目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Old Testament「The Proverbs」
旧約聖書:箴言

第30章(CHAPTER 30)

  1. ヤケの子アグルの語(ことば)なる箴言(しんげん)    かれイテエルにむかひて之(これ)をいへり 即ちイテエルとウカルとにいへる所のものなり
  2. 我は人よりも愚(おろか)なり 我には人の聰明(さとり)あらず
  3. 我いまだ智慧(ちゑ)をならひ得(え)ず またいまだ至聖(いときよ)きものを暁(さと)ることをえず
  4. 天に昇(のぼ)りまた降(くだ)りし者は誰か 風をその掌中(たなごころ)に聚(あつ)めし者は誰か 水を衣(ころも)につゝみし者は誰か 地のすべての限界(かぎり)を定めし者は誰か その名は何ぞ その子の名は何ぞ 汝これを知るや
  5. 神の言(ことば)はみな潔(いさぎ)よし 神は彼を頼むものの盾(たて)なり
  6. 汝その言(ことば)に加ふること勿(なか)れ 恐くは彼なんぢをせめ 又なんぢを[いつは]る者となしたまはん
  7. われ二(ふたつ)の事をなんぢに求めたり 我が死(しな)ざる先にこれをたまへ
  8. 即(すなは)ち虚假(うそ)と[いつはり]とを我より離れしめ 我をして貧(まづし)からしめずまた富(とま)しめず 惟(たゞ)なくてならぬ糧(かて)をあたへ給(たま)へ
  9. そは我あきて神を知(しら)ずといひヱホバは誰なりやといはんことを恐れ また貧(まづし)くして窃盗(ぬすみ)をなし我が神の名を汚さんことを恐るればなり
  10. なんぢ僕(しもべ)をその主に讒(しゝづ)ることなかれ 恐(おそら)くは彼なんぢを詛(のろ)ひてなんぢ罪せられん
  11. その父を詛(のろ)ひその母を祝せざる世類(たぐひ)あり
  12. おのれの目に自らを潔者(きよきもの)となして尚(なほ)その汚穢(けがれ)を滌(あら)はれざる世類(たぐひ)あり
  13. また一(ひとつ)の世類(たぐひ)あり 嗚呼(あゝ)その眼はいかに高きぞや その瞼(まなぶた)は昂(あが)れり
  14. その齒は劍(つるぎ)のごとく その牙(きば)は刃(やいば)のごとき世類(たぐひ)あり 彼等は貧(まづし)き者を地より呑(の)み 窮乏者(ともしきもの)を人の中より食(くら)ふ
  15. 蛭(ひる)に二人の女(むすめ)あり 與(あた)ヘよ與(あた)へよと呼はる 飽(あく)ことを知(しら)ざるもの三(みつ)あり 否(い)な四(よつ)あり皆(みな)たれりといはず
  16. 即(すなは)ち陰府(よみ)姙(はらま)まざる胎(はら)水に満(みた)されざる地 足(たれ)りといはざる火これなり
  17. おのれの父を嘲(あざけ)り母に從ふことをいやしとする眼は 谷の鴉(からす)これを抜(ぬき)いだし鷲(わし)の雛(こ)これを食はん
  18. わが奇(くすし)とするもの三(みつ)あり 否(い)な四(よつ)あり共にわが識(しら)ざる者なり
  19. 即(すなは)ち空にとぷ鷲(わし)の路(みち) 磐(いは)の上にはふ蛇(へび)の路(みち) 海にはしる舟の路(みち) 男の女にあふの路(みち)これなり
  20. 淫婦(いんぷ)の途(みち)も亦(また)しかり 彼は食(くら)ひてその口を拭(ぬぐ)ひ われ惡(あし)きことを爲(なさ)ざりきといふ
  21. 地は三(みつ)の者によりて震(ふる)ふ 否(いな)な四(よつ)の者によりて耐(たふ)ることあたはざるなり
  22. 即(すなは)ち僕(しもべ)たるもの王となるに因(よ)り 愚(おろか)なるもの糧(かて)に飽(あけ)るにより
  23. 厭忌(いみきら)はれたる婦(をんな)の嫁(とつ)ぐにより 婢女(はしため)その主母(しゆぼ)に續(つぐ)に因(よ)りてなり
  24. 地に四(よつ)の物あり微小(ちひさし)といへども最智(いとかしこ)し
  25. 蟻(あり)は力なき者なれどもその糧(かて)を夏のうちに備(そな)ふ
  26. 山鼠(やまねずみ)ば強からざれどもその室(いへ)を磐(いは)につくる
  27. 蝗(いなご)は王なけれどもみな隊(くみ)を立(たて)ていづ
  28. 守宮(やもり)は手をもてつかまり王の宮(いへ)にをる
  29. 善(よく)あゆむもの三(みつ)あり 否(いな)な四(よつ)あり皆よく歩く
  30. 獣(けもの)の中にて最(いと)も強くもろもろのものの前より退(しりぞ)かざる獅子(しゝ)
  31. 肚帯(はらおび)せし戦馬(いくさむま) 牡野羊(おやぎ) および當(あた)ること能(あた)はざる王これなり
  32. 汝もし愚(おろか)にして自(みづか)から高ぶり或(あるひ)は惡(あし)きことを計(はか)らば汝の手を口に當(あ)つべし
  33. それ乳を搾(しむ)れば乾酪(かんらく)いで 鼻を搾(しむ)れば血いで 怒(いかり)を激(むか)ふれば争端(あらそひ)おこる

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):箴言 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章
17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書