目次 前へ 次へ  1 2 3 4

Old Testament「Book of Ruth」
旧約聖書:ルツ記

第3章(CHAPTER 3)

  1. 爰(こゝ)に姑(しうとめ)ナオミ彼にいひけるは女子(むすめ)よ我(われ)汝の安身所(おちつきどころ)を求めて汝を幸(さいはひ)ならしむべきにあらずや
  2. 夫(それ)汝が偕(とも)にありし婢等(しもめら)を有(もて)る彼ボアズは我等の知己(しるひと)なるにあらずや視(み)よ彼は今夜(こんや)禾塲(うちば)にて大麥(おほむぎ)を簸(ひ)る
  3. 然(され)ば汝の身を洗(あらひ)て膏(あぶら)をぬり衣服(ころも)をまとひて禾塲(うちば)に下(くだ)り汝をその人にしらせずしてその食飮(くひのみ)を終(をふ)るを待て
  4. 而(しかし)て彼が臥(ふ)す時に汝その臥(ふ)す所を見とめおき入(いり)てその脚(あし)を掀開(まく)りて其處(そこ)に臥(ふ)せよ彼なんぢの爲(なす)べきことを汝につげんと
  5. ルツ姑(しうとめ)にいひけるは汝が我(われ)に言(いふ)ところは我(われ)皆(みな)なすべしと
  6.  すなはち禾塲(うちば)に下(くだ)り凡(すべ)てその姑(しうとめ)の命ぜしごとくなせり
  7. 偖(さて)ボアズは食飮(くひのみ)をなしてその心をたのしませ往(ゆき)て麥を積(つめ)る所の傍(かたはら)に臥(ふ)す是(こゝ)に於(おい)て彼潜(ひそか)にゆきその足を掀開(まくり)て其處(そこ)に臥(ふ)す
  8. 夜半(よなか)におよびて其人(そのひと)畏懼(おそれ)をおこし起(おき)かへりて見るに一人の婦(をんな)その足の方に臥(ふし)ゐたれば
  9. 汝は誰なるやといふに婦(をんな)こたへて我は汝の婢(しもめ)ルツなり汝の裾(すえ)をもて婢(しもめ)を覆(おほ)ひたまへ汝は贖業者(あがなひびと)なればなり
  10. ボアズいひけるは女子(むすめ)よねがはくはヱホバの恩典(めぐみ)なんぢにいたれ汝の後(のち)の誠實(まこと)は前(さき)のよりも勝(まさ)る其(そ)は汝貧(まづし)きと富(とめる)とを論(いは)ず少(わか)き人に從ふことをせざればなり
  11. されば女子(むすめ)よ懼(おそる)るなかれ汝が言ふところの事は皆われ汝のためになすべし其(そ)はわが邑(まち)の人皆なんぢの賢(かしこ)き女なるをしればなり
  12. 我はまことに贖業者(あがなひびと)なり と雖(いへど)も我よりも近き贖業者(あがなひびと)あり
  13. 今夜は此(こゝ)に住宿(とゞま)れ 朝(あした)におよびて彼もし汝のために贖(あがな)ふならば善(よ)し彼に贖(あがな)はしめよ然(され)ど彼もし汝のために贖(あがな)ふことを好まずばヱホバは活(い)く我汝のために贖(あがな)はん朝まで此(こゝ)に臥(ふ)せよと
  14.  ルツ朝までその足の方(かた)に臥(ふし)て誰彼の辨(わき)がたき頃に起(おき)あがるボアズ此(この)女の禾塲(うちば)に來(きた)りしことを人にしらしむべからずといへり
  15. 而(しか)していひけるは汝の著(き)る袿衣(うちき)を將(とり)きたりて其(それ)を開(ひろ)げよと即(すなは)ち開(ひろ)げければ大麥(おほむぎ)六升(ます)を量(はか)りて之(これ)に負(おは)せたり斯(かく)して彼邑(まち)にいたりぬ
  16. 爰(こゝ)にルツその姑(しうとめ)の許(もと)に至るに姑(しうとめ)いふ女子(むすめ)よ如何(いかゞ)ありしやと彼すなはち其人(そのひと)の己(おのれ)になしたる事をことごとく之(これ)につげて
  17. 而(しか)していひけるは彼(かれ)空手(むなしで)にて汝の姑(しうとめ)の許(もと)に往(ゆ)くなかれといひて此(この)六升(ます)の大麥を我にあたへたり
  18. 姑(しうとめ)いひけるは女子(むすめ)よ坐(ざ)して待ち事の如何(いか)になりゆくかを見よ彼人(かのひと)今日(けふ)その事を爲終(なしをへ)ずば安んぜざるべければなり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書:ルツ記 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書