目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

Old Testament「Books of Chronicles(1)」
旧約聖書:歴代志略上

第21章(CHAPTER 21)

  1. 茲(こゝ)にサタン起(おこ)りてイスラエルに敵しダビデを感動(かんどう)してイスラエルを核數(かぞへ)しめんとせり
  2. ダビデすなはちヨアブと民の牧伯(つかさ)等に言(いひ)けるは汝等ゆきてベエルシバよりダンまでのイスラエル人(びと)を數(かぞ)へその數(かず)をとりきたりて我に知(しら)せよ
  3. ヨアブ答へけるは幾何(いくばく)あるとも願(ねがは)くはヱホバその民を百倍に増(まし)たまへ然(さり)ながら王わが主(しゅ)よ是(これ)はみな我主(わがしゅ)の僕(しもべ)ならずや然(しかる)に何とて我主(わがしゅ)この事を爲(なさ)んと要(もとめ)たまふや何ぞイスラエルをして之(これ)によりて罪を獲(え)せしむべけんやと
  4. されど王つひにヨアブに言勝(いひかち)たればヨアブすなはち出(いで)ゆきイスラエルを遍(あまね)く行(ゆき)めぐりてヱルサレムに還(かへ)れり
  5. 而(しか)してヨアブ民の總數(そうすう)をダビデに告(つげ)たり即(すなは)ちイスラエルの中(うち)には劍(つるぎ)を帶(おぶ)る者一百十萬人ありユダの中(うち)には劍を帶(おぶ)る者四十七萬人ありき
  6. 但(たゞ)しレビとベニヤミンとはその中に數(かぞ)へざりき其(そ)はヨアブ王の言(ことば)を惡(にく)みたればなり
  7. この事神の目に惡(あし)かりければイスラエルを撃(うち)なやましたまへり
  8. ダビデ是(こゝ)において神に申しけるは我この事をなして大(おほい)に罪を獲(え)たり然(しかれ)ども今ねがはくは僕(しもべ)の罪を除(のぞ)きたまへ我はなはだ愚(おろか)なる事をなせりと
  9.  時にヱホバ、ダビデの先見者(せんけんしゃ)ガデに告(つげ)て言(いひ)たまひけるは
  10. 往(ゆき)てダビデに告(つげ)て言へヱホバかく言ふ我なんぢに三(みつ)のものを示す汝その一(ひとつ)を撰(えら)べ我それを汝に爲(なさ)んと
  11. ガデすなはちダビデの許(もと)に至り之(これ)に言(いひ)けるはヱホバかく言(いひ)たまふ汝(なんぢ)擇(えら)べよ
  12. 即(すなは)ち三年の饑饉(きゝん)か又は汝(なんぢ)三月(みつき)の間汝の敵の前に敗(やぶ)れて汝の仇(あだ)の劍に追(おひ)しかれんか又は三日の間ヱホバの劍(つるぎ)すなはち疫病(えきびゃう)この國にありてヱホバの使者(つかひ)イスラエルの四方(よも)の境(さかひ)の中(うち)にて撃滅(うちほろ)ぼすことをせんか我(わ)が如何(いか)なる答を我を遣(つかは)せし者に爲(なす)べきかを汝(なんぢ)決(さだ)めよ
  13. ダビデ、ガデに言(いひ)けるは我おほいに苦(くるし)む請(こ)ふ我はヱホバの手に陷(おちい)らん其(その)憐憫(あはれみ)甚(はなは)だおほいなればなり人の手には陷(おちい)らじと
  14. 是(こゝ)においてヱホバ、イスラエルに疫病(えきびゃう)を降(くだ)したまひければイスラエルの人七萬人斃(たふ)れたり
  15. 神また使者(つかひ)をヱルサレムに遣(つかは)してこれを滅(ほろ)ぼさんとしたまひしが其(その)これを滅ぼすにあたりてヱホバ視(み)てこの禍害(わざはひ)をなせしを悔(く)い其(その)ほろぼす使者(つかひ)に言(いひ)たまひけるは足(たれ)り今なんぢの手を住(とゞ)めよと時にヱホバの使者(つかひ)はヱブス人(びと)オルナンの打場(うちば)の傍(かたはら)に立(たち)をる
  16. ダビデ目をあげて視(み)るにヱホバの使者(つかひ)地と天の間(あひだ)に立(たち)て抜身(ぬきみ)の劍(つるぎ)を手にとりてヱルサレムの方にこれを伸(のべ)をりければダビデと長老等(としよりたち)麻布(あさぬの)を衣(き)て俯伏(ひれふせ)り
  17. 而(しか)してダビデ神に申しけるは民を數(かぞ)へよと命ぜし者は我ならずや罪を犯(をか)し惡(あし)き事をなしたる者は我なり然(しか)れども是等(これら)の羊(ひつじ)は何をなせしや我神(わがかみ)ヱホバよ請(こ)ふ汝の手を我とわが父の家に加へたまへ惟(たゞ)汝の民に加へて之(これ)を疚(やまし)めたまふ勿(なか)れと
  18.  時にヱホバの使者(つかひ)ガデに命じ汝ダビデに告(つげ)てダビデをして上(のぼ)りゆきてヱブス人(びと)オルナンの打場(うちば)にてヱホバのために一箇(ひとつ)の壇(だん)を築(きづか)しめよと言(いへ)り
  19. 是(こゝ)においてダビデはガデがヱホバの名をもて告(つげ)たる言(ことば)にしたがひて上(のぼ)りゆけり
  20. オルナンは麥(むぎ)を打(うち)ゐけるが回顧(ふりかへり)て天の使(つかひ)の居(を)るを視(み)その四人の子等とともに匿(かく)れたり
  21. やがてダビデはオルナンの方に來(きた)りけるがオルナン望(のぞみ)てダビデを見(み)すなはち打場(うちば)より出(いで)ゆきて面(かほ)を地につけてダビデを拝(はい)せり
  22. ダビデ、オルナンに言(いひ)けるは此(この)打場の處(ところ)を我に與(あた)へよ我そこにてヱホバに一箇(ひとつ)の壇(だん)を築かん汝その十分の値(あたひ)をとりて之(これ)を我にあたへ災害(わざはひ)の民におよぶことを止(とゞ)めしめよ
  23. オルナン、ダビデに言(いひ)けるは請(こ)ふ之(これ)を取り王わが主の目に善(よし)と觀(み)るところを爲(なし)たまへ我なんぢに献(さゝ)げて牛を燔祭(はんさい)の料(もの)とし打禾車(うちぐるま)を柴薪(たきゞ)とし麥(むぎ)を素祭(そさい)とせん我みなこれを奉呈(たてまつ)ると
  24. ダビデ王オルナンに言(いひ)けるは然(しか)るべからず我かならず十分の値(あたひ)をはらひて之(これ)を買(かは)ん我は汝の物を取(とり)てヱホバに奉(たて)まつらじ又費(ついえ)なしに燔祭(はんさい)を献(さゝ)ぐることをせじと
  25. ダビデすなはち其處(そのところ)のために金(きん)六百シケルを衡(はか)りてオルナンに與(あた)へたり
  26. 而(しか)してダビデ其處(そこ)にてヱホバに一箇(ひとつ)の祭壇(さいだん)を築き燔祭(はんさい)と酬恩祭(しうおんさい)を献(さゝ)げてヱホバを[よび]けるに天より燔祭(はんさい)の壇(だん)の上に火を降(くだ)して之(これ)に應(こた)へたまへり
  27. ヱホバすなはちその使者(つかひ)に命じたまひければ彼その劍(つるぎ)を鞘(さや)に蔵(をさ)めたり
  28.  その時ダビデはヱホバがヱブス人(びと)オルナンの打場(うちば)において己(おのれ)に應(こた)へたまふを見たれば其處(そこ)にて犠牲(いけにへ)を献(さゝ)ぐることを爲(なせ)り
  29. モーセが荒野(あらの)にて造りたるヱホバの幕屋(まくや)と燔祭(はんさい)の壇(だん)とは當時(そのころ)ギベオンの崇邱(たかきところ)にありけるが
  30. ダビデはその前に進みゆきて神に求むることを得(え)せざりき是(こ)は彼ヱホバの使者(つかひ)の劍(つるぎ)のために懼(おそ)れたるに因(より)てなり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):歴代志略上 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章
16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICALJAPANESE) 文語聖書