目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Old Testament「The Proverbs」
旧約聖書:箴言

第13章(CHAPTER 13)

  1. 智慧(ちゑ)ある子は父の教訓(をしへ)をきゝ 戯謔者(あざけるもの)は懲治(こらしめ)をきかず
  2. 人はその口の徳によりて福祉(さいはひ)をくらひ 悖逆者(もとれるもの)の霊魂(たましひ)は強暴(しへたげ)をくらふ
  3. その口を守る者はその生命(いのち)を守る その口唇(くちびる)を大きくひらく者には滅亡(ほろび)きたる
  4. 惰(おこた)る者はこゝろに慕(した)へども得(う)ることなし 勤めはたらく者の心は豊饒(ゆたか)なり
  5. 義者(たゞしきもの)は虚偽(いつはり)の言(ことば)をにくみ 惡者(あしきもの)ははぢをかうむらせ面(かほ)を赤くせしむ
  6. 義(ぎ)は道を直(なほ)くあゆむ者をまもり 惡(あく)は罪人を倒(たふ)す
  7. 自(みづか)ら富めりといひあらはして些少(すこし)の所有(もちもの)もなき者あり 自(みづか)ら貧(まづ)しと稱(とな)へて資財(たから)おほき者あり
  8. 人の資財(たから)はその生命(いのち)を贖(あがな)ふものとなるあり 然(され)ど貧者(まづしきもの)は威嚇(おびやかし)をきくことあらず
  9. 義者(たゞしきもの)の光は輝(かゞや)き 惡者(あしきもの)の燈火(ともしび)はけさる
  10. 驕傲(たかぶり)はたゞ争端(あらそひ)を生(しやう)ず 勧告(いさめ)をきく者は智慧(ちゑ)あり
  11. 詭計(いつはり)をもて得たる資財(たから)は減(へ)る されど手をもて聚(あつ)めたくはふる者はこれを増すことを得(う)
  12. 望(のぞみ)を得ること遅(おそ)きときは心を疾(やま)しめ 願ふ所(ところ)既(すで)にとぐるときは生命(いのち)の樹を得たるがごとし
  13. 御言(みことば)をかろんずる者は亡(ほろぼ)され 誡命(いましめ)をおそるゝ者は報賞(むくい)を得(う)
  14. 智慧(ちゑ)ある人の教訓(をしへ)はいのちの泉なり 能(よ)く人をして死の罟(わな)を脱(のが)れしむ
  15. 善(ぜん)にして哲(さと)きものは恩(めぐみ)を蒙(かうむ)る されど悸逆者(もとれるもの)の途(みち)は艱難(なやみ)なり
  16. 凡(おほよ)そ賢者(かしこきもの)は知識に由(よ)りて事をおこなひ 愚(おろか)なる者はおのれの痴(おろか)を顕(あらは)す
  17. 惡(あし)き使者(つかひ)は災禍(わざはひ)に陷(おちい)る されど忠信(ちうしん)なる使者(つかひ)は良薬(くすり)の如(ごと)し
  18. 貧乏(まづしき)と恥辱(はづかしめ)とは教訓(をしへ)をすつる者にきたる されど譴責(いましめ)を守る者は尊(たふと)まる
  19. 望(のぞみ)を得(う)れば心に甘し 愚(おろか)なる者は惡を棄つることを嫌(きら)ふ
  20. 智慧(ちゑ)ある者と偕(とも)にあゆむものは智慧(ちゑ)をえ 愚(おろか)なる者の友となる者はあしくなる
  21. わざはひは罪人(つみびと)を追ひ 義者(たゞしきもの)は善報(よきむくい)をうく
  22. 善人(よきひと)はその産業を子孫に遺(のこ)す されど罪人の資財(たから)は義者(たゞしきもの)のために蓄(たくは)へらる
  23. 貧しき者の新田(しんでん)にはおほくの糧(かて)あり されど不義によりて亡(ほろぶ)る者あり
  24. 鞭(むち)をくはへざる者はその子を憎(にく)むなり 子を愛する者はしきりに之(これ)をいましむ
  25. 義(たゞ)しき者は食(しよく)をえて飽(あ)く されど惡者(あしきもの)の腹は空(むな)し

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):箴言 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章
17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書