目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Old Testament「The Proverbs」
旧約聖書:箴言

第27章(CHAPTER 27)

  1. なんぢ明日のことを誇るなかれ そは一日の生ずるところの如何(いか)なるを知(しら)ざればなり
  2. 汝おのれの口をもて自ら讃(ほ)むることなく人をして己(おのれ)を讃(ほ)めしめよ 自己の口唇(くちびる)をもてせず 他人をして己(おのれ)をほめしめよ
  3. 石は重く沙(すな)は軽からず 然(され)ど愚なる者の怒(いかり)はこの二(ふたつ)よりも重し
  4. 忿怒(いかり)は猛(たけ)く憤恨(いきどほり)は烈(はげ)し されど嫉妬(ねたみ)の前には誰か立ことをを得ん
  5. 明白(あからさま)に譴(いまし)むるは秘(ひそか)に愛するに愈(まさ)る
  6. 愛する者の傷つくるは眞實(まこと)よりし 敵(あた)の接吻(くちつけ)するは偽詐(いつはり)よりするなり
  7. 飽(あけ)るものは蜂の蜜をも踐(ふみ)つく されど飢(うゑ)たる者には苦(にが)き物さへもすべて甘し
  8. その家を離れてさまよふ人は その巣を離れてさまよふ鳥のごとし
  9. 膏(あぶら)と香(かう)とは人の心をよろこばすなり 心よりして勧言(すゝめ)を與(あた)ふる友の美しきもまた斯(かく)のごとし
  10. なんぢの友と汝の父の友とを棄(すつ)るなかれ なんぢ患難(なやみ)にあふ日に兄弟の家にいることなかれ 親しき隣(となり)は疏(うと)き兄弟に愈(まさ)れり
  11. わが子よ智慧(ちゑ)を得てわが心を悦(よろこ)ばせよ 然(さら)ば我をそしる者に我こたふることを得ん
  12. 賢者(かしこきもの)は禍害(わざはひ)を見てみづから避け 拙者(つたなきもの)はすゝみて罰をうく
  13. 人の保證(うけあひ)をなす者よりは先(まづ)その衣(ころも)をとれ 他人の保證(うけあひ)をなす者をば固くとらへよ
  14. 晨(あさ)はやく起て大聲(おほごゑ)にその鄰(となり)を祝すれば却(かへつ)て呪詛(のろひ)と見なされん
  15. 相争(あひあらそ)ふ婦(をんな)は雨ふる日に絶(たえ)ずある雨漏(あまもり)のごとし
  16. これを制(おさ)ふるものは風をおさふるがごとく 右の手に膏(あぶら)をつかむがごとし
  17. 鉄は鉄をとぐ 斯(かく)のごとくその友の面(かほ)を研(とぐ)なり
  18. 無花果(いちじく)の樹をまもる者はその果をくらふ 主(しゆ)を貴(たふと)ぶものは譽(ほまれ)を得(う)
  19. 水に照(うつ)せば面(かほ)と面と相肖(あひに)るがごとく 人の心は人の心に似たり
  20. 陰府(よみ)と沈淪(ほろび)とは飽(あく)ことなく 人の目もまた飽(あく)ことなし
  21. 坩堝(るつぼ)によりて銀をためし 鑢(かまど)によりて金をためし その讃(ほめ)らるゝ所によりて人をためす
  22. なんぢ愚(おろか)なる者を臼(うす)にいれ杵(きね)をもて麥と偕(とも)にこれを搗(つく)ともその愚(おろか)は去らざるなり
  23. なんぢの羊(ひつじ)の情況(ありさま)をよく知り なんぢの群(むれ)に心を留(とゞ)めよ
  24. 富は永く保つものにあらず いかで位(くらゐ)は世々にたもたん
  25. 艸(くさ)枯れ苗(なへ)いで 山の蔬菜(やさい)あつめらる
  26. 羔羊(こひつじ)はなんぢの衣服(ころも)を出(いだ)し 牡羊(をひつじ)は田圃(はたけ)を買ふ價(あたひ)となり
  27. 牝羊(めひつじ)の乳はおほくして汝となんぢの家人(いへのもの)の糧(かて)となり 汝の女(むすめ)をやしなふにたる

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):箴言 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章
17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書