目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8

Old Testament「Song of Songs」
旧約聖書:雅歌

第2章(CHAPTER 2)

  1. われはシャロンの野花(のばな) 谷の百合花(ゆり)なり
  2. 女子等(をうなごら)の中にわが[とも]のあるは荊棘(いばら)の中に百合花(ゆり)のあるがごとし
  3. わが愛する者の男子等(をのこら)の中にあるは林の樹の中に林檎(りんご)のあるがごとし 我ふかく喜びてその蔭(かげ)にすわれり その實(み)はわが口に甘(あま)かりき
  4. 彼われをたづさへて酒宴(さかもり)の室(いへ)にいれたまへり その我(わが)上にひるがへしたる旗(はた)は愛なりき
  5. 請(こ)ふ なんぢら乾葡萄(ほしぶだう)をもてわが力をおぎなへ 林檎(りんご)をもて我に力をつけよ 我は愛によりて疾(やみ)わづらふ
  6. かれが左の手はわが頭(かしら)の下にあり その右の手をもて我を抱(いだ)く
  7. ヱルサレムの女子等(をうなごら)よ我なんぢらに[しか]と野の鹿(しか)とをさし誓(ちか)ひて請(こ)ふ 愛のおのづから起(おこ)るときまでは殊更(ことさら)に喚起(よびおこ)し且(か)つ醒(さま)すなかれ
  8. わが愛する者の聲(こゑ)きこゆ 視(み)よ 山をとび 岡を躍(をど)りこえて來(きた)る
  9. わが愛する者は[しか]のごとくまた小鹿のごとし 視(み)よ彼われらの壁のうしろに立ち 窓より覗(のぞ)き 格子(かうし)より窺(うかゞ)ふ
  10. わが愛する者われに語りて言ふ わが[とも]よ わが美(うる)はしき者よ 起(たち)ていできたれ
  11. 視(み)よ 冬すでに過(す)ぎ 雨もやみて はやさりぬ
  12. もろもろの花は地にあらはれ 鳥のさへづる時すでに至り 班鳩(やまばと)の聲(こゑ)われらの地にきこゆ
  13. 無花果樹(いちじくのき)はその青き果(み)を赤らめ 葡萄(ぶだう)の樹は花さきてその馨(かぐ)はしき香氣(にほひ)をはなつ わが[とも]よ わが美(うるは)しき者よ 起(たち)て出(いで)きたれ
  14. 磐間(いはま)にをり 斷崖(がけ)の匿處(かくれどころ)にをるわが鴿(はと)よ われに汝(なんぢ)の面(かほ)を見させよ なんぢの聲(こゑ)をきかしめよ なんぢの聲(こゑ)は愛らしく なんぢの面(かほ)はうるはし
  15. われらのために狐(きつね)をとらへよ 彼(か)の葡萄園(ぶだうぞの)をそこなふ小狐(こぎつね)をとらへよ 我等の葡萄園(ぶだうぞの)は花盛(はなざかり)なればなり
  16. わが愛する者は我につき我はかれにつく 彼は百合花(ゆり)の中にてその群(むれ)を牧(か)ふ
  17. わが愛する者よ 日の涼(すゞ)しくなるまで 影の消(きゆ)るまで身をかへして出(いで)ゆき 荒(あら)き山々の上にありて[しか]のごとく 小鹿(こじか)のごとくせよ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):雅歌 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書