目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Old Testament「The Proverbs」
旧約聖書:箴言

第22章(CHAPTER 22)

  1. 嘉名(よきな)は大(おほい)なる富にまさり 恩寵(めぐみ)は銀また金よりも佳(よ)し
  2. 富者(とめるもの)と貧者(まづしきもの)と偕(とも)に世にをる 凡(すべ)て之(これ)を造りし者はヱホバなり
  3. 賢者(かしこきもの)は災禍(わざはひ)を見てみづから避け 拙者(つたなきもの)はすゝみて罰をうく
  4. 謙遜(へりくだり)とヱホバを畏(おそ)るゝ事との報(むくい)は富と尊貴(たふとき)と生命(いのち)となり
  5. 悸(もと)れる者の途(みち)には荊棘(いばら)と罟(わな)とあり 霊魂(たましひ)を守る者は遠くこれを離れん
  6. 子をその道に從ひて教へよ 然(さら)ばその老たる時も之(これ)を離れじ
  7. 富者(とめるもの)は貧者(まづしきもの)を治(おさ)め借者(かるもの)は貸人(かすひと)の僕(しもべ)となる
  8. 惡を播(ま)くものは禍害(わざはひ)を穡(か)り その怒(いかり)の杖(つゑ)は廢(すた)るべし
  9. 人を見て惠(めぐ)む者はまた惠まる 此(こ)はその糧(かて)を貧者(まづしきもの)に與(あた)ふればなり
  10. 嘲笑者(あざけるもの)を逐(お)へば争論(あらそひ)も亦(また)さり 且(かつ)闘諍(いさかひ)も恥辱(はぢ)もやむ
  11. 心の潔きを愛する者はその口唇(くちびる)に憐憫(あはれみ)をもてり 王その友とならん
  12. ヱホバの目は知識ある者を守る 彼は悸(もと)れる者の言(ことば)を敗(やぶ)りたまふ
  13. 惰者(おこたるもの)はいふ獅(しゝ)そとにあり われ衢(ちまた)にて殺されんと
  14. 妓婦(あそびめ)の口は深き坑(あな)なり ヱホバに憎まるゝ者これに陷(おちい)らん
  15. 痴(おろか)なること子の心の中(うち)に繋(つな)がる 懲治(こらしめ)の鞭(むち)これを逐(おひ)いだす
  16. 貧者(まづしきもの)を虐(しへた)げて自(みづか)らを富(とま)さんとする者と富者(とめるもの)に與(あた)ふる者とは遂(つひ)にかならず貧しくなる
  17. 汝の耳を傾(かた)ぶけて智慧(ちゑ)ある者の言(ことば)をきゝ 且(かつ)なんぢの心をわが知識に用ゐよ
  18. 之(これ)を汝の腹にたもちて 盡(ことごと)くなんぢの口唇(くちびる)にそなはらしめば樂(たの)しかるべし
  19. 汝をしてヱホバに倚(より)頼(たの)ましめんが爲(ため)にわれ今日これを汝に教(をし)ふ
  20. われ勧言(すゝめ)と知識とをふくみたる勝(すぐ)れし言(ことば)を汝の爲に録(しる)しゝにあらずや
  21. これ汝をして眞(まこと)の言(ことば)の確實(たしか)なることを暁(さと)らしめ 且(かつ)なんぢを遣(つかは)しゝ者に眞(まこと)の言(ことば)を持歸らしめん爲(ため)なり
  22. 弱き者を弱きがために掠(かす)むることなかれ 艱難者(なやめるもの)を門にて壓(おし)つくること勿(なか)れ
  23. そはヱホバその訴(うたへ)を糺(たゞ)し 且(かつ)かれらを害(そこな)ふものの生命(いのち)をそこなはん
  24. 怒(いか)る者と交(まじは)ること勿(なか)れ 憤(いきど)ほる人とともに往(ゆく)ことなかれ
  25. 恐くは汝その道に效(なら)ひてみづから罟(わな)に陷(おちい)らん
  26. なんぢ人と手をうつ者となることなかれ 人の負債(おひめ)の保證(うけあひ)をなすこと勿(なか)れ
  27. 汝もし償(つくの)ふべきものあらずば人なんぢの下なる臥牀(ねどこ)までも奪ひ取(とら)ん 是(これ)豈(あに)よからんや
  28. なんぢの先祖がたてし古き地界(ちざかひ)を移すこと勿(なか)れ
  29. 汝その業(げふ)に巧(たくみ)なる人を見るか 斯(かゝ)る人は王の前に立(たゝ)ん かならず賤者(いやしきもの)の前にたゝじ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):箴言 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章
17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書