目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Old Testament「The Proverbs」
旧約聖書:箴言

第29章(CHAPTER 29)

  1. しばしば責(せめ)られてもなほ強項(かたくな)なる者は救はるゝことなくして猝然(にはか)に滅されん
  2. 義者(たゞしきもの)ませば民よろこび 惡きもの權(けん)を掌(と)らば民かなしむ
  3. 智慧(ちゑ)を愛する人はその父を悦ばせ 妓婦(あそびめ)に交(まじは)る者はその財産(たから)を費(つひや)す
  4. 王は公義をもて國を堅(かた)うす されど租税(みつぎ)を征取(しひと)る者はこれを滅(ほろぼ)す
  5. その鄰(となり)に諂(へつら)ふ者はかれの脚(あし)の前に羅(あみ)を張る
  6. 惡き人の罪の中には罟(わな)あり 然(され)ど義者(たゞしきもの)は歓(よろこ)び樂しむ
  7. 義(たゞし)きものは貧(まづし)きものの訟(うたへ)をかへりみる 然(され)ど惡人(あしきひと)は之(これ)を知ることを願はず
  8. 嘲笑人(あざけるひと)は城邑(まち)を擾(みだ)し 智慧(ちゑ)ある者は怒(いかり)をしづむ
  9. 智慧(ちゑ)ある人おろかなる人と争へば或(あるひ)は怒(いか)り或(あるひ)は笑ひて休むことなし
  10. 血をながす人は直(なほ)き人を惡(にく)む されど義(たゞし)き者はその生命(いのち)を救はんことを求む
  11. 愚(おろか)なる者はその怒(いかり)をことごとく露(あら)はし 智慧(ちゑ)ある者は之(これ)を心に蔵(をさ)む
  12. 君王(きみ)もし虚偽(いつはり)の言(ことば)を聴かばその臣みな惡し
  13. 貧者(まづしきもの)と苛酷者(しへたぐるもの)と偕(とも)に世にをる ヱホバは彼等の目に光をあたへ給ふ
  14. 眞實(まこと)をもて弱者(よわきもの)を審判(さばき)する王はその位(くらゐ)つねに堅(かた)く立つべし
  15. 鞭(むち)と譴責(いましめ)とは智慧(ちゑ)をあたふ 任意(こゝろまゝ)になしおかれたる子はその母を辱(はづか)しむ
  16. 惡(あし)きもの多ければ罪も亦(また)おほし 義者(たゞしきもの)は彼等の傾覆(ほろび)をみん
  17. なんぢの子を懲(こら)せ さらば彼なんぢを安からしめ 又なんぢの心に喜樂(よろこび)を與(あた)へん
  18. 黙示(もくし)なければ民は放肆(ほしいまゝ)にす 律法(おきて)を守るものは福(さいは)ひなり
  19. 僕(しもべ)は言(ことば)をもて譴(いまし)むるとも改(あらた)めず 彼は知れども從(したが)はざればなり
  20. なんぢ言(ことば)を謹(つゝし)まざる人を見しや 彼よりは却(かへつ)て愚(おろか)なる者に望(のぞみ)あり
  21. 僕(しもべ)をその幼(いとけ)なき時より柔(やはら)かに育てなば終(つひ)には子の如(ごと)くならしめん
  22. 怒(いか)る人は争端(あらそひ)を起し 憤(いきど)ほる人は罪おほし
  23. 人の傲慢(たかぶり)はおのれを卑(ひく)くし 心に謙(へりく)だる者は榮譽(ほまれ)を得(う)
  24. 盗人(ぬすびと)に黨(くみ)する者はおのれの霊魂(たましひ)を惡(にく)むなり 彼は誓(ちかひ)を聴けども説述(いひの)べず
  25. 人を畏(おそ)るれば罟(わな)におちいる ヱホバをたのむ者は護(まも)られん
  26. 君の慈悲(めぐみ)を求むる者はおほし 然(さ)れど人の事を定むるはヱホバによる
  27. 不義をなす人は義者(たゞしきもの)の惡(にく)むところ 義(たゞし)くあゆむ人は惡者(あしきもの)の惡(にく)むところなり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):箴言 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章
17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書