是(これ)は月々の朔日(ついたち)の燔祭(はんさい)とその素祭(そさい)および日々の燔祭(はんさい)とその素祭(そさい)と灌祭(くわんさい)の外(ほか)なる者なり是(これ)らの物の例(のり)にしたがひて之(これ)をヱホバにたてまつりて馨(かうば)しき香(にほひ)の火祭(くわさい)となすべし
  7.  またその七月の十日に汝ら聖會(せいくわい)を開きかつ汝らの身をなやますべし何の職業をも爲(なす)べからず
  8. 汝らヱホバに燔祭(はんさい)を献(さゝ)げて馨(かうば)しき香(にほひ)をたてまつるべし即(すなは)ち少(わか)き牡牛(をうし)一匹(ひとつ)牡羊(をひつじ)一匹(ひとつ)當歳(たうさい)の羔羊(こひつじ)七匹(なゝつ)是(これ)みな全(まつた)き者なるべし
  9. その素祭(そさい)には麥粉(むぎこ)に油を混和(まじへ)たるを用(もち)ふべし即(すなは)ち牡牛(をうし)一匹(ひとつ)に十分の三牡羊(をひつじ)一匹(ひとつ)に十分の二を用ひ
  10. また羔羊(こひつじ)には七匹(なゝつ)とも羔羊(こひつじ)一匹(ひとつ)に十分の一を用ふべし
  11. また牡山羊(をやぎ)一匹(ひとつ)を罪祭(ざいさい)に献(さゝ)ぐべし是等(これら)は贖罪(あがなひ)の罪祭(ざいさい)と常燔祭(じやうはんさい)とその素祭(そさい)と灌祭(くわんさい)の外(ほか)なる者なり
  12.  七月の十五日に汝ら聖會(せいくわい)を開くべし何の職業をも爲(なす)べからず汝ら七日の間ヱホバに向(むかひ)て節筵(いはひ)を守るべし
  13. 汝ら燔祭(はんさい)を献(さゝ)げてヱホバに馨(かうば)しき香(にほひ)の火祭(くわさい)をたてまつるべし即(すなは)ち少(わか)き牡牛(をうし)十三牡羊(をひつじ)二匹(ふたつ)當歳(たうさい)の羔羊(こひつじ)十四是(これ)みな全(まつた)き者なるべし
  14. その素祭(そさい)には麥粉(むぎこ)に油を混和(まじへ)たるを用ふべし即(すなは)ちその十三の牡牛(をうし)には各箇(おのおの)十分の三その二匹(ふたつ)の牡羊(をひつじ)には各箇(おのおの)十分の二を用ひ
  15. その十四の羔羊(こひつじ)には各箇(おのおの)十分の一を用ふべし
  16. また牡山羊(をやぎ)一匹(ひとつ)を罪祭(ざいさい)に献(さゝ)ぐべし是等(これら)は常燔祭(じやうはんさい)およびその素祭(そさい)と灌祭(くわんさい)の外(ほか)なり
  17.  第二日(ふつかめ)には少(わか)き牡牛(をうし)十二牡羊(をひつじ)二匹當歳(たうさい)の羔羊(こひつじ)の全(まつた)き者十四を献(さゝ)ぐべし
  18. その牡牛(をうし)と牡羊(をひつじ)と羔羊(こひつじ)のために用ふる素祭(そさい)と灌祭(くわんさい)はその數に循(したが)ひて例(れい)のごとくすべし
  19. また牡山羊(をやぎ)一匹を罪祭(ざいさい)に献(さゝ)ぐべし是(これ)らは常燔祭(じやうはんさい)およびその素祭(そさい)と灌祭(くわんさい)の外(ほか)なり
  20.  第三日(みつかめ)には少(わか)き牡牛(をうし)十一牡羊(をひつじ)二匹當歳(たうさい)の羔羊(こひつじ)の全(まつた)き者十四を献(さゝ)ぐべし
  21. その牡牛(をうし)と牡羊(をひつじ)と羔羊(こひつじ)のために用ふる素祭(そさい)と灌祭(くわんさい)はその數に循(したが)ひて例(れい)のごとくすべし
  22. また牡山羊(をやぎ)一匹を罪祭(ざいさい)に献(さゝ)ぐべし是(これ)らは常燔祭(じやうはんさい)およびその素祭(そさい)と灌祭(くわんさい)の外(ほか)なり
  23.  第四日(よつかめ)には少(わか)き牡牛(をうし)十匹牡羊(をひつじ)二匹當歳(たうさい)の羔羊(こひつじ)の全(まつた)き者十四を献(さゝ)ぐべし
  24. その牡牛(をうし)と牡羊(をひつじ)と羔羊(こひつじ)のために用ふる素祭(そさい)と灌祭(くわんさい)はその數に循(したが)ひて例(れい)のごとくすべし
  25. また牡山羊(をやぎ)一匹を罪祭(ざいさい)に献(さゝ)ぐべし是等(これら)は常燔祭(じやうはんさい)およびその素祭(そさい)と灌祭(くわんさい)の外(ほか)なり
  26.  第五日(いつかめ)には少(わか)き牡牛(をうし)九匹牡羊(をひつじ)二匹當歳(たうさい)の羔羊(こひつじ)の全(まつた)き者十四を献(さゝ)ぐべし
  27. その牡牛(をうし)と牡羊(をひつじ)と羔羊(こひつじ)のために用ふる素祭(そさい)と灌祭(くわんさい)はその數にしたがひて例(れい)のごとくすべし
  28. また牡山羊(をやぎ)一匹を罪祭(ざいさい)に献(さゝ)ぐべし是(これ)らは常燔祭(じやうはんさい)およびその素祭(そさい)と灌祭(くわんさい)の外(ほか)なり
  29.  第六日(むいかめ)には少(わか)き牡牛(をうし)八匹牡羊(をひつじ)二匹當歳(たうさい)の羔羊(こひつじ)の全(まつた)き者十四を献(さゝ)ぐべし
  30. その牡牛(をうし)と牡羊(をひつじ)と羔羊(こひつじ)のために用ふる素祭(そさい)と灌祭(くわんさい)はその數にしたがひて例(れい)のごとくすべし
  31. また牡山羊(をやぎ)一匹を罪祭(ざいさい)に献(さゝ)ぐべし是等(これら)は常燔祭(じやうはんさい)およびその素祭(そさい)と灌祭(くわんさい)の外(ほか)なり
  32.  第七日(なぬかめ)には少(わか)き牡牛(をうし)七匹牡羊(をひつじ)二匹當歳(たうさい)の羔羊(こひつじ)の全(まつた)き者十四を献(さゝ)ぐべし
  33. その牡牛(をうし)と牡羊(をひつじ)と羔羊(こひつじ)のために用ふる素祭(そさい)と灌祭(くわんさい)はその數にしたがひて例(れい)のごとくすべし
  34. また牡山羊(をやぎ)一匹を罪祭(ざいさい)に献(さゝ)ぐべし是等(これら)は常燔祭(じやうはんさい)およびその素祭(そさい)と灌祭(くわんさい)の外(ほか)なり
  35.  第八日(やうかめ)にはまた汝ら會(くわい)をひらくべし何の職業をも爲(なす)べからず
  36. 燔祭(はんさい)を献(さゝ)げてヱホバに馨(かうば)しき香(にほひ)の火祭(くわさい)をたてまつるべし即(すなは)ち牡牛(をうし)一匹牡羊(をひつじ)一匹當歳(たうさい)の羔羊(こひつじ)の全(まつた)き者七匹を献(さゝ)ぐべし
  37. その牡牛(をうし)と牡羊(をひつじ)と羔羊(こひつじ)のために用ふる素祭(そさい)と灌祭(くわんさい)はその數にしたがひて例(れい)のごとくすべし
  38. また牡山羊(をやぎ)一匹を罪祭(ざいさい)に献(さゝ)ぐべし是(これ)らは常燔祭(じやうはんさい)およびその素祭(そさい)と灌祭(くわんさい)の外(ほか)なり
  39.  汝(なんぢ)らその節期(せつき)にはヱホバに斯(かく)なすべし是(これ)らは皆汝らが願還(ぐわんはたし)のために献(さゝ)げまたは自意(こゝろより)の禮物(そなへもの)として献(さゝ)ぐる所の燔祭(はんさい)素祭(そさい)灌祭(くわんさい)および酬恩祭(しうおんさい)の外(ほか)なり
  40. モーセはヱホバのモーセに命じたまへる事をことごとくイスラエルの子孫(ひとびと)に告(つげ)たり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):民数紀略 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書