目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

Old Testament「Books of Chronicles(2)」
旧約聖書:歴代志略下

第5章(CHAPTER 5)

  1. 斯(かく)ソロモンがヱホバの家のために爲(なせ)る一切(すべて)の工事をはれり是(こゝ)においてソロモンその父ダビデが奉納(をさめ)たる物なる金銀および諸(もろもろ)の器皿(うつはもの)を携(たづさ)へいりて神の家の府庫(くら)の中に置(おけ)り
  2.  茲(こゝ)にソロモン、ヱホバの契約(けいやく)の櫃(はこ)をダビデの邑(まち)シオンより舁(かき)のぼらんとてイスラエルの長老者(としよりたち)と諸(すべて)の支派(わかれ)の長等(かしらたち)イスラエルの子孫(ひとびと)の宗家(そうけ)の長(をさ)をヱルサレムに召集めければ
  3. イスラエルの人みな七月の節筵(いはひ)に當(あた)りて王の所に集まり
  4. イスラエルの長老(としより)等みな至りレビ人(びと)契約(けいやく)の櫃(はこ)を執(とり)あげ
  5. その契約の櫃(はこ)と集會の幕屋(まくや)と幕屋にありし諸(もろもろ)の聖器(きよきうつは)を舁(かき)のぼれり即(すなは)ち祭司レビ人(びと)これを舁(かき)のぼりぬ
  6. 時にソロモン王および彼の許(もと)に集まれるイスラエルの會衆(くわいしう)契約の櫃(はこ)の前にありて羊(ひつじ)と牛を献(さゝ)げたりしがその數多くして書(しる)すことも數(かぞ)ふることも能(あた)はざりき
  7. かくて祭司等ヱホバの契約の櫃(はこ)をその處(ところ)に舁(かき)いれたり即(すなは)ち室(いへ)の神殿なる至聖所(いときよきところ)の中(うち)のケルビムの翼(つばさ)の下に舁(かき)いりぬ
  8. ケルビムは翼(つばさ)を契約の櫃(はこ)の所の上に舒(の)べケルビム上より契約の櫃(はこ)とその杠(さを)を掩(おほ)ふ
  9. 杠(さを)長かりければ杠(さを)の末(はし)は神殿の前の契約の櫃(はこ)より見えたり然(しか)れども外には見えざりき其(それ)は今日まで彼處(かしこ)にあり
  10. 契約(けいやく)の櫃(はこ)の内には二枚(ふたひら)の板の外(ほか)何もあらず是(これ)はイスラエルの子孫(ひとびと)のエジプトより出(いで)たる時ヱホバが彼らと契約を結びたまへる時にモーセがホレブにて蔵(をさ)めたる者なり
  11.  斯(かく)て祭司等は聖所(せいじょ)より出(いで)たり此(こゝ)にありし祭司はみな身を潔(きよ)めその班列(くみ)によらずして職務(つとめ)をなせり
  12. またレビ人(びと)の謳歌者(うたうたふもの)すなはちアサフ、ヘマン、ヱドトン及び彼らの子等(こども)と兄弟等はみな細布(ほそぬの)を纒(まと)ひ[ねうはち]と瑟(しつ)と琴(こと)とを操(とり)て壇(だん)の東に立(たて)りまた祭司百二十人彼らとともにありて喇叭(らつぱ)を吹(ふけ)り
  13. 喇叭(らつぱ)を吹く者と謳歌者(うたうたふもの)とは一人のごとくに聲(こゑ)を斉(ひとし)うしてヱホバを讃(ほめ)かつ頌(たゝ)へたりしが彼ら喇叭(らつぱ)[ねうはち]等の樂器をもちて聲(こゑ)をふりたて善(よい)かなヱホバその矜憫(あはれみ)は世々限(かぎり)なしと言(いひ)てヱホバを讃(ほめ)ける時に雲その室(いへ)すなはちヱホバの室(いへ)に充(みて)り
  14. 祭司は雲(くも)の故(ゆゑ)をもて立(たち)て奉事(つとめ)をなすことを得(え)ざりきヱホバの榮光(えいくわう)神の室(いへ)に充(みち)たればなり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):歴代志略下 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章 13章 14章 15章 16章 17章 18章
19章 20章 21章 22章 23章 24章 25章 26章 27章 28章 29章 30章 31章 32章 33章 34章 35章 36章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書