目次 前へ 次へ  1 2 3 4

Old Testament「Book of Ruth」
旧約聖書:ルツ記

第2章(CHAPTER 2)

  1. ナオミにその夫(をつと)の知己(しるひと)あり即(すなは)ちエリメレクの族(やから)にして大(おほい)なる力の人なり その名をボアズといふ
  2. 茲(こゝ)にモアブの女ルツ、ナオミにいひけるは請(こ)ふわれをして田(はたけ)にゆかしめよ我(われ)何人(なにびと)かの目のまへに恩(めぐみ)をうることあらばその人の後(うしろ)にしたがひて穗を拾(ひろ)はんとナオミ彼に女子(むすめ)よ往(ゆく)べしといひければ
  3. 乃(すなは)ち往(ゆ)き遂(つひ)に至りて刈者(かるもの)の後にしたがひ田(はたけ)にて穗を拾(ひろ)ふ彼(かれ)意(おも)はずもエリメレクの族(やから)なるボアズの田(はたけ)の中(うち)にいたれり
  4. 時にボアズ、ベテレヘムより來(きた)り その刈者等(かるものども)に言ふねがはくはヱホバ汝等とともに在(いま)せと彼等すなはち答(こたへ)てねがはくはヱホバ汝を祝(めぐみ)たまへといふ
  5. ボアズその刈者(かるもの)を督(みまは)る僕(しもべ)にいひけるは此(これ)は誰の女(むすめ)なるや
  6. 刈者(かるもの)を督(みまは)る人こたへて言ふ是(これ)はモアブの女にしてモアブの地よりナオミとともに還(かへ)りし者なるが
  7. いふ請(こ)ふ我をして刈者(かるもの)の後(うしろ)にしたがひて禾束(たば)の間(あひだ)に穗をひろひあつめしめよと而(しか)して來(きた)りて朝より今にいたるまで此(こゝ)にあり其家(そのいへ)にやすみし間(ま)は暫時(しばし)のみ
  8.  ボアズ、ルツにいひけるは女子(むすめ)よ聽(き)け他の田(はたけ)に穗をひろひにゆくなかれ又(また)此(こゝ)よりいづるなかれわが婢等(しもめら)に離(はなれ)ずして此(こゝ)にをるべし
  9. 人々の刈(かる)ところの田(はたけ)に目をとめてその後にしたがひゆけ我(われ)少者(わかきもの)等に汝にさはるなかれと命ぜしにあらずや汝渇(かわ)く時は器(うつは)の所にゆきて少者(わかもの)の汲(くめ)るを飮めと
  10. 彼すなはち伏(ふし)て地に拜(はい)し之(これ)にいひけるは我(われ)如何(いかに)して汝の目の前に恩惠(めぐみ)を得たるかなんぢ異邦人(ことくにびと)なる我(われ)を顧(かへり)みると
  11. ボアズこたへて彼にいひけるは汝が夫の死(しに)たるより巳來(このかた)姑(しうとめ)に盡(つく)したる事汝がその父母および生れたる國を離れて見ず識(しら)ずの民に來(きた)りし事皆われに聞(きこ)えたり
  12. ねがはくはヱホバ汝の行爲(わざ)に報(むく)いたまへ ねがはくはイスラエルの神ヱホバ即(すなは)ち汝がその翼(つばさ)の下に身を寄(よせ)んとて來(きた)れる者汝に十分の報施(むくい)をたまはんことを
  13. 彼いひけるは主(しゅ)よ我をして汝の目の前に恩(めぐみ)をえせしめたまへ我は汝の仕女(つかへめ)の一人にも及(およば)ざるに汝かく我を慰(なぐさ)め斯(かく)仕女(つかへめ)に懇切(ねんごろ)に語りたまふ
  14.  ボアズかれにいひけるは食事の時は此(こゝ)にきたりてこのパンを食(くら)ひ且(かつ)汝の食物(くひもの)をこの醋(す)に濡(ひた)せよと彼すなはち刈者(かるもの)の傍(かたはら)に坐(ざ)しければボアズ[やき]麥をかれに與(あた)ふ彼くらひて飽(あ)き其餘(そののこり)を懷(をさ)む
  15. かくて彼また穗をひろはんとて起(おき)あがりければボアズその少者(わかもの)に命じていふ彼をして禾束(たば)の間にても穗をひろはしめよかれを羞(はぢ)しむるなかれ
  16. 且(かつ)手の穗を故(ことさら)に彼がために抽落(ぬきおと)しおきて彼に拾(ひろ)はしめよ叱(しか)るなかれ
  17.  彼かく薄暮(よひ)まで田(はたけ)に穗をひろひてその拾(ひろ)ひし者を撲(うち)しに大麥(おほむぎ)一斗(と)許(ばかり)ありき
  18. 彼すなはち之(これ)を携(たづさ)へて邑(まち)にいり姑(しうとめ)にその拾ひし者を看(み)せ且(かつ)その飽(あき)たる後に懷(をさ)めおきたる者を取出(とりいだ)して之(これ)にあたふ
  19. 姑(しうとめ)かれにいひけるは汝今日何處(いづく)にて穗をひろひしや何(いづれ)の處(ところ)にて工作(はたらき)しや願(ねがは)くは汝を眷顧(かへりみ)たる者に福祉(さいはひ)あれ彼すなはち姑(しうとめ)にその誰の所に工作(はたらき)しかを告(つげ)ていふ今日われに工作(はたらき)をなさしめたる人の名はボアズといふ
  20. ナオミ[よめ]にいひけるは願(ねがは)くはヱホバの恩(めぐみ)かれにいたれ彼は生(いけ)る者と死(しね)る者とを棄(すて)ずして恩を(めぐみ)ほどこすナオミまた彼にいひけるは其人(そのひと)は我等に縁(ちなみ)ある者にして我等の贖業者(あがなひびと)の一人なり
  21. モアブの女ルツいひけるは彼また我にかたりて汝わが穫刈(かりいれ)の盡(ことごと)く終(をは)るまでわが少者(わかもの)の傍(かたはら)をはなるゝなかれといへりと
  22. ナオミその[よめ]ルツにいひけるは女子(むすめ)よ汝かれの婢等(しもめら)とともに出(いづ)るは善(よ)し然(さす)れば他の田(はたけ)にて人に見らるゝことを免(まぬ)かれん
  23. 是(これ)によりて彼ボアズの婢等(しもめら)の傍(かたはら)を離れずして穗をひろひ大麥刈(おほむぎかり)と小麥刈(こむぎかり)の終(をはり)にまでおよぶ彼その姑(しうとめ)とともにをる

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書:ルツ記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書