目次 前へ  1 2 3 4 5 6 7 8

Old Testament「Song of Songs」
旧約聖書:雅歌

第8章(CHAPTER 8)

  1. ねがはくは汝(なんぢ)わが母の乳をのみしわが兄弟のごとくならんことを われ戸外(そと)にてなんぢに遇(あ)ふとき接吻(くちつけ)せん 然(しか)するとも誰ありてわれをいやしむるものあらじ
  2. われ汝(なんぢ)をひきてわが母の家にいたり 汝より教晦(をしへ)をうけん 我かぐはしき酒(さけ)石榴(ざくろ)のあまき汁(しる)をなんぢに飮(のま)しめん
  3. かれが左の手はわが頭(かしら)の下にあり その右の手をもて我を抱(いだ)く
  4. ヱルサレムの女子等(をうなごら)よ 我なんぢ等に誓(ちか)ひて請(こ)ふ 愛のおのづから起(おき)る時まで殊更(ことさら)に喚起(よびおこ)し且(か)つ醒(さま)すなかれ
  5. おのれの愛する者に倚(より)かゝりて荒野(あれの)より上(のぼ)りきたる者は誰ぞや 林檎(りんご)の樹の下にてわれなんぢを喚(よび)さませり なんぢの母かしこにて汝(なんぢ)のために劬勞(くるしみ)をなし なんぢを産(うみ)し者かしこにて劬勞(くるしみ)をなしぬ
  6. われを汝(なんぢ)の心におきて印(おしで)のごとくし なんぢの腕(うで)におきて印(おしで)のごとくせよ 其(そ)は愛は強くして死のごとく 嫉妬(ねたみ)は堅(かた)くして陰府(よみ)にひとし その焔(ほのほ)は火のほのほのごとし いともはげしき焔(ほのほ)なり
  7. 愛は大水も消(けす)ことあたはず 洪水も溺(おぼ)らすことあたはず 人その家の一切(すべて)の物をことごとく與(あた)へて愛に換(かへ)んとするとも尚(なほ)いやしめらるべし
  8. われら小さき妹子(いもうと)あり 未(いま)だ乳房(ちぶさ)あらず われらの妹子(いもうと)の問聘(いひこみ)をうくる日には之(これ)に何をなしてあたへんや
  9. かれもし石垣ならんには我ら白銀(しろかね)の城をその上にたてん 彼もし戸ならんには香柏(かうはく)の板をもてこれを圍(かこ)まん
  10. われは石垣(いしがき)わが乳房(ちぶさ)は戍樓(やぐら)のごとし 是(こゝ)をもてわれは情(なさけ)をかうむれる者のごとく彼の目の前にありき
  11. バアル ハモンにソロモン葡萄園(ぶだうぞの)をもてり これをその守る者等にあづけおき 彼等をしておのおの銀一千をその果(み)のために納(をさ)めしむ
  12. われ自(みづか)らの有(もの)なる葡萄園(ぶだうぞの)われの手にあり ソロモンなんぢは一千を獲(え)よ その果(み)をまもる者も二百を獲(う)べし
  13. なんぢ園(その)の中に住む者よ 伴侶(とも)等なんぢの聲(こゑ)に耳をかたむく 請(こ)ふ我にこれを聽(きか)しめよ
  14. わが愛する者よ 請(こ)ふ急ぎはしれ 香(かぐ)はしき山々の上にありて[しか]のごとく 小鹿(こじか)のごとくあれ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):雅歌 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書