目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

Old Testament「Books of Chronicles(1)」
旧約聖書:歴代志略上

第6章(CHAPTER 6)

  1. レビの子等(こら)はゲルシヨン、コハテ、メラリ
  2. コハテの子等はアムラム、イヅハル、ヘブロン、ウジエル
  3. アムラムの子等はアロン、モーセ、ミリアム、アロンの子等はナダブ、アビウ、エレアザル、イタマル
  4. エレアザル、ピネハスを生み ピネハス、アビシユアを生み
  5. アビシユア、ブツキを生み ブツキ、ウジを生み
  6. ウジ、ゼラヒヤを生み ゼラヒヤ、メラヨテを生み
  7. メラヨテ、アマリヤを生み アマリヤ、アヒトブを生み
  8. アヒトブ、ザドクを生み ザドク、アヒマアズを生み
  9. アヒマアズ、アザリヤを生み アザリヤ、ヨハナンを生み
  10. ヨハナン、アザリヤを生(うめ)り此(この)アザリヤはヱルサレムなるソロモンの建(たて)たる宮にて祭司の職(つとめ)をなせし者なり
  11. アザリヤ、アマリヤを生み アマリヤ、アヒトブを生み
  12. アヒトブ、ザドクを生み ザドク、シヤルムを生み
  13. シヤルム、ヒルキヤを生み ヒルキヤ、アザリヤを生み
  14. アザリヤ、セラヤを生み セラヤ、ヨザダクを生む
  15. ヨザダクはヱホバ、ネブカデネザルの手をもてユダおよびヱルサレムの人を虜(とら)へうつしたまひし時に虜(とら)へられて往(ゆけ)り
  16.  レビの子等はゲルシヨン、コハテおよびメラリ
  17. ゲルシヨンの子等の名は左のごとしリブニおよびシメイ
  18. コハテの子等はアムラム、イヅハル、ヘブロン、ウジエル
  19. メラリの子等はマヘリおよびムシ、レビ人(びと)の宗族(やから)はその宗家(そうけ)によれば是(かく)のごとし
  20. ゲルシヨンの子はリブニ その子はヤハテ その子はジンマ
  21. その子はヨア その子はイド その子はゼラ その子はヤテライ
  22. コハテの子はアミナダブ その子はコラ その子はアシル
  23. その子はエルカナ その子はエビアサフ その子はアシル
  24. その子はタハテ その子はウリエル その子はウジヤ その子はシヤウル
  25. エルカナの子等はアマサイおよびアヒモテ
  26. エルカナについてはエルカナの子はゾパイ その子はナハテ
  27. その子はエリアブ その子はヱロハム その子はエルカナ
  28. サムエルの子等は長子(うひご)はヨエル 次はアビヤ
  29. メラリの子はマヘリ その子はリブニ その子はシメイ その子はウザ
  30. その子はシメア その子はハギヤ その子はアサヤなり
  31.  契約(けいやく)の櫃(はこ)を安置(あんち)せし後ダビデ左の人々を立(たて)てヱホバの家にて謳歌(うたうたふ)事を司(つかさ)どらせたり
  32. 彼等は集會の幕屋(まくや)の住所の前にて謳歌事(うたうたふこと)をおこなひ來(きた)りしがソロモン、ヱルサレムにヱホバの室(いへ)を建(たつ)るにおよびその次序(ついで)に循(したが)ひてその職をつとめたり
  33. 立(たち)て奉事(つとめ)をなせるものおよびその子等は左のごとしコハテの子等の中(うち)ヘマンは謳歌師(うたうたひの)長(をさ)たり ヘマンはヨエルの子 ヨエルはサムエルの子
  34. サムエルはエルカナの子 エルカナはヱロハムの子 ヱロハムはエリエルの子 エリエルはトアの子
  35. トアはヅフの子 ヅフはエルカナの子 エルカナはマハテの子 マハテはアマサイの子
  36. アマサイはヱルカナの子 エルカナはヨエルの子 ヨエルはアザリヤの子 アザリヤはゼパニヤの子
  37. ゼパニヤはタハテの子 タハテはアシルの子 アシルはエビアサフの子 エビアサフはコラの子
  38. コラはイヅハルの子 イヅハルはコハテの子 コハテはレビの子 レビはイスラエルの子なり
  39. ヘマンの兄弟アサフ、ヘマンの右に立(たて)り アサフはベレキヤの子 ベレキヤはシメアの子
  40. シメアはミカエルの子 ミカエルはバアセヤの子 バアセヤはマルキヤの子
  41. マルキヤはエテニの子 エテニはゼラの子 ゼラはアダヤの子
  42. アダヤはエタンの子 エタンはジンマの子 ジンマはシメイの子
  43. シメイはヤハテの子 ヤハテはゲルシヨンの子 ゲルシヨンはレビの子なり
  44. また彼らの兄弟なるメラリ人(びと)等その左に立(たて)り 其中(そのうち)のエタンはキシの子なり キシはアブデの子 アブデはマルクの子
  45. マルクはハシヤビヤの子 ハシヤビヤはアマジヤの子 アマジヤはヒルキヤの子
  46. ヒルキヤはアムジの子 アムジはバニの子 バニはセメルの子
  47. セメルはマヘリの子 マヘリはムシの子 ムシはメラリの子 メラリはレビの子なり
  48. 彼らの兄弟なるレビ人(びと)等は神の室(いへ)の幕屋(まくや)の諸(もろもろ)の職(つとめ)に任ぜられたり
  49.  アロンおよびその子等は燔祭(はんさい)の壇(だん)と香壇(かうだん)の上に物を献(さゝ)ぐることを司(つかさ)どりまた至聖所(いときよきところ)の諸(もろもろ)の工(わざ)をなし且(かつ)イスラエルのために贖(あがなひ)をなすことを司(つかさ)どれり凡(すべ)て神の僕(しもべ)モーセの命じたるごとし
  50. アロンの子孫は左のごとし アロンの子はエレアザル その子はピネハス その子はアビシユア
  51. その子はブツキ その子はウジ その子はゼラヒヤ
  52. その子はメラヨテ その子はアマリヤ その子はアヒトブ
  53. その子はザドク その子はアヒマアズ
  54.  アロンの子孫の住處(すみどころ)は四方(よも)の境(さかひ)の内にありその閭里(さと)に循(したが)ひていはゞ左の如(ごと)し先(まづ)コハテ人(びと)の宗族(やから)が籤(くぢ)によりて得(え)たるところは是(これ)なり
  55. すなはちユダの地の中(うち)よりはヘブロンとその周圍(まはり)の郊地を得(え)たり
  56. 但(たゞ)しその邑(まち)の田野(たはた)と村々はヱフンネの子カレブに歸(き)せり
  57. すなはちアロンの子孫の得(え)たる邑(まち)は逃遁邑(のがれのまち)なるヘブロン、リブナとその郊地 ヤツテルおよびエシテモアとそれらの郊地
  58. ホロンとその郊地 デビルとその郊地
  59. アシヤンとその郊地 ベテシメシとその郊地なり
  60. またベニヤミンの支派(わかれ)の中(うち)よりはゲバとその郊地 アレメテとその郊地 アナトテとその郊地を得(え)たり彼らの邑(まち)はその宗族(やから)の中(うち)に都合(あはせて)十三ありき
  61.  またコハテの子孫の支派(わかれ)の中(うち)此他(このほか)なる者はかの半(なかばの)支派(わかれ)の中(うち)即(すなは)ちマナセの半(なかばの)支派(わかれ)の中(うち)より籤(くじ)によりて十の邑(まち)を得たり
  62. またゲルシヨンの子孫の宗族(やから)はイツサカルの支派(わかれ)アセルの支派(わかれ)ナフタリの支派(わかれ)及びバシヤンなるマナセの支派(わかれ)の中(うち)より十三の邑(まち)を得たり
  63. またメラリの子孫の宗族(やから)はルベンの支派(わかれ)ガドの支派(わかれ)およびゼブルンの支派(わかれ)の中(うち)より籤(くじ)によりて十二の邑(まち)を得たり
  64. イスラエルの子孫は邑(まち)とその郊地とをレビ人(びと)に與(あた)へたり
  65. 即(すなは)ちユダの子孫の支派(わかれ)とシメオンの子孫の支派(わかれ)とベニヤミンの子孫の支派(わかれ)の中(うち)よりして此(こゝ)に名を擧(あげ)たる是等(これら)の邑(まち)を籤(くじ)によりて之(これ)に與(あた)へたり
  66.  コハテの子孫の宗族(やから)はまたエフライムの支派(わかれ)の中(うち)よりも邑(まち)を得(え)てその領地となせり
  67. 即(すなは)ちその得(え)たる逃遁邑(のがれのまち)はエフライム山のシケムとその郊地およびゲゼルとその郊地
  68. ヨクメアムとその郊地 ベテホロンとその郊地
  69. アヤロンとその郊地 ガテリンモンとその郊地なり
  70. またマナセの半(なかばの)支派(わかれ)の中(うち)よりはアネルとその郊地 ビレアムとその郊地 是(これ)みなコハテの子孫の遺(のこ)れる宗族(やから)に歸(き)せり
  71.  ゲルシヨンの子孫に歸(き)せし者はマナセの半(なかばの)支派(わかれ)の宗族(やから)の中(うち)よりはバシヤンのゴランとその郊地 アシタロテとその郊地
  72. イツサカルの支派(わかれ)の中(うち)よりはゲデシとその郊地 ダベラテとその郊地
  73. ラモテとその郊地 アネムとその郊地
  74. アセルの支派(わかれ)の中(うち)よりはミシアルとその郊地 アブドンとその郊地
  75. ホコクとその郊地 レホブとその郊地
  76. ナフタリの支派(わかれ)の中(うち)よりはガリラヤのゲデシとその郊地 ハンモンとその郊地 キリアタイムとその郊地
  77.  比外(このほか)の者すなはちメラリの子孫に歸(き)せし者はゼブルンの支派(わかれ)の中(うち)よりはリンモンとその郊地 タボルとその郊地
  78. ヱリコに對(たい)するヨルダンの彼旁(かなた)すなはちヨルダンの東においてルベンの支派(わかれ)の中(うち)よりは曠野(あれの)のベゼルとその郊地 ヤザとその郊地
  79. ケデモテとその郊地 メパアテとその郊地
  80. ガドの支派(わかれ)の中(うち)よりはギレアデのラモテとその郊地 マハナイムとその郊地
  81. ヘシボンとその郊地 ヤゼルとその郊地

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):歴代志略上 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章
16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書