目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8

Old Testament「Song of Songs」
旧約聖書:雅歌

第4章(CHAPTER 4)

  1. あゝなんぢ美(うる)はしきかな わが[とも]よ あゝなんぢうるはしきかな なんぢの目は面(かほ)[おほひ]のうしろにありて鴿(はと)のごとし なんぢの髪(かみ)はギレアデ山の腰(こし)に臥(ふし)たる山羊(やぎ)の群(むれ)に似(に)たり
  2. なんぢの齒は毛を剪(きり)たる牝羊(めひつじ)の浴塲(あらひば)より出(いで)たるがごとし おのおの雙子(ふたご)をうみてひとつも子なきものはなし
  3. なんぢの唇(くちびる)は紅色(くれなゐ)の線維(いとすぢ)のごとく その口は美(うる)はし なんぢの頬(ほゝ)は面(かほ)[おほひ]のうしろにありて石榴(ざくろ)の半片(かたわれ)に似(に)たり
  4. なんぢの頸項(うなじ)は武器庫(ぶきぐら)にとて建(たて)たるダビデの戍樓(やぐら)のごとし その上には一千の盾(たて)を懸(かけ)つらぬ みな勇士(ますらを)の大楯(おほだて)なり
  5. なんぢの兩(もろ)乳房(ちぶさ)は[めじか]の雙子(ふたご)なる二箇(ふたつ)の小鹿(こじか)が百合花(ゆり)の中に草はみをるに似たり
  6. 日の涼しくなるまで 影の消(きゆ)るまでわれ沒藥(もつやく)の山また乳香(にうかう)の岡に行(ゆく)べし
  7. わが[とも]よ なんぢはことごとくうるはしくしてすこしのきずもなし
  8. 新婦(はなよめ)よ レバノンより我にともなへ レバノンより我とともに來(きた)れ アマナの巓(いたゞき)セニルまたヘルモンの巓(いたゞき)より望(のぞ)み 獅子(しし)の穴また豹(へう)の山より望め
  9. わが妹(いも)わが新婦(はなよめ)よ なんぢはわが心を奪(うば)へり なんぢは只(たゞ)一目(ひとめ)をもてまた頸玉(くびたま)の一(ひとつ)をもてわが心をうばへり
  10. わが妹(いも)わが新婦(はなよめ)よ なんぢの愛は樂しきかな なんぢの愛は酒よりも遙(はるか)にすぐれ なんぢの香膏(にほひあぶら)の馨(かをり)は一切(すべて)の香物(かうもの)よりもすぐれたり
  11. 新婦(はなよめ)よ なんぢの唇(くちびる)は蜜(みつ)を滴(したゝ)らす なんぢの舌の底には蜜(みつ)と乳(ちゝ)とあり なんぢの衣裳(ころも)の香氣(かをり)はレバノンの香氣(かをり)のごとし
  12. わが妹(いも)わがはなよめよ なんぢは閉(とぢ)たる園(その) 閉(とぢ)たる水源(みなもと) 封(ふう)じたる泉水(いづみ)のごとし
  13. なんぢの園(その)の中に生(おひ)いづる者は石榴(ざくろ)及びもろもろの佳果(よきみ)またコペル及びナルダの草
  14. ナルダ 番紅花(さふらん) 菖蒲(しやうぶ) 桂枝(けいし)さまざまの乳香(にうかう)の木および沒藥(もつやく) 蘆薈(ろくわい)一切(すべて)の貴(たふ)とき香物(かうもつ)なり
  15. なんぢは園の泉水(いづみ) 活(いけ)る水の井(ゐ) レバノンよりいづる流水(ながれ)なり
  16. 北風よ起(おこ)れ 南風よ來(きた)れ 我園(わがその)を吹(ふき)てその香氣(かをり)を揚(あげ) よ ねがはくはわが愛する者のおのが園(その)にいりきたりてその佳(よ)き果(み)を食(くら)はんことを

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):雅歌 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書