目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Old Testament「The Proverbs」
旧約聖書:箴言

第16章(CHAPTER 16)

  1. 心に謀(はか)るところは人にあり 舌の答はヱホバより出(い)づ
  2. 人の途(みち)はおのれの目にことごとく潔(きよ)しと見ゆ 惟(たゞ)ヱホバ霊魂(たましひ)をはかりたまふ
  3. なんぢの作爲(わざ)をヱホバに託(まか)せよ さらば汝の謀(はか)るところ必ず成るべし
  4. ヱホバはすべての物をおのおのその用のために造り 惡人(あしきひと)をも惡(あし)き日のために造りたまへり
  5. すべて心たかぶる者はヱホバに惡(にく)まれ 手に手をあはするとも罪をまぬかれじ
  6. 憐憫(あはれみ)と眞實(まこと)とによりて愆(とが)は贖(あがな)はる ヱホバを畏(おそ)るゝことによりて人惡を離(はな)る
  7. ヱホバもし人の途(みち)を喜(よろこ)ばゞ その人の敵(あだ)をも之(これ)と和(やはら)がしむべし
  8. 義によりて得たるところの僅少(わづか)なる物は不義によりて得たる多(おほく)の資財(たから)にまさる
  9. 人は心におのれの途(みち)を考へはかる されどその歩履(あゆみ)を導くものはヱホバなり
  10. 王のくちびるには神のさばきあり 審判(さばき)するときその口あやまる可(べか)らず
  11. 公平の權衡(はかり)と天秤(てんびん)とはヱホバのものなり 嚢(ふくろ)にある[ふんどう]もことごとく彼の造りしものなり
  12. 惡をおこなふことは王の憎むところなり 是(これ)その位(くらい)は公義(たゞしき)によりて堅く立(たて)ばなり
  13. 義(たゞ)しき口唇(くちびる)は王によろこばる 彼等は正直(なほき)をいふものを愛す
  14. 王の怒(いかり)は死の使者のごとし 智慧(ちゑ)ある人はこれをなだむ
  15. 王の面(かほ)の光には生命(いのち)あり その恩寵(めぐみ)は春雨の雲のごとし
  16. 智慧(ちゑ)を得るは金をうるよりも更に善(よか)らずや 聰明(さとり)をうるは銀を得るよりも望まし
  17. 惡を離るゝは直き人の路(みち)なり おのれの道を守るは霊魂(たましひ)を守るなり
  18. 驕傲(たかぶり)は滅亡(ほろび)にさきだち 誇る心は傾跌(たふれ)にさきだつ
  19. 卑(ひく)き者に交(まじは)りて謙(へりく)だるは驕(たか)ぶる者と偕(とも)にありて贓物(えもの)をわかつに愈(まさ)る
  20. 愼(つゝし)みて御言(みことば)をおこなふ者は益(えき)をうべし ヱホバに倚頼(よりたの)むものは福(さいはひ)なり
  21. 心に智慧(ちゑ)あれば哲者(さときもの)と稱(とな)へらる くちびる甘ければ人の知識をます
  22. 明哲(さとり)はこれを持つものに生命(いのち)の泉となる 愚なる者をいましむる者はおのれの痴(おろか)是(これ)なり
  23. 智慧(ちゑ)ある者の心はおのれの口ををしへ 又おのれの口唇(くちびる)に知識をます
  24. こゝろよき言(ことば)は蜂蜜(はちみつ)のごとくにして 霊魂(たましひ)に甘く骨に良薬(くすり)となる
  25. 人の自(みづ)から見て正しとする途(みち)にして その終(をはり)はつひに死にいたる途(みち)となるものあり
  26. 勞(ほね)をるものは飮食(のみくひ)のために骨をる 是(これ)その口おのれに迫ればなり
  27. 邪曲(よこしま)なる人は惡を掘る その口唇(くちびる)には烈(はげ)しき火のごときものあり
  28. いつはる者はあらそひを起し つげぐちする者は朋友(とも)を離れしむ
  29. 強暴人(しへたぐるひと)はその鄰(となり)をいざなひ 之(これ)を善(よか)らざる途(みち)にみちびく
  30. その目を閉(とぢ)て惡を謀(はか)り その口唇(くちびる)を蹙(しゞ)めて惡事(あしきこと)を成遂(なしと)ぐ
  31. 白髪は榮(さかえ)の冠弁(かんむり)なり 義(たゞ)しき途(みち)にてこれを見ん
  32. 怒(いかり)を遅くする者は勇士(ますらを)に愈(まさ)り おのれの心を治(をさ)むる者は城を攻取(せめと)る者に愈(まさ)る
  33. 人は籤(くじ)をひく されど事をさだむるは全(また)くヱホバにあり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):箴言 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章
17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書