目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Old Testament「The Proverbs」
旧約聖書:箴言

第17章(CHAPTER 17)

  1. 睦(むつま)じうして一塊(ひとかたまり)の乾けるパンあるは あらそひありて宰(ほふ)れる畜(けもの)の盈(みち)たる家に愈(まさ)る
  2. かしこき僕(しもべ)は恥をきたらする子ををさめ 且(かつ)その子の兄弟の中にありて産業を分(わか)ち取る
  3. 銀を試(こゝろ)むる者は坩堝(るつぼ) 金を試むる者は鑢(ろ) 人の心を試むる者はヱホバなり
  4. 惡を行ふものは虚偽(いつはり)のくちびるにきゝ 虚偽(いつはり)をいふ者はあしき舌に耳を傾(かた)ぶく
  5. 貧人(まづしきひと)を嘲(あざけ)るものはその造主(つくりぬし)をあなどるなり 人の災禍(わざはひ)を喜ぶものは罪をまぬかれず
  6. 孫(まご)は老人(としより)の冠弁(かんむり)なり 父は子の榮(さかえ)なり
  7. 勝(すぐ)れたる事をいふは愚(おろか)なる人に適(かな)はず 況(まし)て虚偽(いつはり)をいふ口唇(くちびる)は君たる者に適(かな)はんや
  8. 贈物(おくりもの)はこれを受(うく)る者の目には貴(たふと)き珠(たま)のごとし その向ふところにて凡(すべ)て幸福(さいはひ)を買ふ
  9. 愛を追求(おひもと)むる者は人の過失(あやまち)をおほふ 人の事を言ひふるゝ者は朋友(とも)をあひ離れしむ
  10. 一句(ひとつ)の誡命(いましめ)の智人(さときひと)に徹(い)るは 百囘(もゝたび)[う]つことの愚(おろか)なる人に徹(い)るよりも深(ふか)し
  11. 叛(そむ)きもとる者はたゞ惡(あし)きことのみをもとむ 此故(このゆゑ)に彼にむかひて殘忍なる使者(つかひ)遣(つか)はさる
  12. 愚(おろか)なる者の愚妄(おろか)をなすにあはんよりは寧(むし)ろ子をとられたる牝熊(めぐま)にあへ
  13. 惡をもて善(ぜん)に報(むく)ゆる者は惡その家を離れじ
  14. 争端(あらそひ)の起源(はじめ)は堤より水をもらすに似たり この故(ゆゑ)にあらそひの起らざる先にこれを止(とゞ)むべし
  15. 惡者(あしきもの)を義(たゞし)とし義者(たゞしきもの)を惡(あし)しとするこの二(ふたつ)の者はヱホバに憎まる
  16. 愚(おろか)なる者はすでに心なし 何ぞ智慧(ちゑ)をかはんとて手にその價(あたひ)の金をもつや
  17. 朋友(とも)はいづれの時にも愛す 兄弟は危難(なやみ)の時のために生(うま)る
  18. 智慧(ちゑ)なき人は手を拍(うち)てその友の前にて保證(うけあひ)をなす
  19. 争端(あらそひ)をこのむ者は罪を好み その門を高くする者は敗壞(ほろび)を求む
  20. 邪曲(よこしま)なる心ある者はさいはひを得ず その舌をみだりにする者はわざはひに陷(おちい)る
  21. 愚(おろか)なる者を産むものは自己(おのれ)の憂(うれへ)を生じ 愚(おろか)なる者の父は喜樂(よろこび)を得ず
  22. 心のたのしみは良薬(よきくすり)なり 霊魂(たましひ)のうれひは骨を枯(から)す
  23. 惡者(あしきもの)は人の懐(ふところ)より賄賂(まひなひ)をうけて審判(さばき)の道をまぐ
  24. 智慧(ちゑ)は哲者(さときもの)の面(かほ)のまへにあり されど愚なる者は目を地の極(はて)にそゝぐ
  25. 愚(おろか)なる子は其(その)父の憂(うれへ)となり 亦(また)これを生(うめ)る母の煩勞(わづらひ)となる
  26. 義者(たゞしきもの)を罰するは善(よか)らず 貴(たふと)き者をその義(たゞし)きがために[うつ]は善(よか)らず
  27. 言(ことば)を寡(すくな)くする者は知識あり 心の静(しづか)なる者は哲人(さときひと)なり
  28. 愚(おろか)なる者も黙するときは智慧(ちゑ)ある者と思はれ その口唇(くちびる)を閉(とづ)るときは哲者(さときもの)とおもはるべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):箴言 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章
17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書