目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Old Testament「The Proverbs」
旧約聖書:箴言

第19章(CHAPTER 19)

  1. たゞしく歩むまづしき者は くちびるの悖(もと)れる愚(おろか)なる者に愈(まさ)る
  2. 心に思慮(かんがへ)なければ善(よか)らず 足にて急ぐものは道にまよふ
  3. 人はおのれの痴(おろか)によりて道につまづき 反(かへつ)て心にヱホバを怨(うら)む
  4. 資財(たから)はおほくの友をあつむ されど貧者(まづしきもの)はその友に疎(うと)まる
  5. 虚偽(いつはり)の證人(あかしびと)は罰をまぬかれず [いつはり]をはくものは避(のが)るることをえず
  6. 君(きみ)に媚(こぶ)る者はおほし 凡(おほよ)そ人は贈物を與(あた)ふる者の友となるなり
  7. 貧者(まづしきもの)はその兄弟すらも皆これをにくむ 況(まし)てその友これに遠ざからざらんや 言(ことば)をはなちてこれを呼(よぶ)とも去(さり)てかへらざるなり
  8. 智慧(ちゑ)を得(う)る者はおのれの霊魂(たましひ)を愛す 聰明(さとり)をたもつ者は善福(さいはひ)を得(え)ん
  9. 虚偽(いつはり)の證人(あかしびと)は罰をまぬかれず [いつはり]をはく者はほろぶべし
  10. 愚(おろか)なる者の驕奢(おごり)に居るは適當(ふさはし)からず 況(まし)て僕(しもべ)にして上(かみ)に在る者を治(おさ)むることをや
  11. 聰明(さとり)は人に怒(いかり)をしのばしむ 過失(あやまち)を宥(ゆる)すは人の榮譽(ほまれ)なり
  12. 王の怒(いかり)は獅(しゝ)の吼(ほゆ)るが如(ごと)く その恩典(めぐみ)は草の上におく露(つゆ)のごとし
  13. 愚(おろか)なる子はその父の災禍(わざはひ)なり 妻の相争(あひあら)そふは雨漏(あまもり)のたえぬにひとし
  14. 家と資財(たから)とは先祖より承嗣(うけつ)ぐもの 賢(かしこ)き妻はヱホバより賜(たま)ふものなり
  15. 懶惰(おこたり)は人を酣寐(うまい)せしむ 懈怠人(ものうきひと)は飢(うゝ)べし
  16. 誡命(いましめ)を守るものは自己(おのれ)の霊魂(たましひ)を守るなり その道をかろむるものは死ぬべし
  17. 貧者(まづしきもの)をあはれむ者はヱホバに貸すなり その施濟(ほどこし)はヱホバ償(つくの)ひたまはん
  18. 望(のぞみ)ある間(うち)に汝の子を打て これを殺すこゝろを起すなかれ
  19. 怒(いか)ることの烈(はげ)しき者は罰(ばつ)をうく 汝もしこれを救ふともしばしば然(しか)せざるを得じ
  20. なんぢ勧(すゝめ)をきき訓(をしへ)をうけよ 然(さら)ばなんぢの終(をはり)に智慧(ちゑ)あらん
  21. 人の心には多くの計畫(かんがへ)あり されど惟(たゞ)ヱホバの旨(むね)のみ立(たつ)べし
  22. 人のよろこびは施濟(ほどこし)をするにあり 貧者(まづしきもの)は[いつはり]人に愈(まさ)る
  23. ヱホバを畏(おそ)るゝことは人をして生命(いのち)にいたらしめ かつ恒(つね)に飽足(あきた)りて災禍(わざはひ)に遇(あは)ざらしむ
  24. 惰者(おこたるもの)はその手を盤(さら)にいるゝも之(これ)をその口に挙(あぐ)ることをだにせず
  25. 嘲笑者(あざけるもの)を打て さらば拙者(つたなきもの)も愼(つゝし)まん 哲者(さときもの)を譴(いまし)めよ さらばかれ知識を得ん
  26. 父を煩(わづら)はし母を逐(お)ふは羞赧(はぢ)をきたらし凌辱(はづかしめ)をまねく子なり
  27. わが子よ哲言(さときことば)を離れしむる教(をしへ)を聴くことを息(や)めよ
  28. 惡(あし)き證人(あかしびと)は審判(さばき)を嘲(あざけ)り 惡者(あしきもの)の口は惡を呑(の)む
  29. 審判(さばき)は嘲笑者(あざけるもの)のために備(そな)へられ 鞭(むち)は愚(おろか)なる者の背のために備へらる

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):箴言 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章
17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書