目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

Old Testament「Books of Chronicles(1)」
旧約聖書:歴代志略上

第26章(CHAPTER 26)

  1. 門を守る者の班列(くみ)は左のごとしコラ人(びと)の中(うち)にてはアサフの子コレの子なるメシレミヤ
  2. メシレミヤの子等(こら)は長子(うひご)はゼカリヤその次はヱデアエルその三はゼバデヤその四はヤテニエル
  3. その五はエラムその六はヨハナンその七はエリヨエナイ
  4. またオベデエドムの子等(こら)は長子(うひご)はシマヤその次はヨザバデその三はヨアその四はサカルその五はネタネル
  5. その六はアシミエルその七はイツサカルその八はピウレタイ是(こ)は神かれを祝福(めぐみ)たまひしなり
  6. また彼の子シマヤにも數人の子生(うま)れたりしがその子等は大勇士(だいゆうし)にしてその父の家の主(しゆ)たる者なりき
  7. すなはちシマヤの子等はオテニ、レパエル、オベデ、エルザバデ、エルザバデの兄弟エリウとセマキヤは力ある人なりき
  8. 是(これ)みなオベデエドムの孫子(まごこ)なり彼らとその子等および其(その)兄弟等は合(あは)せて六十二人皆力ある者にしてその職に堪(た)ふ是(これ)みなオベデエドムに屬(ぞく)する者なり
  9. メシレミヤも子等と兄弟等合せて十八人あり皆力ある者なりき
  10. メラリの子孫ホサもまた子等ありき其(その)長(かしら)はシムリ是(これ)は長子(うひご)ならざりしかどもその父これを長(かしら)となせしなり
  11. その次はヒルキヤその三はデバリヤその四はゼカリヤ、ホサの子等と兄弟等は合せて十三人
  12.  門を守るところの班列(くみ)此(この)長(かしら)等の中(うち)より出(い)でみなその兄弟と等(ひとし)く勤務(つとめ)をなしてヱホバの家に仕(つか)ふ
  13. 彼ら門々を分つために小も大もともにその宗家(そうけ)に循(したが)ひて籤(くじ)を掣(ひき)たりしが
  14. 東の方の籤(くじ)はシレミヤに當(あた)れり又その子ゼカリヤのために籤(くじ)を掣(ひき)けるに北の方の籤(くじ)これに當(あた)れりゼカリヤは智慧(ちゑ)ある議士(ぎし)なりき
  15. オベデエドムは南の方の籤(くじ)に當(あた)りその子等は倉(くら)の籤(くじ)に當(あた)れり
  16. シユパムおよびホサは西の方の籤(くじ)にあたり坂の大路にあるシヤレケテの門の傍(かたはら)に居(をれ)り守者(まもるもの)はみな相對(あひむか)ふ
  17. 東の方にはレビ人(びと)六人 北の方には日々に四人 南の方にも日々に四人 倉(くら)のかたはらには二人に二人
  18. 西の方パルバルにおいては大路に四人パルバルに二人
  19. 門を守る者の班列(くみ)は是(かく)のごとし皆コラの子孫とメラリの子孫なり
  20.  また神の府庫(くら)および聖物(きよきもの)の府庫(くら)を司(つかさ)どれる彼らの兄弟なるレビ人(びと)は左のごとし
  21. ラダンの子孫すなはちラダンより出(いで)たるゲルシヨン人(びと)にしてゲルシヨン人(びと)ラダンの宗家(そうけ)の長たる者の中(うち)にてはヱヒエリ
  22. およびヱヒエリの子等ならびにその兄弟ゼタムとヨエル 是(これ)らはヱホバの家の府庫(くら)を司(つかさ)どれり
  23. アムラミ人(びと)イヅハリ人(びと)ヘブロン人(びと)ウジエリ人(びと)の中(うち)においては左のごとし
  24. モーセの子ゲルシヨムの子なるシブエルは府庫(くら)の宰(つかさ)たり
  25. その兄弟にしてエリエゼルより出(いで)たる者は即(すなは)ちエリエゼルの子レハビヤ その子ヱサヤ その子ヨラム その子ジクリ その子シロミテ
  26. 此(この)シロミテとその兄弟等はすべての聖物(きよきもの)の府庫(くら)を掌(つかさ)どれりその聖物(きよきもの)はすなはちダビデ王 宗家(そうけ)の長千人の長(かしら)百人の長(かしら)軍旅の長(かしら)等などが奉納(をさめ)たる者なり
  27. 即(すなは)ち戰爭(いくさ)において獲(え)たる物および掠取物(ぶんどりもの)を奉納(をさめ)てヱホバの家の修繕(つくろい)に供(そな)へたるなり
  28. 凡(すべ)て先見者(せんけんしゃ)サムエル、キシの子サウル、ネルの子アブネル、ゼルヤの子ヨアブ等が奉献(をさめ)たる物および其(その)他の奉納物(をさめもの)は皆シロミテとその兄弟等の手の下にありき
  29.  イヅハリ人(びと)の中(うち)にてはケナニヤとその子等イスラエルの外事(ぐわいじ)を理(をさ)め有司(つかさ)となり裁判人(さばきびと)となれり
  30. ヘブロン人(びと)の中(うち)にてはハシヤビアおよびその兄弟などの勇士一千七百人ありてヨルダンの此旁(こなた)すなはち西の方にてイスラエルの監督者(かんとくしゃ)となりヱホバの一切(すべて)の事を行(おこな)ひ王の用を爲(なせ)り
  31. ヘブロン人(びと)の中(うち)にてはその系譜(けいふ)と宗家(そうけ)とに依(よれ)ばヱリヤといふ者ヘブロン人(びと)の長(かしら)なりダビデの治世(ぢせい)の四十年に彼らを尋(たづ)ね求めギレアデのヤゼルにおいて彼らの中(うち)より大勇士(だいゆうし)を得(え)たり
  32. ヱリヤの兄弟たる勇士は二千七百人にして皆(みな)宗家(そうけ)の長たりダビデ王かれらをしてルベン人(びと)ガド人(びと)およびマナセの半支派(なかばのわかれ)を監督せしめ神につける事と王につける事とを宰(つかさ)どらせたり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):歴代志略上 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章
16章 17章 18章 19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICALJAPANESE) 文語聖書