目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Old Testament「The Proverbs」
旧約聖書:箴言

第5章(CHAPTER 5)

  1. 我が子よわが智慧(ちゑ)をきけ 汝の耳をわが聰明(さとり)に傾(かたぶ)け
  2. しかしてなんぢ謹愼(つゝしみ)を守り汝の口唇(くちびる)に知識を保つべし
  3. 娼妓(あそびめ)の口唇(くちびる)は蜜(みつ)を滴(したゝ)らし 其(その)口は脂(あぶら)よりも滑(なめらか)なり
  4. されど其(その)終(をはり)は茵(いん)[ちん]の如(ごと)くに苦く 兩刃(もろは)の劍(つるぎ)の如(ごと)くに利(するど)し
  5. その足は死に下(くだ)り その歩(あゆみ)は陰府(よみ)に趣(おもむ)く
  6. 彼は生命(いのち)の途(みち)に入らず 其徑(そのみち)はさだかならねども自(みづか)ら之(これ)を知(しら)ざるなり
  7. 小子等(こどもら)よいま我にきけ 我が口の言(ことば)を棄(す)つる勿(なか)れ
  8. 汝の途(みち)を彼より遠く離れしめよ 其(その)家の門(かど)に近づくことなかれ
  9. 恐(おそら)くは汝の榮(さかえ)を他人にわたし 汝の年を憐憫(あはれみ)なき者にわたすにいたらん
  10. 恐(おそら)くは他人なんぢの資財(たから)によりて盈(みた)され 汝の勞苦(はたらき)は他人の家にあらん
  11. 終(をはり)にいたりて汝の身なんぢの體(からだ)亡(ほろ)ぶる時なんぢ泣(なき)悲(かなし)みていはん
  12. われ教(をしへ)をいとひ 心に譴責(いましめ)をかろんじ
  13. 我が師の聲(こゑ)をきかず 我を教(をし)ふる者に耳を傾けず
  14. あつまりの中(なか)會衆(くわいしう)のうちにてほとんど諸(もろもろ)の惡に陷(おちい)れりと
  15. 汝おのれの水溜(みづため)より水を飮み おのれの泉より流るゝ水をのめ
  16. 汝の流(ながれ)をほかに溢(あふ)れしめ 汝の河(かは)の水を衢(ちまた)に流れしむべけんや
  17. これを自己(おのれ)に歸(き)せしめ 他人をして汝と偕(とも)にこれに與(あづか)らしむること勿(なか)れ
  18. 汝の泉に福祉(さいはひ)を受(うけ)しめ 汝の少(わか)き時の妻を樂しめ
  19. 彼は愛(うつく)しき[めじか]のごとく 美(うるは)しき鹿の如(ごと)し その乳房をもて常にたれりとし その愛をもて常によろこべ
  20. 我子(わがこ)よ何(いか)なればあそびめをたのしみ 淫婦(いんぷ)の胸を懐(いだ)くや
  21. それ人の途(みち)はヱホバの目の前にあり 彼はすべて其(その)行爲(おこなひ)を量(はか)りたまふ
  22. 惡者(あしきもの)はおのれの愆(とが)にとらへられ その罪の繩(なは)に繋(つなが)る
  23. 彼は訓誨(をしへ)なきによりて死(しに) その多くの愚(おろか)なることに由(よ)りて亡(ほろ)ぶべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):箴言 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章
17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書